★縮毛矯正のお客様

6ヶ月ぶりの縮毛矯正


縮毛矯正

去年の8月以来です

去年の8月に当店の縮毛矯正のお客様の髪をご覧になられて「凄く綺麗な髪!」と驚かれたのがきっかけで縮毛矯正にご来店頂けたお客様が半年ぶりに縮毛矯正の再来としてご来店頂けました。

通常縮毛矯正の周期は大体3ヶ月前後をお勧めしていて、細かなチリチリしたクセ毛ならば三ヶ月以内、大きなクセ毛で肩下までのロングなら4ヶ月が理想の周期に成ります。

ただ単に形の持ちだけで言えば、一度しっかり縮毛矯正の処置をした部分なら最短4ヶ月~最長1年位は形を維持できますが、毛質改善の部分でのトリートメントケアの意味だと約4ヶ月が限界でそれ以上周期を空けてすると良い毛質を維持するのが難しくなります。

6ヶ月に一度の周期だと年間に2度ですが、年に2度だとトリートメントのケアーが完全に切れちゃいます。

4ヶ月に一度の一度の周期だと年間に3度で、ギリギリトリートメントのケアーが繰り越せて続ければ続けるだけ毛質改善が見込めます。

ですので形として6ヶ月持つ人でも、手触りや艶やしなやかさで言えば4ヶ月以内でのサイクルが形も毛質も両方共に最もお得と成ります。

という事を説明させて頂き、次回は今日から4ヶ月以内の5月末~6月初めにご来店をお薦めさせて頂きました。

※注) 縮毛矯正時に毛質改善が得られるトリートメントケアを行ってくれるお店・技術者の場合に限ってある程度頻繁なサイクルで髪の状態を良く維持できますが、ただ単に形状だけ整える縮毛矯正でトリートメントケア考慮していないお店・技術者ですと回数を増やすと回数増やした分だけ髪へダメージを負いますので、どのお店・技術者でも4ヶ月以内の周期が良いという事ではありませんので、お客様がご利用されるお店・担当して頂く技術者さんがどのようなレシピで縮毛矯正をして頂けるのか見極めてから最良と思える周期をご判断して下さい。(良いお店・技術者なら通えば通うだけ髪質は改善します、逆なら通うだけ髪が痛みます)

 

 

★SDHC/Class10/16GB、、、がぁ、、、2.000円!

2.000円です!


こんなに安くなったんですね

SDHC/Class10/16GB=2.000円!

最近ビデオの備品を集めだしているのですが、最近のビデオは記録媒体にテープやHDDではなく本体内部にフラッシュメモリーを使用していて、内部スロットにもSDカード等を差して使えるように成っています。

まあ本体の内蔵メモリーで使用していても何も問題はないのですが、記録データをビデオ本体内に記録してしまうとPCへ取り込む時に、本体の電源入れたり、本体とPCをケーブル繋いだりと、必ず本体が必要になってしまい面倒なので、SDカードが有ればSDカードに録画して、PCへのデータ取り込み時にはSDカードを本体から抜いてカードリーダーに挿し込めば良くなるので本体とは無縁に成り便利なのです。

という事でSDカードを物色していたら、Class10(最低保証レート>10MB/sec-80Mbps)で容量16GBのSDカードがなぁ~んと2.000円で売っていて思わず購入♪p(^o^)q

現在各家庭に行き渡っている一般的なDVDプレーヤーorPCのドライブで再生できるDVD-RなどのDVDディスクに標準画質(STD=平均ビットレート9Mbps/720×480画素)で16GBのSDカードに約4時間の録画ができます。

最新式のブルーデイーディスクへ書きこむハイビジョン画質(HD/FH=平均ビットレート17Mbps/1,920×1,080画素)だと16GBのSDカードに約2時間の録画ができます。

現状では一般的にDVDプレーヤーは各家庭内に広まっていますが、ブルーデイーディスプレーヤーはまだまだ一般的ではないのと、HD=ハイビジョン画質で録画したデータだと一般的なDVDプレーヤーで再生できるDVD-RなどのDVDディスクに焼く時にデータの変換作業が必要で、その変換には録画時間以上の時間がかかってしまうので、現状だとSTD=標準画質で録画しておく方が配布時やデータの保存時のハンドリングも含めて良さそうです。

HD=ハイビジョン画質での配布は、ブルーデイーディスクプレーヤーがどの家庭にも必ず所持していて、どのPCのドライブとしても内蔵されて、レンタルビデオ店のレンタルも殆どブルーデイーディスクに成ってからだと思います、あと数年後でしょうかね、その時にはHD=ハイビジョン画質での録画がスタンダードに成と思うので、またその時にカメラ本体やメモリーも含めて考えたいと思います。

という事で現状は一般家庭の殆どに有るDVDプレーヤーと、現状のPCのほぼ100%で再生できるDVD-Rで録画再生可能なSTD=標準画質で記録する事にします。

 

ただ、、、装着する本体が無いけど(爆)