★微粉の解決策

コーヒーを淹れる時に豆を挽きますが、、、

その時に例えばもしミルの挽き加減を中挽きにセットした場合。

挽いた豆の粒のサイズがほぼ全て揃って中位に揃うわけではなく。

一番大きな粒のサイズが中位に挽けるように設定されたという事で。

実際には、、、

細挽きのサイズにも、極細挽きのサイズにも豆は挽かれ。

ただ、ここまでのサイズなら避けられない物理原則の結果として甘んじて受け入れらるとしても。

一番の問題としては細かな微小の粉末状態のいわゆる「微粉」が出来てしまい。

コーヒーにとって通常旨味成分とは呼べないエグ味や渋味等の雑味まで淹れてしまう事に成ってしまいます。

それはコーヒーを飲んだ時に口の中の舌の奥の両脇部分に雑味感として残ってしまい、酸味や甘味やコク等の旨味成分をスポイルし。

コーヒーが淹れ立てでまだ熱い時には他の苦みや酸味で誤魔化せても、ほどほど冷めて来た時や、完全に常温まで冷めきってしまった時には。

その舌の奥の両脇部分に雑味感として残るエグ味や渋味は明確に飲まれた方に対して残念な味わいのコーヒーを淹れてしまう結果に成ります。

私はコーヒーの苦さは、エグ味とか渋味とは違うと思いますし。

またコーヒーを苦い物としてエグ味や渋味という雑味が入っていて当然と妥協したり、もしくは配慮せず、工夫も苦労もせず淹れたコーヒーを大切なお客様に出す事はできません(^^ゞ

なので限りなくエグ味や渋味という雑味感を感じさせないコーヒーの淹れ方やレシピを探っています。

今回はその雑味の要因の一部である微粉の解決を頑張ってみました♪p(^o^)q

茶こし


物理的解決案「茶こし」(爆)

一番簡単なのは原理原則として最初から微粉を削除する事は、、、自明の理!

という事で挽いて直ぐに茶こしで篩にかけて微粉を除去してみる事にしました。

 

コーヒーミル


左のミルで豆は挽かれて、右のガラス瓶の中に粉が落ちます。

 

さて!?


茶こしのサイズとガラス瓶のサイズは合うのか?

一応はミルのガラス瓶の口のサイズと茶こしのサイズはノギスで測って調べて買っては来たのですが。

全く別々商品ですから実際に合体させて使ってみないとサイズが合うのか合わないのか判らず心配(^^ゞ

 

ピッタリ!


おぉ~とりあえずガラス瓶にはピッタリです♪p(^o^)q

 

さて!?


さて、、、

茶こしの網をガラス瓶に入れた状態ではたしてミル本体が無時装着できるのか?

 

ピッタリ!


おぉ~ミル本体を取り付けてピッタリです♪p(^o^)q

これでミルでコーヒー豆を挽いて挽かれたコーヒーの粉がガラス瓶に落ちてくるとそのまま茶こしの網の上に落ちので。

挽くのと同時に微粉を茶こしで篩うことが出来ます♪\(^o^)/

 

狭いぃ


人世はそんなに甘くない(T_T;;

茶こしとミル本体とガラス瓶の口径的サイズ関係は完ぺきだったのですが、、、

茶こしの長さがちょっと短くて惹かれて落ちて来る粉の入る容量的な隙間が足りなさそうな感じで。

ここまで順調に進んで来たのに非常に残念(T_T;;

でも、、、

負けないもん!

挫けないもん!

諦めないもん!

諦めなくて頑張り続けた人だけが夢を希望を叶えられるのです♪p(^o^)q