縮毛矯正

二か月に一度の縮毛矯正

★二か月に一度の縮毛矯正

縮髪矯正仕上り

縮髪矯正の仕上がりです。

こちらのお客様はもう十年以上二か月に一度の周期で縮毛矯正にご来店頂いています。

見た目だけなら完全に三か月は持つのですが。

司美容院での縮毛矯正時に行なっているトリートメント処理での毛質改善効果は、厳密に言うと約二か月経つと劣化が始まります。

でも劣化が始まるとは言っても、毛質改善効果で良い髪質に改善した最善の状態が若干落ちて来るという事であって。

髪のプロの美容師でさえその手触り感の劣化は非常に微妙で感じ取れる指先の敏感な人は少ないのですが。

人間の五感というものは有る領域より高みに入ると、努力とか経験では補えず、持って生れた資質・才能・感覚という感性が越えられない差となって壁を作ります。

時に100人に1人とか、1.000人に1人の感性の飛び抜けて優れている人が存在しますが。

こちらのお客様の「髪を手で触れた時の感覚」は常人をかけ離れた繊細さと鮮明さで感じ取る事が出来て。

本来ならほとんどの人が感じられない毛質改善効果の落ち始めを感知してしまい。

その手触り感の変化を感じると、また縮毛仕立ての艶やかでしなやかでツルツルさらさらな最高の状態に戻したくなってしまって。

二か月を超えるとどうしてもまた縮髪矯正をして最高に気持ちの良い手触りに戻したくなってしまって。

司美容院で生まれて初めて縮髪矯正をしたその時から今までずっと二カ月に一度の周期で縮毛矯正にご来店を頂いています。

実はこちらのお客様は、最初にご来店頂いた時の髪の状態は、ご自身で金髪にホームカラーで染めていて&カットもご自身でセルフカットをされていてサイドの髪は耳たぶよりも短い状態でした(^^ゞ

カットはグチャグチャだし、毛質はホームカラーでの金髪ですからバッサバサのギッシギシで枝毛と切れ毛だらけでした。

そんな最悪な髪の状態でご来店頂いて。

こちらのお客様から「司さんのブログの縮毛矯正のお客さんは本当に髪が素晴らしく綺麗だけど」

「こんな私の髪でもあんなに素敵に綺麗な髪に成れますか?」とご相談を頂いたのが切っ掛けで。

私から「もし宜しかったら一年間騙されたと思って通って司美容院が薦める髪のお手入れと縮髪矯正を試してみて下さい」とご提案させて頂き。

その私の言葉を信じてお勧めするヘアケア品をお買い求め頂き髪のお手入れを始めて、縮髪矯正とカットとカラーを任せて頂きました。

その結果として一月ずつ過ぎる度に見る見る間に髪質が改善して行き、ご満足とご信頼を頂けその後ずっとご愛顧を頂けています。

その最初にご来店頂けた時の最悪な髪質と、改善した髪質の差が余りに凄かったので、その毛質改善の効果を体験したらその素晴らしさ嬉しさ喜びの虜に成ってしまい。

縮毛から二カ月後の僅かな手触り感の衰えがとっても残念に感じてしまい、それが理由でずっと二カ月に一度の周期で縮毛矯正を続けて頂いています。

そんな贅沢な仕事をさせて頂けるほどにお客様からご信頼とご満足を頂いているという証です。

美容師として、技術者として、こんなに幸せな事は有りません。

美容師は私の天職です♪p(^o^)q


遠路東京より縮毛矯正にご来店

★遠路東京より縮毛矯正にご来店

縮毛矯正仕上り

縮髪矯正の仕上がりです。

こちらのお客様は遠路東京のご自宅から片道3時間かけてご来店頂いております。

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています。

なので次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います。

何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q


幅5mmの縮れ毛の縮毛矯正

★縮毛矯正のお客様

縮毛矯正仕上り

今日の仕上り。

縮髪矯正は施術におおよそ4時間かかります。

技術者として、、、

その4時間を楽しいと思えるか苦しいと思うか。

それは夢中に成れるかどうかで変わって来ます。

どんなに苦しい事でも、夢中に過ごせたら辛いとは感じません。

こうしたらどうなるのかな?

ああしたらどうなんだろう?

前回は今回は次回はと考え推測し工夫する時間がこの上も無く楽しい時間として過ぎて行く。

苦労を苦しみとして辛く感じたら、とっても悲しい4時間。

私は15才の時から通信の美容学校に通っていましたので美容業界に入ってから45年が過ぎましたが。

45年間を毎日楽しいく過ごして来ました。

ありがたい事だと思います。

私に仕事をさせて頂けるお客様に心から感謝です<(_ _)>

こちらのお客様は遠路清里からご来店を頂いています。

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q

 

髪の縮れの幅は約5mm


上記のお客様の髪の対照写真です

髪の右側が新生部(髪が持ってるチリチリのクセ)

髪の左側が前回の縮毛矯正部(処理により真っ直ぐです)

