★ショートカット&セクションパーマ

カット&分部パーマ


ショートカット&セクションパーマのお客様。

部分的なパーマですと、全体にパーマをかける場合より物理的負担は少ないのですが。

部分的にしかパーマをかけないという事はパーマの無い部分との適合性を取る分だけパーマとカットの構成の難度が高く成り難しく成ります。

パーマの境目に対するロットをどれだけオーバーロットで巻けて境のカールをぼかせるか?それが分部パーマの仕上りで最も重要に成る技術要素で、次にそのぼかす箇所の上下へのアフターカットの切加減と全体のシルエットとの適合性をどう切れるかも大切に成ります。

そしてアウトラインの生え際の髪の長さが短く成るほど必要とされる技術は難しく成ります。

ただし難しいけどれを上手に技術出来れば、短めなゆえにカットとパーマでの形成度は高いので、お客様が家に帰られてご自身でシャンプーした後の仕上がり具合は綺麗に簡単に整い、ざっとタオルで髪を拭いて簡単に手で髪を整えておけばブローもセットもせずに美容院を帰る時の仕上りがシャンプーする度に蘇ります。

再現性の有るカットとパーマこそがその技術の完成度の高さの指針と成ります。

逆に言えば、、、

ショートカットとセクションパーマは、美容院を出た後にご家庭でたった一度でもシャンプーしたら、そのカットとパーマの技量がお客様にろ明確に露呈してしまうので技術者としては怖い仕事でも有ります。

でも、上手にカットしてパーマ出来てさえいれば、ご家庭でシャンプーする度にお客様には綺麗に簡単に整うようにカットとパーマされていると喜んで頂けますので技術者としてはやり甲斐も有ります。

お客様にやり甲斐を頂いて商売が出来るのは本当に有りがたく幸せな事だと思います。

美容師は私の天職です♪p(^o^)q