★輪番停電の時間帯の予測定則が解りました!

今日の輪番停電の予定時間は18:10~22:10です。

※参考資料/第4グループ・甲府市相生の輪番停電の予定時間

17(木) 18:10~22:10
18(金) 15:10~19:10
19(土) 13:50~17:30
20(月)  9:20~13:00(+16:50~20:30)
21(火)  6:20~10:00(+13:50~17:30)
22(水) 18:10~22:10
23(木) 15:10~19:10
24(金) 13:50~17:30

※追伸

実際には今日の輪番停電は行われませんでした。

上記の予定時間を見ると解ると思いますが、ある一定の定則に従って時間割が決まっています、それは今日の輪番停電の予定時間に対して、明日の輪番停電の予定時間は早い回に変動していくという定則です。

もし宜しければ、事前にある日の輪番停電の時間帯の予測が必要な場合は上記の輪番停電の時間帯の予測定則を使って必要な日の輪番停電の時間帯の予測をしてみて下さい、お役に立てれば幸いです。

※電力消費量のピークタイムである17~19時は停電施行の可能性も最も高く成ると思われますので確実な対応・準備が必要だと思います。

※6:20~10:00の回と9:20~13:00の回は、午後からの電力事情によっては朝の回にプラスして午後にももう一度停電する場合があります。

※上記の輪番停電の予定時間の予測定則は現在の東電の計画内ではという事ですから、今後東電の計画が見直された場合には上記の上記の輪番停電の予定時間の予測定則は当てはまらなくなりますので、そういう変化に対しては個々で確実に確認して上記の輪番停電の予定時間の予測定則を鵜呑みにしないで臨機応変に対処して下さいませ。

 

★第4グループの輪番停電18:10~22:10への準備

石油ストーブ


昔懐かし

石油ストーブ

今日の第4グループ・甲府市相生の輪番停電の予定時間は18:10~22:10です。

この18:10~22:10という時間帯は停電になる可能性が一番高そうなので、時間的に真っ暗に成ってしまいますし、寒さも厳しそうなので、こんな時が来た時の為に取っておいた電気が無くても使える昔懐かしい石油ストーブと、灯油のランプを用意してみました。

石油ストーブって停電でも使えるのは当然ですが、、、暖も取れ、お湯も沸かせ、煮炊きの料理も出来、灯りも取れて寒い時期の災害時や停電時には手元に有ると本当に助かる一品、、、だと思います。

 

灯油のランプ


昔懐かし灯油のランプ

マッチかライターで簡単に着火できます

長時間の停電や災害時に電池が無くなっても灯りが取れるようにと何時買ったか忘れるほど昔に購入した灯油のランプです。

この灯油のランプはハリケーンランタンというタイプで、下部のタンクに一杯に灯油を入れると一晩ぐらいの時間は余裕で燈を灯し続けてくれますし、多少の雨ではびくともしない耐久性・耐風性が特徴のランタンランプで、災害時や停電時の夜にはとっても強い味方と成ってくれます。

 

灯油のランプ


昔懐かし灯油のランプ

火を灯すとこんな感じ

備え有れば憂い無し、、、では有りますが、、、石油ストーブと灯油のランプを遊びでのアウトドアでのバーベキュー等ではなく、まさか本当に災害で必要に成る日が来るとは思いませんでした。

でもちょっとズルイ対処法かもしれませんが一番簡単な輪番停電のやり過ごし方としては、自分の住まいの地域の輪番停電の時間帯は、一家で車に乗って輪番停電していない地域のショッピングセンター等に移動してゆっくり食事や買い物でもして、自分の家の地域の停電時間をやり過ごすのが一番簡単な暖と灯りが取れて良いのですが、我が家では父が難病で車椅子状態なので移動が大変なので停電中も家に居てやり過ごす必要があるので、石油ストーブと灯油のランプを手元に置いておいて本当に良かったと思いました。

石油ストーブは30年以上前に使っていたのを屋上の物置に大切に災害時用の備品として保存してありました、灯油のランプは何時買ったか忘れるほど昔に何となく必要に成るかもと思って購入しました。

でも、本来はこうゆう品を一生使わないで済むのが一番良いと思いますので、必要に成った事を・用意してあった事を喜んでよいのか複雑な心境では有ります(^^ゞ

さて、今夜は停電に成るのでしょうか?

※追伸

実際には今日の輪番停電は行われませんでした。