こちらのお客様のクセ毛の質は凄く細かなクセでいわゆるジリジリで見た目にはナイロンたわしのような状態です、参考の為に一緒に並べて写した十円玉の幅が約20mmで、髪の縮れの幅は約5mmで、髪の写真の右側が根元の新生部で元々のクセのままでチリチリ状態で、写真の左側が前回の縮毛矯正で処置して真っ直ぐに成っている中間部に成ります。

無論これだけの縮れ毛を真っ直ぐな状態に人工的に変形させるのですから髪にかなりの負担を与えてしまう事には成り一番古い毛先部分では多少の乾燥と手触りのダウンは避けられません、では何もしなければ髪は傷みませんがごく普通の主婦がアフロヘアーで暮らすのも現実的には難しく、受けるダメージと手に入る髪型のどちらに価値を求めるのかで善悪が決まってきます。

そしてダメージを負うにしても最低限のダメージで済ませられるように工夫をし配慮をするのが技術者の仕事となります、でも本音では怖いんですよ、幅5mmの縮れ毛をたった一度で根元から真っ直ぐに矯正するんですから正直かなりの無理をしています、毎回祈る想いで震えながら縮毛矯正をさせて頂いていますので何回やっても慣れるなんてのんきな気持ちには成れません、ですので毎回始めてのお客様の髪を扱わせて頂く時のような緊張感でお仕事させて頂いています。

デザイナー=表現者は大胆さか必要だけど、、、

メカニック=技術者は臆病さが必要だと思います。


縮毛矯正のお客様

★縮毛矯正のお客様

縮毛矯正仕上り

縮毛矯正の仕上りです。

こちらのお客様は初縮髪矯正から約10年通って頂いています。

一昨年に体調の変化から抜け毛が多く成り。

昨年から体調が戻られて新生毛が一気に伸びて。

根元のアホ毛の暴れや立ち上がりでの乱れが気に成っていたのですが。

根元のアホ毛の対処にに対応した特別な矯正レシピで数度頑張りました。

その甲斐あって最近やっとアホ毛に対応した縮毛矯正と毛質改善効果により、、、

アホ毛が落ち着いて来ました♪\(^o^)/

 

縮髪矯正仕上り


縮髪矯正の仕上がりのアップ写真です。

元々が司美容院の縮髪矯正と相性の良い髪質のお客様なので。

体調変化からの毛質変化が無ければ何時も何も問題の無い素晴らしい結果が得られて。

通り過ぎる人に振り向かれるほど見惚れられる仕上がり状態を維持できていたのですが。

一昨年~去年の体調変化からの抜け毛によるアホ毛の影響に心傷めていました。

今日の結果により、以前のような素晴らしさに完全復活とまでは行きませんが。

それでも誰かから見られて「綺麗な髪♪」と褒めて頂ける態度には回復出来たと思います。

人間は生きています、、、

常に体調の変化が起こり得ます、、、

そして体に付随する髪もまたその体調の変化に沿って髪質の変化が起こり得ます。

美容師がどんなに最善の施術をしても、結果が良く無ければ元も子もありません。

例え技術者の手際の不備でなくとも、結果が良く無ければその要因を素早く認知し最善の対応をする事が必用に成ります。

何十回、何百回慣れ親しんだ施術や髪だったとしても、今日の一回を、その髪に始めて触る時のような緊張感と注意力を持って施術しないと、思わぬ不具合が起きる可能性が有りますし。

慢心して施術していると僅かな髪質の変化を見落とし、アジャストするタイミングが遅れて、回復する時間が不必要に長くかかってしまったりします。

毎日、毎月、毎年、何年、何十年と同じ仕事を続けていると、どうしても慣れから感性が鈍感に成ってしまい易いです。

それを律するには自分で自分の仕事を疑う事しか有りません。

これ、本当につまらないというか新鮮味の無い地味な努力なので、ついつい気持ちの中から抜けてしまいやすいです。

自分を自分で戒めるって、とっても難しい(^^ゞ


縮毛矯正のお客様

★縮毛矯正のお客様

縮髪矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がりです。

こちらのお客様はもう10年以上の間、二か月に一度の周期で縮毛矯正にご来店頂いております。

でも、二か月に一度の頻度で縮髪矯正されていても髪は傷んでいません。

逆に地毛のままの時の方が髪が痛んで切れ毛に成ったり枝毛に成って髪が伸ばせずに。

この写真のように肩より下のロングには一度も出来なかったとの事です。

結果として縮毛矯正時に処置する特別なトリートメメント処置での毛質改善効果によって、地毛のままよりも髪質が良く成っています。

通常は多くの方が縮毛矯正をすると髪が傷むと思いこまれていらっしゃいますが。

正しくは、、、

髪の毛が傷むような縮毛矯正の施術をされると髪は傷むと成り。

髪が傷まなくて毛質改善できる縮毛矯正の施術をすれば髪は傷むどころか逆に毛質改善して髪質は良く成ります。

もし、髪のクセが気に成ったりストレートにしたいけど、髪が傷むので縮毛矯正を我慢しているとか、傷むのが嫌だけどしょうがなくしてもらってるというお客様がいらっしゃいましたら。

