★貝印コーヒープレスポット購入

貝印コーヒープレスポット

貝印の「コーヒープレスポット」を購入してみました。

淹れ方としてはフレンチプレスなんですけど。

その構造がちょっと変わっているというか工夫されているというか、その趣向に興味をそそられて思わずポチってしまった一品(^^ゞ

プレス系の淹れ器具は「フレンチプレス」と「エアロプレス」と「アメリカンプレス」とそこそこ揃えて体験済みでしたが。

ガラス玉が真ん中に設置して有って、それが逆流防止の弁代わりとして機能し。

プレスして抽出後に、底面の粉からの過抽出と微粉が無くなる。

機構的には単純なのに、効果的には確実で論理的。

となると、、、

どうしても自分の手で一度使って使い心地と抽出結果を味わって試してみたいという好奇心が沸々と湧いてくる。

そうなったらもう我慢が出来ない(爆)

しかも価格が送料込みで3.000円でおつりが来て。

一度の抽出量が400ccを越えそうなので、少し大きめのカップでも二人分か、小さめのカップなら三人分が一度に淹れられるという抽出量の多さも便利。

という言い分けを理由にポチっと♪(^o^)v

 

セット状態


下部の部分にコーヒーとお湯を入れて。

上部の部分をセットして使用します。

 

抽出状態


そして上部を押し込めて抽出。

フィルタ―はステンレスの金属なのでペーハーは必要なく洗浄すれば繰り返し使えます。

微粉は多少出ますが、飲み難いほどではなく、ほどとぼのコーヒー感を美味しく味わえる程度なので、ペーパーフィルターよりも豆自体の味わいをしっかりと味わえて良い感じだと思いました。

実際に使用して何度か淹れてみて良さそうな淹れ方レシピとしては、、、

豆の種類と焙煎度は選ばないと思います。

挽き加減は大挽き~中挽きが微粉量が控えられて良い感じ。

湯温は筐体が大きくガッチリしていますので多少温度が筐体に食われて下がりますので高めで。

さらに熱々で飲みたい方は事前にお湯で湯煎して温めてから淹れると良いかも。

蒸らしは軽い飲み味なら無で、しっかり味わいたければ30秒で。

お湯差しはスッキリ味なら低めから静かに、コクを求めるなら少し高めから勢いよく落として粉をしっかりと攪拌するように。

お湯のさした後に上部をセットする時に、少しだけ押し込めて僅かにお湯が上部に出る位にすると、粉が完全に浸水して効率的に抽出できます。

抽出時間は軽い味なら1分~濃い味なら3分で。

抽出時の上部を押し込むスピードは軽い味なら速く押し込み、濃い味ならゆっくりと時間をかけて押す。

こんな感じの淹れ方とレシピで美味しく抽出できるかなぁと思います。

機構的にこの「コーヒープレスポット」はフレンチプレス式ですから、浸漬法/ボイルと成りますので、誰が淹れても、どう淹れても、抽出の味わいのブレは少なく、また粉全体から均一にムラなく効率的に、それらを簡単に行えますので淹れ方の儀式に拘らずに、気楽に簡単に美味しく飲みたい人にはとても良い抽出器具だと思います。

なお、下記は、おまけとして、、、

抽出後に底部にはある程度湯量が残りますが、これを無駄と考えるか?それとも無用な微粉感を抑える都合と捉えるか?は実際に使ってみて自己判断して下さい(爆)

抽出後の洗浄時に、普通に上部を引き抜こうとすると、弁のガラス玉の頑張りによって、なかなか引き抜けなくて大変な思いをしますので(しました(^^ゞ)

洗浄時には、本体の上下を逆さまの状態にして抜きますと、弁のガラスが動いて空気が通って、軽い力で引き抜く事が出来ます♪p(^o^)q

 

★Amazonで購入出来ます♪

逆流防止の弁の役目をするガラス玉がとても良い仕事をしてくれ、微粉感を上手に抑えてくれます、機構としてはフレンチプレスですから粉の味わいを過抽出を最小に全ての粉から均一に無駄なく効率良く誰が淹れても上手に抽出でき、また金属フィルターなので洗浄すれば何度でも繰り返し使えてとてもエコで、しかも送料込みで3.000円を切る安価なので、とても良い抽出器具だと思います。