★調整してみました
Fブレーキ

Fブレーキ


フロントブレーキのレバータッチの効き具合を調整してみました。

写真ほぼ中央のボルトの締め具合で調整します。

 

Fブレーキ

Fブレーキ


ブレーキレバーとアクセルグリップの間に人差し指1本分の隙間を空けた位置でブレーキがきっちりと効くように調整しました。

ボルトの調整具合は各自の指の長さとグリップの握り方で決まります。

フロントブレーキのグリップの仕方としては、、、

※親指以外の人差し指~小指までの4本でブレーキレバーを引く

※人差し指1本でブレーキレバーを引く

※人差し指と中指2本でブレーキレバーを引く

というグリップの仕方がありますが、、、

 

グリップの仕方

グリップの仕方


私の場合は親指と人差し指でアクセルグリップを握り、中指と薬指でブレーキレバーを引きます。

このグリップの仕方だと、親指と人差し指の2本の指をグリップに回せるのでしっかりと確実にグリップを握った状態で操作できますし、またブレーキレバーから指を外さずにそのままアクセルを操作する事が出来て、アクセルとブレーキの両方が同時にコントロール出来て効率が良いのでこの握り方にしています。

全く同じ理由から、左手のクラッチ側も、親指と人差し指でグリップを握って安定したグリップが出来るようにして、クラッチレバーはブレーキレバーより力が要らないので、クラッチ操作は中指一本だけで行っていて、薬指と小指は軽くグリップにあてがうような握り方をしています。

グリップの握り方とレバーの引き方は一度最初の握り方のクセが付いちゃうとなかなか変更できませんから、一番最初の握り方はとても重要な意味を持ちます。

一番危険なのは、グリップに親指だけをかけて、残りの指全部でレバーを引く握り方だと思います、この場合グリップには親指が半周だけひっかかっている不安定な状態でのレバー操作になりますし、危険を避けてブレーキして、その場からも一度加速して危険を避けるという場合にグリップを握り直しする時間は使いたくありませんから、一つのグリップの形のまま握り直さずにアクセル操作とブレーキ操作が可能なグリップの仕方が良いと思います。

※上記の事柄はあくまで私がバイクに乗る時のグリップの握り方という事であり、他の方のお考えや握り方に対して文言する意図は御座いませんのでご了承ご理解お願い致します。