数は少ないと思いますが、市単位で一店舗ぐらいは毛質改善効果を伴なった縮毛矯正の施術をして頂ける真面目で丁寧で上手なお店は有ると思いますので探して見て下さい。

司美容院でさえ数は少ないですけど、特急で数時間かけたり、高速で数時間かけても、その労苦を越えても縮毛矯正にご来店頂けるだけお客様にご満足頂ける毛質改善効果が得られる縮髪矯正の施術をさせて頂いていますので。

世には私などがとても敵わない程に素晴らしいお仕事をされるお店・技術者さんは必ずいらっしゃると思いますので、どうか良い出会いを持って素敵な縮髪矯正を楽しんでみてくださいませ。

髪を洗って、ただざっと乾かしただけで、外を歩けば通り過ぎる人から振り返って見つめられて「うわぁ~サラサラで艶々でとっても綺麗で素敵な髪♪」とお褒めの言葉をかけて頂けるのが、本物の縮髪矯正です。

女性として生まれて一時でもそんな髪をそよ風に吹かれて誇らしげに歩けたら、とっても幸せに成って頂けると思います。

司美容院ではそんな想いを込め、丁寧を持って最善を尽くす施術をさせて頂いております。

美容師って本当に素敵な仕事だと思います。

そんな想いにさせて頂けるお客様に心から感謝です<(_ _)>


縮毛矯正のお客様

★縮髪矯正のお客様

縮髪矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がりです。

こちらのお客様は去年に初来店を頂き、今回が三度目の縮髪矯正。

まだまだ縮髪矯正始めて三度目で一年経っていませんから、キッチリと矯正が効いてる分けでは有りませんし、カットも縮髪矯正が整うようなレイヤーやシャギーとは言えないので修正のカットが必要な状態です。

本来なら、もう少し長く、あと5cm長目に切って有れば、毛先の重さで跳ねずに肩に沿って収まり髪全体のシルエットとしては整うのですが。

今回はお客様のご希望が短くとの事でしたのでこの写真の長さまで約10cm以上を切りました。

でこの長さに切るまでに最初に5cmカットして、その次に二度目のカットとしてもう3cmカットして、さらにその次に三度目のカットとして2cmカットして、やっとお客様からOKを頂きました。

そのアウトラインの長さのカットの度に髪の中側へシャギーを入れて切り直す作業も繰り返しました。

なので三人分のカットをした事に成るのですが、その手間はどうしても必要な手間と成ります。

一度でこの位短くても良いだろうと面倒がってスパっと切ったら、万が一、十に一つ、切り過ぎた時に取り返しがつきません。

でも、少し長かったら、切り足せばOKなのです。

つまりは元に戻せない不可逆性のミスは絶対に避けるべきだけど、直せるミスは手間暇かければ補えるので結果としてOKと成れるのです。

技術者の上手には二つの意味が有ると思います。

上手に出来る巧みさと、失敗しない謙虚さ。

巧みさだけなら行き過ぎる危なさを伴ないます。

その危険を補う謙虚さを伴なって初めて巧みさは価値が有ると思います。

ミスを少なくする為の手間暇は惜しまない、それを面倒と感じるのなら技術者には向かないと思います。

という事で、今日も「丁寧を持って最善を尽くす」事が出来ました♪(^o^)v

でもね、、、

齢60才を迎えた身としては、気力と体力が何時まで続くのか心配です(^^ゞ

一日も長く「丁寧を持って最善を尽くす」が出来るよう健康に気を付けたいと思います♪p(^o^)q


鬼に金棒説!?(爆)

