★0.1g単位のデジタル量り

デジタル量り

0.1gの単位で計測できる量りを購入。

 

0.1g計測


写真の場合、、、

コーヒーの豆が8個で1.3g。

通常の家庭用で使っている量りですと1g単位が多いかと思います。

1g単位の量りという事は、、、

もし9.4gの実重量の物は9gと表示されて。

9.5gの実重量の物は10gと表示されてしまいます。

たった0.1gの差が1gの差として量られてしまいます。

10g近辺の重さを測って0.1gの差が結果として約10%の誤差が生じてしまう事に成ります。

一割の誤差。

たかが一割ですが。

私としてはコーヒーを淹れる時に常に各ファクターの誤差を10%以下にして安定して淹れるようにしたいと目指しています。

もし淹れ方の差で10%の誤差が出てしまうのなら煎り加減とか豆量とか挽き加減とか抽出時間とかの10%のレシピの味わいの差が、レシピの違いなのか淹れ方の誤差なのかの区別がつかず、各ファクターで20%以上の変化でしか明確な味わいの違いを検証できなく成ってしまいます。

淹れ方の誤差は最低でも10%以内、理想を求めれば5%以下に抑えたいと思っています。

なので今回0.1g単位で計測できる量りを購入。

これで、、、

9.94gの実重量の物は9.9gと表示されて。

9.95gの実重量の物は10gと表示されます。

つまり0.1g単位の量りでは、10g近辺の重さを測った時に0.01gの差を0.1gの誤差として表示し結果として1%のが生じます。

コーヒーを淹れる時の豆重量の計測の誤差が1%なら私は許容しても良いと思います♪p(^o^)q

でも、10%の誤差は受け入れられないのです(^^ゞ