★ルネッサにナビを装着してみた
ナビ♪

ナビ♪


知らない道を走ったり、行った事の無い場所に行く時に、車だとさっと地図を広げて見ればOKなんだけど、バイクだと気軽に地図を見れないのでちょっと困るのです。

そんな訳でバイク用のナビをルネッサに付けてみました。

車用のカーナビとバイク用とのナビの違いは大きく二点、、、

第1>バイク用のは防水仕様となっていて雨に濡れても大丈夫です。

第2>ブルートゥース(Bluetooth)機能が付いていてブルートゥースのイヤフォンやスピーカーをヘルメット内に装着するとナビの音声が無線で聞く事が出来ます。

第1の防水機能は車のように屋根で覆われた車内で使用するのとちがって、バイクの場合には屋根など無く雨が降れば濡れる事が前提で使用するので防水機能は絶対に必用です。

第2のブルートゥース機能は、身体がむき出しで風きり音が高く、ヘルメットかぶって走行するのが前提のバイクの場合、ナビのお知らせ音声が殆ど聞き取れず、またバイク用は屋外で直接日光の下で使用するので使用時間帯や方角によっては日光の影響でナビの液晶が殆ど見えなくなるので、ブルートゥースによる音声のお知らせが聞こえ機能が絶対に必要です。

実際に使ってみて面白かったのは、、、

何処かへ出かけた時に、帰りに目的地を自宅にしてナビにルート案内をさせると、いつも自分が帰り道に使っていた道順とは違う経路を案内してくれる時があって「おぉ、こっちの道の方が距離的には近いのねっ!」という思わぬ発見があったりして面白かったりします。

あと、ナビの電源はUSB接続で本体内のバッテリーを充電しても使えるですが、使う度にいちいちバイクから外して充電するのも面倒なので、思い切ってバイクの電源に直接接続して、バイクのキーを差し込んでONに回せば自動的に電源が入ってナビ画面が立ち上がり、キーをOFFにすればナビの電源も自動的に落ちてくれるように接続してみました。

これでバイクのキーのONとOFFに連動して自動的にナビもONとOFFしてくれるし、電源はバイクのバッテリーから取るので充電する手間も要らないし、ナビのバッテリー切れの心配も必要なくなりとっても便利に使えます♪(^o^)v