★鬼に金棒!?そりゃ最強ですよね♪p(^o^)q

縮毛矯正+マニキュア

先日縮髪矯正にご来店頂いたお客様が今日はヘアマニキュアでのトーンダウンカラーにご来店。

縮毛矯正した髪にヘアマニキュアしたら、鬼に金棒で最強説♪\(^o^)/

真面目な話、、、

贅沢の極みでは有りますけど。

縮髪矯正という贅沢に、さらにヘアマニキュアという贅沢を重ねると、それはそれは素敵な髪に成れます♪(^o^)v

肩より下まである長さのロングスタイルに成りますと、どれだけ手入れをしても髪の色合いが退色によりトーンアップしてしまいます。

それはそれで自然なので良いのですが。

最近は茶髪があまり流行っていませんので=黒髪の方が多いので、その分だけ退色が目立つことに成ります。

また、日本人の黒髪ですと、退色=トーンアップしている髪は髪の状態が傷んで見られがちに成ります。

それに濡れたような黒髪は縮毛矯正したストレートヘアーに似合いますしより美しい佇まいに魅せれます♪p(^o^)q

そんな訳で司美容院では縮髪矯正のお客様で退色を目立たせたくない方にはブラックカラーのヘアマニキュアでのトーンダウンカラーをお薦めさせて頂いています。

色味が落ち着くだけではなく、艶も乗りますし手触りも良く成りますし静電気も抑える事が出来ますし、ちらほら見え始めた白髪も隠せちゃったりも出来ます♪p(^o^)q

なお縮髪矯正とヘアマニキュアのタイミングですが、、、

効率性から言えば今回のお客様のように縮髪矯正してから二日後以降のなるべく早いタイミングが理想と成ります。

何故なら、、、

縮毛矯正後にヘアマニキュアしても支障は有りませんが。

ヘアマニキュア後に縮髪矯正しますとヘアマニキュアが落ち易く成ってしまうので勿体ないというか非効率に成ってしまいます。

なのでヘアマニキュアのタイミングとしては縮毛矯正後が良いと思います。

あと、黒髪ではなく若干のトーンアップをご希望の場合は。

マニキュアのカラーをブラックではなくブラウンやオレンジやレッド等のライトカラー系で施術しますと、0.5~1トーン程ライトアップできます。

またブリーチ作用のある通常カラーとは、ヘアマニキュアは違ってブリーチ力が全く無いので髪のダメージを気にせずにカラーを楽しめるのも良い点だと思います。

ただし、白髪が目立ってきた場合はヘアマニキュアでは隠し切る事が難しいので、その辺は白髪率との兼ね合いでの選択と成ると思います。

通常カラーとヘアマニキュアのどちらが優れていて劣っているかではなく。

その時のお客様の髪の状態と、何をどう求められるのかによってベストチョイスする事が最善策だと思います。

技術者の知識や経験や技術は、お客様のご希望を叶える為の引出しです、引出しの数が多ければ多いほど、お客様のご希望に沿えますしご満足も頂ける事に成ります。

髪の美容師も、コーヒーの焙煎者や淹れ手も、その培った知識や経験や技術は全てお客様のご希望に沿いご満足抱く為にこそ存在価値と意義が有ると想う、、、

今日この頃の妄想爺な司です♪(^o^)v


縮髪矯正のお客様

★縮髪矯正のお客様

縮毛矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がりです。

仕上は今日の縮髪矯正の入り具合を正確に確認する為に、ほとんどドライヤーと手でざっと乾かして、最後に少しだけブラシを使って軽くブローしただけの手抜きな仕上げの状態です。

美容室での仕上げは、、、

髪のプロが仕上げるのですから、カットもパーマも縮毛矯正も施術が上手に出来ていても出来ていなくても、美容師が本気で仕上げたら全て美しく整って仕上がります。

でも、それはブロー・セットでの整いであって、その時のカット・パーマ・縮髪矯正の出来の確認は出来なく成ります。

この仕上げの整わせ方によって美容師がその日の施術の結果を「誤魔化したい」のか「結果を正しく確認したい」のかという違いに成ります。

今日の一時だけ帳尻を合わせて上辺だけ整えたら上手く出来たとお客様を誤魔化せます=商売としてビジネスとして正しい=大人の事情。

技術者として常に精進積み重ねたければ、今日の結果を誤魔化さず正しく確認し真摯に受け入れ次回の糧にします=技術者・職人としての向上心と誇り=子供の事情(爆)

司は齢60才を迎えても子供ですから当然今日の結果は誤魔化しません(爆)

誤魔化さないからこそ次回の進歩が望めます♪p(^o^)q

それに、、、

きっと神様は頑張った人には優しいくして下さると思います、、、無神論者だけど(爆)


二か月に一度の頻度でこの絹の仕上り感♪

★二か月に一度の頻度でこの絹の仕上り感♪

絹の仕上り感♪

縮毛矯正の仕上がりです。

こちらのお客様は10年以上二カ月に一度の頻度で縮毛矯正にご来店頂いています。

それだけ頻繁な頻度で縮毛矯正を続けていらっしゃっても、お客様からは「現在の髪の状態が生まれて来て最も良い状態♪」とのお褒めとご満足のお言葉を頂いています。

世間一般的には、、、

縮毛矯正をするとクセが伸びて形は整うけど、髪質が傷んで髪が硬くなったり手触り悪く成ったり艶が落ちてバリバリすると感じて、クセの伸ばしたいけど髪傷むのが嫌なので、縮髪矯正しようか我慢するか悩むといったお客様が多くいらっしゃると思いますが。

確かに縮毛矯正はとても髪に対して厳しい薬剤作用での施術に成りますので、良質ではない薬剤を使用したり、髪へのダメージの配慮考慮を欠いた施術したり、良質なトリートメントでの毛質改善効果の得られるレシピでの施術をして頂けなければ、当然の結果として髪はダメージを負って傷みます。

ですが、良質な薬剤を使用し、髪へのダメージを最小限に抑えられるよう配慮考慮された施術をして頂け、良質なトリートメントでの毛質改善効果の得られるレシピでの施術を、技術者が丁寧に最善を尽くせば結果として縮髪矯正する前より施術後の髪質の方が良くなる事も可能に成ります。

