★ルネッサのメンテナンスルーティーン

ヤマハルネッサ

今日は縁あって2013年5月14日から乗る事に成ったYAMAHA RENAISSA/ヤマハ ルネッサ/4DN「ほとんどルネッサだけどかなりSRV」のメンテナンスルーティーンとしてエンジンに火を入れて近所をプチツーリンクしてきました。

※参考ブログ>「ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN」>http://2kasa.jp/blog/?page_id=24199

昔のバイクですからキャブレターですから数か月も乗らないで居るとキャブ部のガソリン等が古く成って酸化したり、酷ければガソリンでも腐ったりしますので、次に乗りたい時に始動性が悪く成ったり、エンジンがかからなく成ったりしてしまいますので。

寒くなってバイクに乗り難い季節でも、一カ月に一度ぐらいはエンジンに火を入れて短い時間でも乗って上げるメンテナンスルーティーンを欠かさないようにしています。

何せルネッサは1996年から1998年までの2年間発売されていたバイクで製造からほぼ25年前も経っていますので、もうクラッシックバイクと言っても良く経年劣化はどうしても避けられませんので、出来る限り優しくこまめな手入れを心がけて上げないと、ご機嫌を崩しちゃって心地良く乗る事が出来なく成ってしまいます(^^ゞ

現在の新しいパイクの方がピッカピカだし電子制御でエンジンのかかりも良いし、色んな部分・部品も新品でメンテナンスも楽なんでしょうけど、、、

でも、司はこのルネッサが大好きなんです♪p(^o^)q

なので、ルネのご機嫌を伺いながら一日でも長く乗れたら良いなぁと思っています♪(^o^)v