Archive for 4月, 2020

シュ君のスプリングカット♪

★シュ君のスプリングカット♪

どうしても嫌

シュ君どうしても嫌そうです(爆)

※参考ブログ=2010年5月10日アトム(後日シュシュと改名)が一才の時に三軒目の里親として我が家にやって来た♪\(^o^)/ > http://2kasa.jp/blog/?m=20100510

我家の愛犬シュシュ君(ミニチュアシュナウザー/ホワイト・今年10才) は、一冬伸ばして羊のように成った毛を、毎年暖かくなる4~5月にスプリングカットに、そして5~6月に短めのサマーカットに切るのが恒例です。

何故毎年秋冬にシュ君の毛を伸ばすか?

それはシュ君は生まれつき背骨と言うか関節に持病が有るらしく、激しく動いたりムリしたり、特に寒く成って来て身体が冷えたりすると、その痛みが増して時には激痛と成り、痛みで身体を震わせて「ギャイィン!」と悲鳴のような鳴き声を上げて全く動けなくなってしまう事が有るので、秋冬は寒くないように暖かい上着を着せて上げるのですが、その助けに成ればと夏が過ぎたら防寒の為に少しでも身体を温かくして上げたくて毛を伸ばして上げています。

でも、さすがに春先に成ると毛が伸び過ぎちゃってまるで羊のように成って毛玉大王化しちゃうのです(爆)

なので気温が温かく成って来て最低気温が10度を上回って来た頃に一冬伸ばした毛を切って上げるのが毎年の春の恒例儀式みたいになっています♪(^o^)v

シュシュは家族の手で触れられる事は大好きなので、触られるという事の延長線上に有る切られるという事自体は嫌いじゃないのですが、、、

切られてる時間身動きが出来ないという拘束状態が嫌いみたいで。

この春先の最初のカットが一番時間がかかって大変なので、それを何となく感じ取って、カットの準備を始めるとシュッ君が急に不機嫌そうに成ります(^^ゞ

 

かなりイヤ


かなりイヤそうです(爆)

 

結構機嫌悪い


結構機嫌悪いです(^^ゞ

ワゴンの上に乗せられて、これから切られると成った瞬間から、もう声かけても顔を上げてくれませんし、目を合わせてさえくれません。

その様子からどれほど嫌がってるかが伺えます(^^ゞ

でも、、、

シュナウザーっ夏毛と冬毛の生え変わりが無い体質なので普段は抜け毛がほとんど気に成らなくて、フォーマルの黒い服を着ていてシュシュを抱いても全く毛が気に成らないほどで、車に乗せてもシートに毛が付かないし、一緒に寝ても布団が毛だらけに成らないので、毛の始末は全く気にしないで飼えるので楽なのですが。

抜け代わりしないという事は、何もしないとどんどん毛が長くなってしまい、温かく成って来る時期にそのままにしておくと伸びた毛で暑くて大変な事に成ってしまうので、春は9mmに、夏場は短めの6mmにカットにしますが。

毎回カット時にじっと動けないでいる状態がどうしても嫌いなシュ君は凄く不機嫌に成ります(^^ゞ

 

サッパリ♪


カットが終わってシュ君サッパリ♪

でもちょっと機嫌悪そうです(爆)

毎年の事では有るのですが、、、

秋口から伸ばした毛のせいで一番伸びた春先は「シュ君太った?」と良く言われて(爆)

春先に短くけを切ると「シュ君痩せた?」と良く言われます(爆)

 

結構な量


今回は今までで一番毛を伸ばした年だったので切り落とした毛の量も一番多かったです(^^ゞ

今回は春先一番最初のカットで9mmバリカンで簡易的なカットで多少不揃い部分が有りますが。

5月中には二度目と成るカットで本式にキッチリ短く刈り揃えるので綺麗に整います。

またその時にはシュ君の不機嫌そうな目で睨まれます(爆)

※覚書>6.3kg


焙煎豆通販サイト公開に向けて#02

★焙煎豆通販サイト公開に向けて#02

昨日ちょっと試験的に撮影した生豆のサンプル用の写真を正式仕様として撮影してみました。

最終案

とりあえずちょっと真面目に撮影してみました♪p(^o^)q

とは言え、、、

取り立ててお洒落でもセンスのある写真でも有りませんが(^^ゞ

お客様が購入される焙煎豆の素材の生豆を偽りなく正直にお伝えさせて頂く目的には合格点かと思います。

サイトの構成も、掲載写真も、掲載文も、送付包みも、包装袋も、ラベルも、ロゴも、全てお洒落じゃなく洗練もされていないサイトに成ると思いますが、愚っ直に正直に偽らず分かり易く伝わる事を大事にして作りたいと思っています。

素敵な包装紙に包み洒落たラベルで飾った方が絶対に商品が素敵に栄えますよね。

私はそういう才能に欠如していますので(^^ゞ

中味の焙煎豆を丁寧を持って最善を尽くして焙煎する事に努力し頑張りたいと思います♪p(^o^)q

今の自分に出来る事しか出来ませんから、出来ない事を必死に成って出来る体裁を装って出来たフリをするぐらいなら、今出来る事を頑張った方が良いのかなと思います。


焙煎豆通販サイト公開に向けて#01

★焙煎豆通販サイト公開に向けて#01

焙煎豆の通販サイトの構築中なので、、、

生豆のサンプル用の写真をちょっと試験的に写してみました。

パナマ

この写真はフルサイズのカメラ(ニコンD800)に、APS用のレンズ(シグマDX18-35mm F1.8 DC HSM)を装着しての撮影です。

※参考ブログ=2014年11月13日「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」> http://2kasa.jp/blog/?m=20141113