ですから、、、

「縮毛矯正が髪に悪い」のではなく。

「縮毛矯正をして頂くお店・技術者によっては髪が傷む」のであって。

「して頂くお店・技術者によっては縮毛矯正しても髪は傷まず反って毛質改善効果によって髪質は良くなる」事も有ると覚えておいて下さい。

ただ、残念な事に、、、

一般的には縮毛矯正すると髪が傷むお店・技術者さんの結果が多いので縮毛矯正すると髪が傷むと思われている方が大半の状態です。

私が言いたいのは、、、

「縮毛矯正が髪に悪い」と決め付けたり思い込まないで欲しいという事です。

「縮毛矯正には何の落ち度も無い」のです。

落ち度が有るとしたら「髪を傷める施術を行うお店・技術者」に有るのであって、それは「人的間不適切=ヒューマンエラー」だと思います。

だから司は現在の「縮毛矯正すると髪が傷む」という評価が多い状態は「縮髪矯正」が可哀そうだと思います。

だって悪いのは「縮毛矯正」ではなく「人的間不適切=ヒューマンエラー」なんですから(^^ゞ

という愚痴を零している今日この頃の還暦爺な司です(爆)


幅5mmの縮れ毛の縮毛矯正

★縮毛矯正のお客様

縮毛矯正仕上り

今日の仕上り。

縮髪矯正は施術におおよそ4時間かかります。

技術者として、、、

その4時間を楽しいと思えるか苦しいと思うか。

それは夢中に成れるかどうかで変わって来ます。

どんなに苦しい事でも、夢中に過ごせたら辛いとは感じません。

こうしたらどうなるのかな?

ああしたらどうなんだろう?

前回は今回は次回はと考え推測し工夫する時間がこの上も無く楽しい時間として過ぎて行く。

苦労を苦しみとして辛く感じたら、とっても悲しい4時間。

私は美容の業界に入ってから42年過ぎましたが。

42年間のその毎日が楽しいです。

ありがたい事だと思います。

私に仕事をさせて頂けるお客様に心から感謝です<(_ _)>

こちらのお客様は遠路清里からご来店を頂いています。

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q

 

髪の縮れの幅は約5mm


上記のお客様の髪の対照写真です

髪の右側が新生部(髪が持ってるチリチリのクセ)

髪の左側が前回の縮毛矯正部(処理により真っ直ぐです)

こちらのお客様のクセ毛の質は凄く細かなクセでいわゆるジリジリで見た目にはナイロンたわしのような状態です、参考の為に一緒に並べて写した十円玉の幅が約20mmで、髪の縮れの幅は約5mmで、髪の写真の右側が根元の新生部で元々のクセのままでチリチリ状態で、写真の左側が前回の縮毛矯正で処置して真っ直ぐに成っている中間部に成ります。

無論これだけの縮れ毛を真っ直ぐな状態に人工的に変形させるのですから髪にかなりの負担を与えてしまう事には成り一番古い毛先部分では多少の乾燥と手触りのダウンは避けられません、では何もしなければ髪は傷みませんがごく普通の主婦がアフロヘアーで暮らすのも現実的には難しく、受けるダメージと手に入る髪型のどちらに価値を求めるのかで善悪が決まってきます。

そしてダメージを負うにしても最低限のダメージで済ませられるように工夫をし配慮をするのが技術者の仕事となります、でも本音では怖いんですよ、幅5mmの縮れ毛をたった一度で根元から真っ直ぐに矯正するんですから正直かなりの無理をしています、毎回祈る想いで震えながら縮毛矯正をさせて頂いていますので何回やっても慣れるなんてのんきな気持ちには成れません、ですので毎回始めてのお客様の髪を扱わせて頂く時のような緊張感でお仕事させて頂いています。

デザイナー=表現者は大胆さか必要だけど、、、

メカニック=技術者は臆病さが必要だと思います。


60才(還暦)を迎えて、、、

★60才(還暦)を迎えて、、、

60才(還暦)

美容師の還暦なら、、、

赤いカットクロスにパーマキャップですよね(爆)

今日は3月8日、、、

1960年/昭和35年の3月8日生まれなので今日で60才(還暦)です。

現在の目標は、、、

70才で縮毛矯正現役の美容師です。

なので、、、

今後3月8日を迎える度に70才までのカウントダウンを恒例儀式としたいと思います♪(^o^)v

70才まであと10年です♪p(^o^)q


遠路東京より縮毛矯正のお客様

★遠路東京より縮毛矯正のお客様

縮髪矯正仕上がり

縮髪矯正の仕上がりです。

今日のレシピは、、、

一冬過ごして暖房による乾燥が一番酷い時期なので、最も「しなやかさ」を重視して髪に重さと柔らかさを求める縮毛レシピとトリートメント構成で施術。

その甲斐あって、、、

お客様から仕上りの手触り感と艶感に大変ご満足頂けまして。

技術者として、お客様の東京から甲府までの特急あずさの旅費と+甲府駅から司美容院までの徒歩での、遠路からのご来店の労苦に少しでもお返しが出来たのではないかとホット一息肩の荷が軽くなりました♪p(^o^)q

