★今日は月曜日で定休日、司美容院はお休み。

 

★ルネッサのメーターが、、、
メーター

メーター


通常スピードメーター内にはオドメーター(積算距離計)とトリップメーター(区間距離計)の二つの距離計が付いています。

オドメーターはとは、、、

車体の積算走行距離計で、その車体が生産されてから走行した通算 の距離が表示され、 走行距離の通算はその車の価値に影響するため、オドメーターの 表示は通常変更できないようになっています。

トリップメーターとは、、、

車体の走行距離の積算計で、オドメーターとは異なり区間距離 を積算し、ユーザーがリセットできるようになっています。

普通は、ガソリンとか満タンにした時にトリップメーターをリセットして、満タン時からどれだけ走行したかの距離を表示させる事で、その車種の平均燃費を知っていれば、現状からあと何キロは走れると予測が出来ます。

ルネッサには、ガソリンメーターもガソリン切れ警告灯も付いていないので、現状のタンク内のガソリンであとどれだけ走れるのかはこのトリップメーターが無いと推測できません。

だけど入手したルネッサのトリップメーターは入手時から動かないのです(^^ゞ

 

分解

分解


機械物をいじる基本は分解です(爆)

とりあえずメーターを取り外してみました。

 

メーター

メーター


取り外したルネッサのメーターです。

この時点では、メーターを全て分解してメーター内のトリップメーター部分を見て不具合部分を直す予定でした、、、

 

分解

分解


機械物をいじる基本は分解です(爆)

直そうと思っていたのですが、、、

メーターの構造状的な要因で写真の状態より細かくは分解できなくてトリップメーター部分を直すどころか見る事すら出来ませんでした(T_T;;

で、、、

良く考えてみたら、、、

メーターを分解できて、メーター内のトリップメーター部分まで辿り着けれたら、それは同時にオドメーターまで辿り着けるという事で

それは=車体の積算走行距を変更できてしまう=中古販売時等にその車体の積算走行距を不正操作出来てしまうので、それは問題がありますからメーカー倫理としてメーター内までは分解できないように作られているのだと気付きました(^^ゞ

という事でルネッサのメーターの修理は諦めました(汗)