逢えてDXレンズ使用時でのクロップ設定処置をせずに、フルサイズの受光体にDXレンズで撮影し、その結果として通常ならそういう組み合わせで使用されない理由である強い周辺減光現象による不具合を、主題である被写体を浮かび上がらせる周辺減光フィルター代わりとして良い意味で活用してみました。

でも、、、

絵柄に印象的なイメージは乗りますけど、飲食物のサイトのサンプルとしてはどうなのかなぁ。

印象的なイメージって清潔感やクリアー感とは違うベクトルの表現ですからね。

でも焙煎豆じゃなくってその手前の飲食物と言うカテゴリーの前段階の素材としての生豆だから良いかなとも思いますし、それに生豆は販売しないから商品じゃないですしね(爆)

だけど、、、

お客様が買おうとしている焙煎豆の元の素材の生豆の紹介写真では有る分けですから、やはり正確に言えば商品の一部として正確に標記すべき写真として含まれるような気もします。

 

コロンビア


こちらは正規のクロップしての画像に成ります。

クロップしてますから当然周辺の減光分部はカットされて、光の回り具合は明るく均等に写せます。

なので光の回り具合はとても均等で、イメージ的にはクリアーで清潔感が有ります。

商業写真でのサンプル撮影って難しいですよね(^^ゞ

イメージ的に強く印象深く写せば、、、実物感から離れて実証性は薄まりますし。

実物に忠実に写せば、、、強いイメージや印象は薄れます。

イメージや雰囲気重視すれば格好の良いサイトには成りますけど。

サイト感が良くても、正確に商品を伝えられないと、ある意味で詐欺に成っちゃいます(爆)

実際に、通販サイトのサンプル写真を見て素敵だから購入したら、実際に届いた現物とは別物でガッカリしたという経験は多かれ少なかれ誰でも経験が有ると思います。

初見で一度目の集客や販売だけを求めるならサンプル写真は全力で素晴らしく美しく魅力的に写すべきですが。

二度三度とご来訪して頂き繰り返しご購入を続けてもらうのなら、サンプル写真は現物に限りなく近く正確に写すべきだと思います。

そうでないと、、、

サイトの紹介写真だと良いけど実際に届く実物は別物だと思われたら、他の商品のサンプル写真や説明の言葉の全てが信用できなく成っちゃいますからね(^^ゞ

とりあえず通販サイトの構築はまだ完成していませんので、写真や説明等を含めていろいろと試行錯誤しながら、真面目に正直な気持ちで、ご来訪したお客様に信頼して頂け、お客様に安心感を持ってご購入を頂ける通販サイトと出来ますよう制作作業を頑張りたいと思います♪p(^o^)q

なので、、、

多分ですが、、、

ほぼ確実にですが、、、

ぱっと見て、とっても洗練されたデザイン・素敵な写真・洒落たコメントの雰囲気良くセンスの良いサイトではなく、観易く読易く解り易いだけのただただ愚直で正直なだけの地味なサイトに成ると思いますので。

通販サイトが仕上り運営スタートして実際のサイトを見た時にセンス無くて地味でもガッカリしないで下さいませ(^^ゞ


パナマ・バルマウンテン・Qグレードの6ロースト探求完了

★パナマ・バルマウンテン・Qグレードの6ロースト探求完了

パナマ6焙煎サンプル

先日新規導入し粒度調整作業が終わった「パナマ・バルマウンテン・Qグレード」の6焙煎度の探求が終わりました。

6焙煎度の内訳は、、、

「浅煎り・ミディアム/Medium roast」「中浅煎り・ハイ/High roast」「中煎り・シティ/City roast」「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」「深煎り・フレンチ/French roast」「超深煎り・イタリアン/Italian roast」です。

焙煎の探求とはこの6焙煎に相応しい「ディベロップメント(焙煎度合)」と「メイラード反応(味わいに深く関与)」を見つけ出し行えるように成る事です。

さて司は、、、

この生豆での6焙煎で理想とする「ディベロップメント(焙煎度合)」と「メイラード反応(味わいに深く関与)」を見つけ出し行えるように成るのに、いったいどれだけの焙煎を繰り返す必要が有ったでしょうか?

6焙煎の最善の焙煎レシピを具現化するのに、たった6回の最短回数で出来たのか?

それとも平均2回ずつで12回?3回で18回?4回で24回?