司美容院としては、、、

ご来店頂く全てのお客様に対して全力で、その時に使用できる最良の薬剤で、最善の仕事を最も丁寧に施術させて頂いておりますので。

申し訳ないのですが、、、

遠路から数時間かかる労苦をされてご来店頂くお客様にお礼としてお返しとして何か特別なサービスが出来ないのです。

言えば、、、

隣の家の方が10歩でご来店頂いても、県外から数時間かけてご来店頂いても、どちらのお客様に対しても全く等しく「全力でその時に使用できる最良の薬剤で最善の仕事を最も丁寧に施術させて頂く」事しか出来ないのです。

何かまだ出来る事を残して置いたり、普段から少し雑に仕事していれば、余している部分が有るからそれを遠路からの労苦のお礼に使えるのですけど、、、

毎回誰に対しても全力なので、毎回誰に対しても余りが無く=余力を残していないので=お礼として使えない。

この事が何時も県外とか甲府市外の遠路からのお客様に対して、何かお礼をお返しをしたいけど何も無いので「申し訳ないと心の中で手を合わせ頭を下げている」のですが。

その趣旨の事をお客様に伝えてお許しを願うと、、、

お客様から「そういう余す事の無い全力で丁寧な仕事を毎回してくれるから司さんに来てるんですよ♪」と言って「だから遠路からのお礼何て要りません」とのお言葉を頂けます。

今日もこちらのお客様とそんなお話をさせて頂きお言葉を頂けました。

あぁ、美容師って何て素晴らしい仕事なんでしょうっ!

美容師は司の天職です♪(^o^)v

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います。

また、早朝や遅い時間のお客様も、本来お客様にとっては来難い時間帯なのにお店をご利用頂け、そしてお店に甘えて頂ける、これもまた美容師として技術者として店主として本当に嬉しい事で、遠路からのお客様と同じように「神様からのご褒美」だと思います。

何時までも何度もご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q


縮髪矯正のお客様

★縮髪矯正のお客様

回復基調

縮毛矯正の仕上がりです。

※注>今回の縮毛矯正は少し特殊な対応レシピでの施術でしたので、根元~5cmまでは作用量を高め、中間~毛先の既存分部への作用量を下げての施術の結果と成っていますので、通常よりも中間~毛先の伸び感は若干抑え目の仕上がりと成っています、また根元部分の新生毛の一斉発毛による不具合を髪の重さ=長さで抑えるため、本来ならあと毛先2~3cmをトリミングすべき状態ですが残してあります。

こちらのお客様は体調の変化により暫くの間抜け毛が多い時期が有り。

最近やっと抜けた毛が生え始めて元に戻り始めているのですが。

抜け毛が治ると共に同時期に新しい髪が一斉に生え始めて来たので。

根元~10cm程度の部分に新生毛が多くて、その部分の短い髪には縮髪矯正がしっかり入っていないので、その結果として根元~10cmの部分にクセが強い髪が多く成っています。

抜けた毛が元に戻るのはとても良い事なのですが、通常ですと少しずつ抜けて、少しずつ生えて来るので、新生毛は他の長い毛に隠れて目立たないのですが、一斉に生えて来ると一定期間は同じ長さの新生毛が多く成ってしまいます。

年齢を重ねる事による低質の変化、妊娠と出産の前後、そういう関係で体調の変化が短期間に大きく出てしまう事が有ります。

これは縮毛矯正されていらっしゃるお客様だけでなく、ショートスタイルでもロングでも、ストレートでもカール・ウエーブスタイルでも起こり得ます。

それぞれの場合で対処法は違ってきますが、大切なのは現状の把握と推移の状態を正しく判断し最適な対応をする事だと思います。

今回のお客様の場合は、縮髪矯正のレシピをより根元への作用量を高める施術で対応させて頂きました。

これは過去に何人ものそういう抜け毛と回復からの新生毛の一斉生え始めの不具合を何人にも何度も対応させて頂いた経験から導き出した特別レシピの構築が既に出来ていたからこそ対応でした。

美容師は難しい髪質や仕事は、お客様から学ばせて頂くしか成長は出来ません、それはまた同時にお客様から求められ許され委ねられなければ出来ません。

お一人のお客様から求めて頂き学ばせて頂き委ねて頂き、やっと少しだけ成長でき、次のお一人、そのまた次おの一人から、求められ数年数十年と精一杯頑張り続けて応え続ける。

