★Paul Ballardさんの「粉雪」

先日紹介したPaul Ballardさんがリクエストに応えて歌うレミオロメンの「粉雪」です。

コピーは言い換えればモノマネでどんなに上手にコピーしても本物には敵わない、でも、カバーは自分なりの解釈と表現さえできればオリジナルにまで昇華できる、、、そんな事をこのPaul Ballardさんの「粉雪」の演奏を聴いて思いました。

でも、、、

ただ、、、

出だしがぁ、、、

粉雪(こなぁ~ゆきぃ~♪)じゃなくって、、、

こんなぁ~雪、、、って聞こえちゃう(爆)

ただその一点を除けば満点です(爆)

でも本当に私が聴いた「粉雪」のカバーの中でベストワンの歌いっぷりだと思います、特に抑え目な声の出し方の部分の表現がスバ抜けて素敵だと思います、大きな声を出して張った表現なら上手に歌い上げられる人も多いですが音量を控えた部分で上手に歌える人は、本当に歌の才能を持って生まれて来た人しか表現できない部分だと思うので素晴らしいと思います。