少ない回数だと良く言えば「新豆での焙煎のアジャスト能力が高い?」か「焙煎器を完璧に使いこなせている?」ですが。

悪く言えば「目指すべき結果が甘い」か「焙煎てそんなに簡単なの?」と成り。

多い回数で良く言えば「そんなに努力しているの?」か「焙煎て凄く難しいんだ」ですが。

悪く言えば「芯豆へのアジャスト能力が低い」か「焙煎器の特性を把握できていない」と成るでしょう。

実際にに必要だった回数と、どういう内部事情なのかは、、、秘密(爆)

もし気に成ったら、、、

実際に司と顔を合わせる機会が御座いましたらその時にでも「新豆のタンザニアAAの6焙煎の仕上りまでには何回の焙煎回数が必用だったのか?」とご質問くださいませ、そっと小声であなただけにお教えさせて頂きます♪(^o^)v


昨日の何か届いたネタの中身

★昨日の何か届いたネタの中身

トロ船

即日届いたのは、、、

「トロ船」と。

 

砂フルイ


「砂フルイ」です。

 

込み合わせて使用


上記二点を組み合わせて使います。

 

現在のフルイ


現在使用しているフルイです。

Café 2kasaでは焙煎前に、焙煎する全ての生豆をフルイにかけて大き過ぎる豆と小さ過ぎる豆を排除する粒度選別をして、中間の粒度的に揃った生豆だけを焙煎しています。

その粒度選別の作業は誰かに教わったわけでもないし調べて知ったわけでもなく、生豆に火を通すという焙煎と言う行為をしようとした時に何も考えずに自然に当然の事として必用だと感じたから、生まれて初めて焙煎をする時時から今日まで生豆の粒度選別作業を一度も欠かさずに行って粒度の揃った生豆で焙煎業務をしています。

最近ありがたい事に少しずつですが口コミやご紹介等で焙煎豆をお買い求め頂くお客様が増えて来ましたのと、今後焙煎豆の通販を予定していまして、只今通販サイトの構築中で近日公開運営を予定しています。

それに従い焙煎の量も増え、当然粒度選別の作業量も増える(そう成ると良いなぁと膨らむ希望♪儚く消える夢と悲しい現実?)かもしれませんので、現在の小さなフルイよりも大きなフルイの方が作業効率を上げられますので、大型のフルイと、フルった豆を溢さずに受け取れるサイズのトロ船を購入してみました♪p(^o^)q

良い機会なので、、、

ここに粒度選別について正直な想いを書きます、、、

下記に司が何故に焙煎時に粒度選別が必用と考えるのかを記します。

私はコーヒー豆の焙煎とは「生豆に熱を加えてその熱変化による反応によりコーヒー豆へと変化させる行為」と考えます。

ならば、熱を通したい対象物の形状と容積の違いによってはその化学反応の結果にムラが生じてしまうと思います。

これって物理の初歩的原理原則で誰だって理解出来る簡単な事ですよね。

例えば、、、

お肉を焼くのに厚みと大きさが違う肉を同時に焼いたら、薄い・小さい肉が丁度良く焼ける火加減と時間だと、厚い・大きい肉は生焼けに成ってしまい、逆に厚い・大きな肉が丁度良く焼ける火加減なら、薄い・小さな肉は火が通り過ぎて固く成ったり乾いてしまったり焦げてしまう事に成ります。

もし、素材のお肉の厚みやサイズをバラバラで揃えていない状態で料理している料理人が「私は上手な料理人で、立派な料理スクールを卒業し、伝統のある名店で修行して、だから経験も知識も豊富で、構造的に厚みのある熱が均等に伝わる高価なフライパンを使って、高価な備長炭を熱源として調理してるから、私の焼いたお肉は美味しく焼けていてムラなく焼けている、自慢の焼肉だから自信を持って売っているから、ぜひ買って下さい」と言ったとしたら。

私は、いろんな能書きを自慢する前に、熱を通すという作業をするのなら、どうして素材の大きさと容積ぐらいは揃えてから火を通す作業に入らないのだろう?そこを素道理して後の事をどれだけ拘ったり自慢しても何の意味が有るの?

と感じちゃいます(^^ゞ

でも、、、

不思議な事に、、、

これだけネットが発達して凄まじい情報量が溢れかえっている現状の世の中なのに。

焙煎時に粒度調整をしてから焙煎しているという情報を見聞きしたり、粒度選別作業してから焙煎してますという焙煎所・焙煎師さんを拝見した事が有りません。

そんな事は当たり前すぎて行ってますと言うほどの事では無いのでしょうか?

それとも私の検索の仕方とかググリ方が下手なんでしょうか?(^^ゞ

でもね、、、

良いのです、、、

他の誰も行っていなくても、、、

例え100人に1人でも、1.000人に1人の少数派に成ったとしても、、、

自分が何かを行う時に、少しでも良い結果を残したいと求めた時に、より良い結果の為に必要だと気が付いたり理解出来たら、例え他の誰もが行なっていない事であっても、自分が必用だと考え信じる事を見つけたり感じたら。

他の人から細かな事を気にする神経質な奴とか変わり者だと言われたって思われたって、自分が良いと考え信じた事なら自身と誇りを持って堂々と胸張って行えば良いのです。

だって、、、

目の前の生豆を一度焙煎しちゃったら、熱変成という物理原則から言って、もう二度とやり直せない元に戻せないのです。

折角生産者さんが精魂込めて大切に育てた立派で上等な生豆です。

折角お客様が楽しみに期待して買って頂きお飲み頂く焙煎豆です。

私は、手仕事って、技術者って「丁寧を持って最善を尽くす」事が大切と考えます♪(^o^)v

だから写真の仕事も、髪の仕事も、コーヒーの焙煎も丁寧を持って最善を尽くしたいと思います♪p(^o^)q


何か届いた、、、うふ♪

★何か届いたネタ♪(爆)