それが技術者の仕事だと思います。

そのお客様からの求めと許しと委ねこそが技術者の勲章だと思っています。

今日もまた一つお客様から勲章を頂けました。

明日からもまた勲章を頂ける技術者でありたいと思います。


縮毛矯正のお客様

★縮毛矯正のお客様

縮髪矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がりです。

今日の縮髪矯正のレシピはしっとり感重視。

髪を重く仕上げ、乾燥と静電気によるフワつきを抑えて艶と落ち着きを求めてみました。

今が一番寒い時期ですから暖房も一番強くて乾燥しますからその対応としてしっとり系のレシピを選択させて頂きました。

これが逆に夏場だと、、、

軽さとサラサラ感を重視したレシピでの対応に成るのですが。

ただクセを伸ばせば良かった昔と違って、レシピの研究と薬剤が良くなった現在ではクセを伸ばすだけではなく毛質改善効果による髪の仕上り感をいろいろと選択できるように改良されてきました。

だからこそ今でも縮毛矯正という仕事は残っていますし、縮髪矯正をして髪質が良くなったと毛質改善を喜んで頂けるお客様もいらっしゃいます。

世の多くの方は縮毛矯正をすると髪が傷むと思われていらっしゃる方が大勢いらっしゃると思いますが、薬剤と技術が進んだ現在の最新の縮毛矯正では、ただクセを伸ばすだけではなく、髪質も毛質改善できてサラサラでしなやかで艶やかなとっても素敵な毛質に成れますのでぜひ一度良質な薬剤を使って頂けるお店の上手で丁寧な技術者さんに、毛質改善効果を伴なった縮毛矯正を施術してもらって体験してみて下さいませ。


幅5mmの縮れ毛の縮毛矯正

★縮毛矯正のお客様

縮毛矯正仕上り

今日の仕上り。

縮髪矯正は施術におおよそ4時間かかります。

技術者として、、、

その4時間を楽しいと思えるか苦しいと思うか。

それは夢中に成れるかどうかで変わって来ます。

どんなに苦しい事でも、夢中に過ごせたら辛いとは感じません。

こうしたらどうなるのかな?

ああしたらどうなんだろう?

前回は今回は次回はと考え推測し工夫する時間がこの上も無く楽しい時間として過ぎて行く。

苦労を苦しみとして辛く感じたら、とっても悲しい4時間。

私は美容の業界に入ってから40年過ぎましたが。

40年間のその毎日が楽しいです。

ありがたい事だと思います。

私に仕事をさせて頂けるお客様に心から感謝です<(_ _)>

こちらのお客様は遠路清里からご来店を頂いています。

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q

 

髪の縮れの幅は約5mm


上記のお客様の髪の対照写真です

髪の右側が新生部(髪が持ってるチリチリのクセ)

髪の左側が前回の縮毛矯正部(処理により真っ直ぐです)

こちらのお客様のクセ毛の質は凄く細かなクセでいわゆるジリジリで見た目にはナイロンたわしのような状態です、参考の為に一緒に並べて写した十円玉の幅が約20mmで、髪の縮れの幅は約5mmで、髪の写真の右側が根元の新生部で元々のクセのままでチリチリ状態で、写真の左側が前回の縮毛矯正で処置して真っ直ぐに成っている中間部に成ります。

無論これだけの縮れ毛を真っ直ぐな状態に人工的に変形させるのですから髪にかなりの負担を与えてしまう事には成り一番古い毛先部分では多少の乾燥と手触りのダウンは避けられません、では何もしなければ髪は傷みませんがごく普通の主婦がアフロヘアーで暮らすのも現実的には難しく、受けるダメージと手に入る髪型のどちらに価値を求めるのかで善悪が決まってきます。

そしてダメージを負うにしても最低限のダメージで済ませられるように工夫をし配慮をするのが技術者の仕事となります、でも本音では怖いんですよ、幅5mmの縮れ毛をたった一度で根元から真っ直ぐに矯正するんですから正直かなりの無理をしています、毎回祈る想いで震えながら縮毛矯正をさせて頂いていますので何回やっても慣れるなんてのんきな気持ちには成れません、ですので毎回始めてのお客様の髪を扱わせて頂く時のような緊張感でお仕事させて頂いています。

デザイナー=表現者は大胆さか必要だけど、、、

メカニック=技術者は臆病さが必要だと思います。


今期初縮毛矯正

★今期初縮毛矯正

縮髪矯正仕上り

縮髪矯正仕上り。

1月4日仕事始めの今日、開店一番の朝9時から縮毛矯正のお客様にご来店頂けました♪\(^o^)/

縁起が良いです♪(^o^)v

嬉しいです♪p(^o^)q

ありがたいです<(_ _)>

感謝です/(_ _)\

今年も髪に自家焙煎にコーヒー淹れに「丁寧を持って最善を尽くす」所存でございます。

皆様どうかよろしくお願いいたします。


  • お知らせ

    ※焙煎豆の通販サイト運営開始

    https://2kasa.raku-uru.jp/

    上記URLにて、、、

    Café 2kasaの焙煎豆を遠方の方にもお買い求め頂けますよう焙煎豆の通販サイト構築してみました。

    諸事情ありましてまだ公に運営開始の告知や営業活動はせず、静かに地味ぃ~に運営しています、もしご興味ございましたら是非サイトをご覧頂き、ご購入頂ければ幸いでございます。

