★無限ループ(爆)

淹れ比べ


地味な作業(^^ゞ

髪のカットやカラーやパーマや縮髪矯正やトリートメントもそうですが。

コーヒーの淹れ方やレシピもまた同じく。

良い結果を望めば、、、

立案~実行~検証~改善を繰り返す事が必要に成ります。

全く同じ豆でも、、、

豆量が11g~12g~13gでどう飲み味が違うのか?

挽き方が粗目~中目~細目でどう飲み味が違うのか?

微粉除去が少ない~普通~多いでどう飲み味が違うのか?

フィルターの粗目~中目~細目でどう飲み味が違うのか?

蒸らし時間が0秒~30秒~1分でどう飲み味が違うのか?

湯温が90度~93度~96度でどう飲み味が違うのか?

注ぐ速度が速い~普通~遅いでどう飲み味が違うのか?

抽出時間が1分~2分~3分でどう飲み味が違うのか?

ざっと簡単な例を挙げただけでこれだけの検証が必要で。

もっと細かなレシピを追求したらほぼ無限にその検証すべきレシピ数は広がります(爆)

でも、、、

実際に自分の手で行って自分の目で確かめてみたいのです(^^ゞ

自分が考え出した淹れ方とレシピでの飲み味が、頭の中で推理推測したシュミレートの予想と「どう合っていて♪合っていないのか?」を検証したくてたまらないのです(爆)

よくそういう事に興味の無い人に笑われて呆れられます(^^ゞ

「どうしてそんなにこだわるの?」と。

だって思い付くんだもん。

思い付いたら確かめてみたいんだもん。

その結果に対してもっと良い方法は無いかと興味が湧くんだもん。

諦めずにずっと一生懸命に改良策を求め考え続けていると。

だって思い付くんだもん。

以下無限ループ(爆)