ワクワク♪

ワクワク♪p(^o^)q

「何か届いたネタ」は、、、

普通の「ノーマルバージョン」と。

ちょっと過激な「ワクワクな気持ちをデフォルメした表情バージョン」と。

何毛に増えてる「被ってみたバージョン」の3つのバージョンの中からランダムに届けしております(爆)

で、何が届いたのか、、、

お楽しみにぃ♪p(^o^)q


ルネッサのキャリア交換

★ルネッサのキャリア交換

スポーツラック

ここ暫くルネッサには「ベンチュラ/VENTURA」のリアキャリアとして「スポーツラック」を装着していたのですが。

ちょっと長い形状の品物の買い物に行く予定が有ったので「スポーツラック」だとタンデムグリップの部分が邪魔に成って長尺物がキャリアに積めないので交換する事にしました。

 

フラットラック


こちらが好感した「フラットラック」で、タンデムグリップ部が無くて平坦なのでシートとラックの上面が平らに繋がるので長尺物を積載するのに都合が良いのです♪(^o^)v

 

ベースセット


ちなみにこちらは「ベンチュラ/VENTURA」のベースセットのグラブバーです。

つまりは「ベンチュラ/VENTURA」のベースセットだけではリアキャリアとしては使えませんので。

上記の「スポーツラック」か「フラットラック」を別途購入して取り付けしないとキャリアとしての機能は使えません。

まあ、言えば、使い勝手良くした買ったらオプションのパーツ買ってねという事で商売上手?or阿漕(あこぎ)な商売?という事です(爆)

でも、だけど、現状は既に絶版車ですので過去に純正オプションとして郵政社御用達で販売されていた大型で頑丈なキャリアは滅多に手に入れられませんので、そういう意味では多少阿漕(あこぎ)な商売されたとしても買えない物が買えて、実際に自分のバイクにリアキャリアとして装着して使えるように成るのですから。

感謝をすれど文句を言う筋合いじゃないのではあります(^^ゞ

という事で、、、

「ベンチュラ/VENTURA」さんにはこのキャリアを使う度に心の中で「絶版車のリアキャリアを現在でも商品ラインナップに乗せて新品販売してくれてありがとう<(_ _)>」とお礼を陳べています。

人生の幸せって、その人の考え方感じ方物の捉え方で幸せか不幸せなのかが決まります。

一つの事柄に対して不平不満を言っていたら不幸せに成り。

同じ事柄でもありがたいと感謝できれば幸せな気持ちに成れます。

つまりは人生とは自分の心の持ち様で幸不幸が決まるのです。

ならば不平を言うより感謝して、不満を持つよりありがとうと喜ぼうでは有りませんか♪p(^o^)q

等という事をバイクのキャリアを交換しながら感じてる今日この頃の司です♪(^o^)v


縮毛矯正のお客様

★縮毛矯正のお客様

縮髪矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がりです。

こちらのお客様はもう10年以上の間、二か月に一度の周期で縮毛矯正にご来店頂いております。

でも、二か月に一度の頻度で縮髪矯正されていても髪は傷んでいません。

逆に地毛のままの時の方が髪が痛んで切れ毛に成ったり枝毛に成って髪が伸ばせずに。

この写真のように肩より下のロングには一度も出来なかったとの事です。

結果として縮毛矯正時に処置する特別なトリートメメント処置での毛質改善効果によって、地毛のままよりも髪質が良く成っています。

通常は多くの方が縮毛矯正をすると髪が傷むと思いこまれていらっしゃいますが。

正しくは、、、

髪の毛が傷むような縮毛矯正の施術をされると髪は傷むと成り。

髪が傷まなくて毛質改善できる縮毛矯正の施術をすれば髪は傷むどころか逆に毛質改善して髪質は良く成ります。

もし、髪のクセが気に成ったりストレートにしたいけど、髪が傷むので縮毛矯正を我慢しているとか、傷むのが嫌だけどしょうがなくしてもらってるというお客様がいらっしゃいましたら。

数は少ないと思いますが、市単位で一店舗ぐらいは毛質改善効果を伴なった縮毛矯正の施術をして頂ける真面目で丁寧で上手なお店は有ると思いますので探して見て下さい。

司美容院でさえ数は少ないですけど、特急で数時間かけたり、高速で数時間かけても、その労苦を越えても縮毛矯正にご来店頂けるだけお客様にご満足頂ける毛質改善効果が得られる縮髪矯正の施術をさせて頂いていますので。

世には私などがとても敵わない程に素晴らしいお仕事をされるお店・技術者さんは必ずいらっしゃると思いますので、どうか良い出会いを持って素敵な縮髪矯正を楽しんでみてくださいませ。

髪を洗って、ただざっと乾かしただけで、外を歩けば通り過ぎる人から振り返って見つめられて「うわぁ~サラサラで艶々でとっても綺麗で素敵な髪♪」とお褒めの言葉をかけて頂けるのが、本物の縮髪矯正です。