    ご自身のコーヒー淹れ用として、ご友人お知り合いの方へのプレゼントやちょっとしたお返し等でお気軽にご利用頂ければと願います。

  • カウンター

    今日
    昨日
    累計
  • 2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アーカイブ

  • 予定

    ※近日中>暑くなって来たのでそろそろシュシュをサマーカット(6mm)にして上げる予定です♪p(^o^)q

    ※2020年7月5日(日曜)>ツイッターで知り合った方に初めて髪とランチと焙煎豆のご予約を頂き遠方からのご来店を頂きます。

    ※2020年7月19日(日曜)or20日(月曜)>プチソロツーリング、、、天候に恵まれたらルネッサ4DNで近場をメンテナンスがてらちょっと走ってみようかと予定しています♪p(^o^)q

    ※2020年8月中>予定は希望で現実には未定で不確定>もしかしたら想いは叶うかも、でも、多分ダメな可能性が高いかな、、、

  • Blog pickup ♪

    ブログの過去の記事からのピックアップコーナーです。

    2016年11月9日>迷い犬ちゃん

    2010年5月10日>アトム(後日シュシュと改名)が我家に来た♪

    2010年3月3日>今朝大好きなドックフードを食べながらマルちゃんは永眠しました

    2008年11月21日>迷い犬確保

    2003年7月14日>半身不随のワンちゃんの車椅子製作

  • 自家焙煎豆販売

    Café 2kasaでは自家焙煎豆販売をさせて頂いており、焼きムラを可能な限り抑えるため焙煎前に粒度調整し、豆のサイズを揃え熱が均等に入り均一な焙煎を得る為に丁寧を持って最善を尽くさせて頂いております。

    ※自家焙煎豆通販サイト
    https://2kasa.raku-uru.jp/

    ※自家焙煎豆紹介ページ
    http://2kasa.jp/blog/?page_id=14302

    またご購入して頂くお客様には新鮮な焙煎仕立て焼き立ての香り高い焙煎豆のテイストをぜひ味わいご体験して頂きたいので、ご購入ご希望の前日までにご予約頂けますと煎り立ての焙煎豆をお買い求め頂けます。

    なお予定外に急にお急ぎでご購入ご希望の場合は、事前のご予約を頂かない場合でも当日のお店の在庫からの販売、または当日約20~25分程度お待ち頂ければその場での焙煎にて焼き立てでの販売も可能でございます。

  • お問い合わせ

    ご相談やお問い合わせございましたらお気楽にご連絡下さいませ。
    TEL 055-228-0533
    Mail owner@2kasa.jp
  • 参加SNS

    ※もし宜しければ友達申請やマイミクやフォローお願いします♪(^o^)v





  • 下記の直近ランキング説明

    上部の「記事閲覧ランキングTop50」は過去の累積ランキンですが、下部の「直近閲覧ランキング」は、毎月1日に直近ランキングをリセットしています。

    ですので、リセットした日からの今この時までにブログへご来訪頂いている方がどんなページを見に来ているのか?orどんな検索ワードで辿りついているのか?が解るので、直近の世間の旬な興味の時流が何なのかという部分に触れられ、またブログの作り手として時に「えっ!何故この記事がランキング上位に来るのっ!?」という直近だからこその妙が有って凄く面白いです。

    もしご興味有りましたら下部の「直近閲覧ランキング」を時々ご確認してみて下さいませ♪(^o^)v

  • 2020年7月1日~直近ランキングTOP50

  • 直近ランキングの感想

    毎月1日に直近のランキングはリセットしていますので、その月毎に人気の記事ランキングが変わるのですが、その変り方とランキングの理由が全く理解できません(^^ゞ

    理解できないからこそランキングの項目と順位がとっても楽しみでもありドキドキしてワクワクします♪(^o^)v

    さて2020年6月はどんなページが直近ランキングの上位に来るのか?とっても楽しみです♪p(^o^)q

    ちなみに6月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 524 ビュー

    2>頑張ってみる♪p(^o^)q - 346 ビュー

    3>今夜は石和のバディへ♪ - 176 ビュー

    4>新宅君&浅川君 - 162 ビュー

    5>facebookからスパム判断され削除された - 133 ビュー

     

    5月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 345 ビュー

    2>今夜はカフェパストリアスへ♪ - 208 ビュー

    3>YBSラジオ生出演♪(^o^)v - 207 ビュー

    4>ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN - 193 ビュー

    5>コーヒー淹れ貸出用具「微粉セパレーター」 - 157 ビュー

     

    4月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 450 ビュー

    2>スパイラル・ツイストパーマ - 203 ビュー

    3>今夜はカフェパストリアスへ♪ - 196 ビュー

    4>ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN - 195 ビュー

    5>YBSラジオ生出演♪(^o^)v - 178 ビュー

    という結果でした♪(^o^)v

  • Copyright © 1996-2014 司美容院 TSUKASA Photo Blog. All rights reserved
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress