★遠路からのご来店

縮毛矯正仕上り

縮毛矯正の仕上りです。

ここ数回新レシピでの施術で対応させて頂いています。

年齢を重ねると髪質も変化して、それまで最善のレシピと思える良い結果が残せていても、いつの間にか良い結果が残せなくなってしまう事も有ります。

誰が?何時から?そう成るのか?成らないのか?は人それぞれで違ってきます。

冷たい言い方をすれば、、、

店側がそれまで最善の結果が残せていて、その最善と思えるレシピで変わらず施術しているのだから、結果が悪くなったのはお客様の体質=髪質の経年変化によるもので店側の責任ではないとも言えますが。

その体質=髪質の経年変化による変化に対応したレシピを作るのがお店・美容師の仕事とも言えます。

今まで良い結果が残せていたのだから間違っていなかったのでしょう。

でも今良い結果が残せなかったら今のレシピは最善ではないという事でもあります。

ただ、年齢を重ねて体質=髪質が変化して若い時より肌や髪の状態が良く無くなる事は人が生き齢を重ねたら避けられない事でもあり。

その変化に関係なくずっと同じく最善の結果を維持する事は物理的には不可能なのではありますが。

薬剤の質を良くする、薬剤の使い方をダメージが少ないように工夫する、トリートメント剤を良くする、トリートメント剤の使い方をより効果的に使う、ヘアケア剤の良い物を探す、弱って来た髪質に合わせて薬剤をベストな作用量に成るようアジャストする、、、等々の工夫を、一人一人のお客様のその時の身体=髪質に常に最善に成るようにレシピを組み立てる事が技術者の仕事だと思っています。

難しい施術や、髪質が変化してきたお客様のご来店の前夜は。。。

お布団の中に入ってから何度も頭の中で施術をシュミレーションし、あらゆる調整と組み合わせを試して予習練習します。

良さそうな改良レシピが思い浮かぶ時も有りますし、既存の経験値の中からしか思い浮かばない時もあり、それでも頑張って頭の中でシュミレーションし続け悶々としながら寝れずに気が付けば窓の外が明るく成って来る事も有ります。

でも、技術系の美容師にとってその眠れずに朝方まで悶々とシュミレーションしている時間が楽しいのです♪p(^o^)q

どんな仕事だって最善を求めて努力している時間が楽しければそれは天職。

だから美容師は私の天職だと思います。

あと、、、

コーヒーを淹れてる時も楽しいです♪p(^o^)q

写真を写している時も♪p(^o^)q

多分ですが、、、

大工さんでも植木屋さんでも刀鍛冶さんでも染め職人でも寄木細工でも時計職人でも設計しでも楽しかったと思います。

でもそれらの数多くの職業に就くには人生は短すぎます(^^ゞ

40年間も毎日努力し続けて来た美容師ですら道まだ半分も到達できていないのです。

コーヒーを一杯淹れるのでさえ丸二年以上淹れ続けても答えが出ません(^^ゞ

一応目標として75才で縮毛矯正現役の美容師を目指していますので、あと15年は美容師生活が残されているので、あと15年は縮髪矯正のレシピを探求する猶予が有ります。

願わくばその残りの15年でより理想のレシピに近付けたらと思います♪p(^o^)q

こちらのお客様は遠路東京からのご来店、、、感謝です/(_ _)\

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」で丁寧な仕事への勲章だと思っています、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、

昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q