女性として生まれて一時でもそんな髪をそよ風に吹かれて誇らしげに歩けたら、とっても幸せに成って頂けると思います。

司美容院ではそんな想いを込め、丁寧を持って最善を尽くす施術をさせて頂いております。

美容師って本当に素敵な仕事だと思います。

そんな想いにさせて頂けるお客様に心から感謝です<(_ _)>


初焼は「フルシティ/FullCity」

★初焼は「フルシティ/FullCity」

パナマバルマウンテンQグレード

先日新規購入し、粒度選別した生豆「パナマ・バルマウンテン・Qグレード」を初焙煎してみました。

使用しする生豆や焙煎器と実行するローストレシピとの関係によって諸条件が変化しますから一概には言えませんが。

Café 2kasaの場合ではファーストローストは「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」の焙煎度から始めています。

無論、焙煎を繰り返しての検証からローストレシピの微調整は必要でずっと繰り返し調整は当然しますが。

それでもこのファーストローストでの結果が、その生豆の焙煎レシピの基本と成る大切な検証事例であり。

プレ焙煎での予熱を兼ねてね水抜き~豆が黄金色に変化し本焙煎間際~1ハゼ始まり~1ハゼ中~1ハゼ終了~1ハゼから2ハゼ移行期間~2ハゼ始まり~13分かけて熾火効果によるディベロップメント(焙煎度合)1/3追加と、メイラード反応(味わいに深く関与)を1焙煎度込める、とても難しい先読みをしてのローストストップまでのローストレシピで最善の結果が得られるレシピを検証し構築し、その導き出されたベストローストレシピを常に高い再現性を持って正確に焙煎を繰り返せるように鍛練する、大事な諸元と指針に成ります。

なので今日の写真のフルシティは、司にとって大切な存在でのす。

今後、どれだけパナマの生豆を焙煎したとしても、今日の焙煎を忘れる事はないでしょう。

そっと心の中に大切にしまっておきたいと思います。


生豆「パナマ」の粒度選別

★生豆「パナマ」の粒度選別

新規生豆「パナマ」

新規購入した生豆「パナマ・バルマウンテン・Qグレード」の粒度選別をしました。

まずは生豆を1kg用意。

 

7mm目選別


7mmメッシュの金網で生豆を篩います。

 

1kg中3g=0.3%


今回仕入れたパナマを7mm目で篩った結果>1kg中で3g=0.3%の大きなサイズの豆が含まれているという事に成ります。

Café 2kasaとして「焙煎とは生豆に熱を込める行為」と考えますので。

物理原則からの当然の結果として豆の大きさが不揃いなら=焙煎ムラが避けられないと考えます。

なので、、、

どこまでの誤差=焙煎ムラの可能性を許容するのか?それとも排除すべく手間暇かけるのか?

という基準をどの位に設定するのか?無視するのか?気が付かないフリしてとぼけるのか?(爆)理解できないで素通りするのか?他の多くの皆がしてないんだから自分もしなくていいやという正当性の無い言い訳に身を纏うのか?(爆)

という事に成ると思いますが、、、

Café 2kasaとしてはお買い求め頂くお客様に対しての誠実さとして、人の手で対処できる手段が有る場合に置いて誤差1%以上の場合でも技術者がその必要な対処を怠るのはとても失礼ではないかと考え、1%を越えるか超えないかを基準点に置いています。

という事で今回のパナマの大豆の誤差0.3%は1%以下なので無視できる誤差範囲とし、大豆の選別作業はせずに焙煎する事にします。

 

5mm目


次に5mm目の篩で小豆の選別作業をします。

 

1kg中21.7g=2.17%


今回仕入れたパナマを5mm目で篩った結果>1kg中で21.7g=2.17%の小さなサイズの豆が含まれているという事に成ります。

という事で今回のパナマの小豆の誤差2.17%は1%以上なので無視できないムラなので、小豆の選別作業をしてから焙煎する事にします。

なおカン違いされないよう一言付け添いさせて頂きますが、、、

焙煎という物理的熱処理においては火を通す対象物の粒度はなるべく揃っている事が均等に火が通るのは良いのは自明の理で有る事は間違いありませんが。

たかだか数パーセントの焙煎ムラを気にする私が少し神経質過ぎる変わり者なんだと思いますし。

焙煎を何処かの焙煎所や焙煎師さんに従事して学んだわけでもなく、焙煎の一から全てを独学で手探りで一つずつ試し確認し解読し推測し改良しさらに試してを繰り返して得た全くの独学(思い込み・考え違い・見当違い)からの判断ですので、ご経験と権威に溢れた他所の焙煎屋さんや、他者の焙煎師さんが粒度選別作業を行っていない事に対して意見や感想を云々したいという事ではございませんで。

あくまで上記の記述内容は自分の手で焙煎をするのなら拘りたいという個人的な趣旨でございますので、どうか皆様宜しくご容赦とご理解を頂ければ幸いです。


ヤマハルネッサSRV/4DNメンテナンスプチツー

★ルネッサSRV/4DNメンテナンスプチツー

マンデリンのFullCity

縁あって2013年5月14日から乗る事に成った「YAMAHA RENAISSA/ヤマハ ルネッサ/4DN(ほとんどルネッサだけどかなりSRV)」のメンテナンスルーティーンとしてエンジンに火を入れて近所をプチツーリンクしてきました。

