★ルネッサのギヤペダルのカバーを変更してみた
痛いの嫌い(爆)

痛いの嫌い(爆)


私、、、

実は、、、

男子なのに、、、

痛いのに弱い・嫌い(^^ゞ

だからこのシフトゴムの「痛くない」という謳い文句を目にした瞬間に手に取って買ってしまいました(爆)

 

取説

取説


ギャペダルはローギャーに入れる時とシフトダウン時には靴底の硬い部分で踏み込むから良いのですが、セカンド以上のシフトアップ時とローギャからニュートラルに戻す時には、ギャペダルを上げる操作が必要で、その時には足の甲の部分でペダルを上げるので、長時間バイクに乗ってギャチェンジを続けていると結構黄の部分が痛くなるのです(T_T;;

 

現状のカバー

現状のカバー


これが純正のペダルのゴムです。

上下の形状が同じなので足裏に比べて甲の部分の負担が多くて、甲の部分が痛くなるのです。

 

外してみた

外してみた


とりあえず純正のペダルゴムを外してみました。

 

新しいカバー

新しいカバー


新しいペダルゴムを無事装着。

この写真で形状を見て頂ければ解ると思いますが、ギャペダルを上げる時には、足の甲に接する面積が広くて当たりが柔らかく成って、足の甲が痛くなりにくく成っています。

もうこれでシフトアップを繰り返しても足の甲は痛くならないもん♪p(^o^)q