※参考ブログ>「ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN」>http://2kasa.jp/blog/?page_id=24199

昔のバイクですからキャブレターですから数か月も乗らないで居るとキャブ部のガソリン等が古く成って酸化したり、酷ければガソリンでも腐ったりしますので、次に乗りたい時に始動性が悪く成ったり、エンジンがかからなく成ったりしてしまいますので。

寒くなってバイクに乗り難い季節でも、一カ月に一度ぐらいはエンジンに火を入れて短い時間でも乗って上げるメンテナンスルーティーンを欠かさないようにしています。

何せルネッサは1996年から1998年までの2年間発売されていたバイクで製造からほぼ25年前も経っていますので、もうクラッシックバイクと言っても良く経年劣化はどうしても避けられませんので、出来る限り優しくこまめな手入れを心がけて上げないと、ご機嫌を崩しちゃって心地良く乗る事が出来なく成ってしまいます(^^ゞ

現在の新しいパイクの方がピッカピカだし電子制御でエンジンのかかりも良いし、色んな部分・部品も新品でメンテナンスも楽なんでしょうけど、、、

でも、司はこのルネッサが大好きなんです♪p(^o^)q

なので、ルネのご機嫌を伺いながら一日でも長く乗れたら良いなぁと思っています♪(^o^)v


始めてクラウドファンディング参加してみた

★始めてクラウドファンディング参加してみた

エソポット/Esso pot

「エソポット/Esso pot」です。

生まれて初めて「クラウドファンディングプロジェクト」というものに参加してみました♪p(^o^)q

この「エソポット/Esso pot」は、、、

 


エソポットが生み出す瞬間的な蒸気圧をバスケット内に一瞬で圧着さて自動的にタンピング機能を作り出し。

モカポットの抽出の中核である蒸気圧を調節することを可能にする水が移動する経路を開け閉めするシステムを追加し、水とコーヒーの接触時間を調節することができて、ブロックしている圧力を一度に移動させ、さらに強い力を生み出すことができるそうです。

という事でエソポットは抽出の圧力を調節することができる新しい概念のモカポートとの事で。

既存のモカポットの最大の欠点と言われていた水とコーヒーの接触時間と圧力を調節し、過小、過剰抽出を防ぎ、そして抽出圧力は5-7barにさらに増加させたことで、クレマたっぷりのリアルエスプレッソを作ることができたそうです。

5〜7圧で濃厚なクレマたっぷりなエスプレッソの抽出が可能。

浅煎りの個性ある酸味を生かしたエスプレッソの抽出も可能。

という謳い文句にすっかり乗せられて(騙されて?)

思わずポチっちゃいました(^^ゞ

届くのは来月5月の末ごろという事ですが、どうなんでしょ。

まあ、予算が有れば本格的なエスプレッソマシーンを導入すれば良いのですが。

まずまずの機種と成ると100万円は軽く超えちゃうので、現状のCafé 2kasaの規模だとこの位の入門機種が身の丈に合った所かなと思います(^^ゞ

何はともあれ、器具が無ければ体験出来ません。

体験できなければ経験も積めず、探求も鍛練も出来ませんから。

まずは実際に行なってみる♪p(^o^)q

最初は自分の手でマニュアル操作で始めて、体験~立証~推理~推測~理解~創意~工夫~鍛練を繰り返してから、チャンスが有れば本格的なマシーンを導入できるように成れたら良いなと思っています♪p(^o^)q


マンデリン「フルシティ/FullCity」の考察

★マンデリン「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」の考察

マンデリンのFullCity

お客様からご希望頂き予約焙煎させて頂いたマンデリンのフルシティ/FullCityです。

焙煎を始めた当初は、、、

全ての豆種で7焙煎度(シナモン・ミディ・ハイ・シティ・フル・フレンチ・イタリアン)の焙煎をしていました。

7焙煎度の意味も意義も知らず解からずただただ単純に7焙煎度を煎り分けられるように成りたいという技術的な面での探求です。

無論全ての豆種での7焙煎度のローストを探求した事による焙煎と言う行為の鍛練熟練して得た経験はとても大きな財産には成りました。

誰かから聞いたとか何処かに書いて有ったという知識とは別に、焙煎の一からの全てを実際に自分の手で行い経験して結果を検証し理解し推測し創意工夫を重ねて体験として身に付けた経験は何よりの教科書と成り、耳で聞いて目で読んで覚えたのではなく頭の中に生れた内なる理として一生忘れる事のない焙煎の基礎と成りました。

その焙煎の探求を続ける内に、どうしても一番浅煎りの「シナモン/Cinnamon roast」は生豆特有の青臭さというか渋味を伴なったエグ味と雑な酸味がコーヒーらしさをスポイルするような気がして、Café 2kasaの焙煎豆のローストから外す事にしました。

どうしてもシナモンよりあと一焙煎だけ深く「ミディアム/Medium roast」まで焙煎すればコーヒーらしい苦味も味わえるし生豆特有のの雑味も薄れて美味しくなるのになぁと想いながらシナモンローストをしていて、いくらお客様が望んだからといってor売れればOKの商売だからと言って、そんなマイナスな気持ちで焙煎者が火入れをした豆をお客様に売るのは申し訳ないし、折角品質が良く美味しいはずのスペシャリティーコーヒーを仕入れてるのにその味わいの良さをスポイルし表現できない焙煎は控えたいと思ったのです。

無論、その豆種が美味しいと味わえる範囲でなら何を求めるかはお客様の自由で、それを叶えるの為にこそ技術者の技は必要とされると思いますが。

好みの範疇での選択ならそうであるべきだとは思いますが、コーヒーはあくまでコーヒーであり、コーヒーの基本は苦さで、コーヒーに紅茶のフリをさせる為に生豆の渋さを残してまで酸味を立て、それを「まるで紅茶のような・・・」という形容詞で飾って何か特別ありがたい物のように奉って売るが為の手段とし、折角生産農家さんが丹精込めて素晴らしいスペシャリティーコーヒーに栽培して下さった生豆に対して、コーヒーとしての味わいに不十分な焙煎度で売るのはとても失礼と想い、なら「まるで紅茶のような物を飲みたかったら、ぜひ紅茶を飲んで下さい」と答えようと思ってしまいました(爆)

ある意味で同じような事なのですが、、、

マンデリンという豆種でのローストを探求し、結果をカップリングして確かめ、色んな淹れ方で味わって確かめてみて、上記の理由からシナモンは別にして、通常の6焙煎度(ミディ・ハイ・シティ・フル・フレンチ・イタリアン)の中で、一番美味しい&マンデリンの良さを余す事無く味わえる焙煎度は「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」以降の「フルシティ・フレンチ・イタリアン」という焙煎度でのローストなら生産農家さんとマンデリンという豆に喜んで頂けるのではないかと思いました。

でも、まあ、フルシティの一段焙煎が浅い「中煎り・シティ/City roast」だって不味くは無いし十分に美味しいんですけどね。

ただ、焙煎者としては「マンデリンを中煎りのシティに焙煎するなら、あと一段深めの中深煎りのフルシティに焙煎して上げたらマンデリンの持ち味が最も素適に味わってもらえるのに」とシティの焙煎中に想ってしまうのです(^^ゞ

売れたら儲かるし、売るために焙煎しているんですけど=大人の事情(爆)

金儲けだじゃない部分にも少しだけ拘りたい、自分の手でマンデリンという豆を、これが美味しいマンデリンですと自信を持った焙煎にして上げたい、と想ってしまうのです=子供の事情(爆)

なので、、、

焙煎者の勝手なワガママではありますが、、、

Café 2kasaでのマンデリンの販売焙煎度は「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」と「深煎り・フレンチ/French roast」と「超深煎り・イタリアン/Italian roast」の3焙煎度とさせて頂きますがよろしくお願いいたします<(_ _)>

もう少しだけ子供で居させてください♪(^o^)v

もう還暦だけど(^^ゞ

※追記、、、

一応ここに記しておきますが、、、

シナモンローストとしての見た目上の豆表面の焼き色としてのディベロップメント(焙煎度合)を維持しながら、味わいの組み立てとしての豆内へのメイラード反応(味わいに深く関与)だけを一焙煎分だけ深くしてミディアムの味わいに持って行き、シナモン特有の生豆の青臭さと渋味を伴なったエグ味と雑な酸味をほぼ気に成らない焙煎のシナモンローストレシピは探求しほぼ完璧に身に付けられましたが。

でも、それって、、、

見た目だけシナモンで味わいはミディアムというだけの事で、言えば人を驚かす為のロジックのようなもので、美味しさには関係のないただの技の自慢のような焙煎ですから、私はマジシャンにも派手なパフォーマーにも成りたいわけではなく、ただの真面目なお客様に正直な焙煎者で居たいだけなので。

シナモンのディベロップメントで、ミディアムのメイラード反応なスペシャルローストレシピは封印する事にします(爆)

人って、、、

いろんな考え方や捉え方をなさる方がいらっしゃいます。

無論それは個々の自由で個性なのですが。

私が出来ない事を上手に言い訳してさも必要の無いかのように誤魔化す為の言い逃れと思われても面倒なので(^^ゞ

「出来ないからしない」とか「出来るように成れなかった」のではなく。

「出来るけどしない」のであって「出来るように成った」上で敢えて行わないのだという認識で宜しくお願い致します。


アウトライン1mmのぼかし刈り

★アウトライン1mmのぼかし刈り

アウトライン1mm

ベリーショートカットでアウトライン1mmのぼかし刈りです。

理容店ならごく普通のカットで別段なにも特別な事ではないカットだと思います。

その位に理容師さんのショートカットでのぼかし刈りの技術力は別格に素晴らしいです。

でも、美容師にとって3mm以下のぼかし刈りはとても難しいのです。

何故に3mm以下なのかと言いますと、、、

通常美容院で使用しているバリカンのアタッチメントの最短の短さが3mmスタートだからです。

アタッチメントを外して刃だけでも機種によっては数ミリ調整が可能なのですが。

刃だけで調整が出来たとしても、刃だけでアタッチメントが無いと、摩擦熱で熱くなった刃が肌に触れるとお客様が「あっ熱い!」とビックリさせてしまうので、なかなか刃だけを肌に触れては使えない=3mm以下のアウトラインのぼかし刈りがし難いという事と。

まあ、通常美容院に来たお客様でアウトライン3mm以下の短さのぼかし刈りを希望されるお客様はほとんど居ない。

という事情が有って、通常美容院では3mm以下のぼかし刈りの施術はしていないお店・技術者さんが多いと思います。

でもね、、、

自店のお客様から「もう少し短く切って」とご希望された時に、多くの美容室では一番短くても3mmまでしか切らないから辛抱して下さいと言って断りたくないのです、または、3mm以下の短さのぼかし刈りにしたかったら理容店へ行って下さいと断りたくないのです。

という事で司美容院では1mmと2mmのアタッチメント装着できるバリカンを用意して、アウトライン1mmのぼかし刈りご希望のお客様のカットをお請けさせて頂いております。

ただし、、、

アウトラインが1mm以下の0.5mmの短さのぼかし刈りをご希望の場合はゴメンナサイ<(_ _)>

その領域でのぼかし刈りをする技術力はお恥ずかしいのですが私は身に付けておりません(^^ゞ

0.5mmの短さのぼかし刈りはコンマ数ミリの超薄厚のカットコームと手切りで刈り上げ用バサミを巧みに使いこなせる技量を取得された理容師さんだけが踏み入る事が出来る超難度な領域の施術と成りますので、ただの美容師の私にはアウトラインが1mm以下のぼかし刈りは荷が重過ぎますのでお許し下さいませ/(_ _)\

技術者ってプライドが有りますけど、そのプライドの高さに比例して謙虚さとして地を這う低さにも同時に立てなければ、ただの自惚れ屋に成っちゃいます。

出来ると言ったら、足りる技術を持って応える。

でも、出来るかどうか不安が有ったら、出来るフリなどせずに正直に出来ませんと我が身の不甲斐なさを曝け出してゴメンナサイする謙虚さも持っていなければダメだと思います。

プライドは高く、自信は強く、でもそれに負けない正直さと謙虚さを持った技術者で在りたいと思います。

などという珍しく真面目な事を考えている今日この頃の司です(^^ゞ

※追記、、、

ちなみに、下記の1mmのアタッチメント付のバリカンを購入するまでは、、、

一応髪のプロとしての技術者の一人ですから、美容師だけど3mm以下のぼかし刈り時には薄厚の理容店用の刈り上げ用コームと刈り上げ用バサミを使用して手切りで頑張って対応していました。

でも、正直めっちゃ時間と労力が必要で疲労困憊していました(^^ゞ

女性客が主と成る美容室ですから3mm以下のぼかし刈りを希望されるお客様の絶対数はもう無いに等しいですから、頻度という点で刈り上げに必要な運動量を日頃からハサミを持つ指に溜める事が出来ませんので。

分かり易く言えば、、、

普段犬の散歩程度しか歩かない人間が、急に富士山の頂上まで日帰りで登ったような負担と同じと想像して下さい(爆)

という事で下記の1mmアタッチメント付きのバリカンを見つけた時は嬉しくって涙が出ました(T_T;;

だって、、、

これでアウトラインが1mmのぼかし刈りのお客様を一日に何人も続けてカットしても疲れずに仕事が出来るように成ったからです♪\(^o^)/

でも、、、

現状1mmのぼかし刈りをご希望のお客様は今日のブログのお客様たったお一人しか居ないのであまり意味はないとも言えるのですが(爆)

だけど、、、

夢と希望は大きくっ♪p(^o^)q

何時の日か一日に二人続けてアウトライン1mmのぼかし刈りをご希望のお客様のご来店を頂けるかもしれません♪(^o^)v

その時こそこの1mm府タッチメントのバリカンが意義を発するのです♪p(^o^)q

でも、、、

そんな珍しい日が来るまで私の寿命が持つかしら?(^^ゞ

 

★アマゾンで購入できます

1mmと2mmの長さ用のアタッチメントをバリカン本体に装着して切れるので、バリカンの摩擦により熱くなった刃が直接肌に触れなくて、刃の熱さをお客様に感じさせずに最短カットのボカシ刈りが可能に成ります♪p(^o^)q

どんな形に切るのか?どんな長さに切るのか?、、、も大事ですが。

お客様を心地良く切らせて頂く事もとても大切な事だと思います♪(^o^)v


オールスターブレンド♪

★オールスターブレンド♪

オールスターブレンド

久しぶりの「オールスターブレンド/All-Star blend No111111」の在庫タップリです♪p(^o^)q

先日焙煎豆の在庫補充として「エチオピア・モカハラー・ボールドグレイン」の全6焙煎度を一気にローストしました。

※補足>6焙煎度=「浅煎り・ミディアム/Medium roast」「中浅煎り・ハイ/High roast」「中煎り・シティ/City roast」「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」「深煎り・フレンチ/French roast」「超深煎り・イタリアン/Italian roast」

という事で、、、

折角の6焙煎度の揃い踏みなので、、、

同種生豆の6焙煎でのシングルブレンドの究極のオールスターブレンドを作り置きしました♪(^o^)v

とは言え、、、

別に売る時にブレンドすれば良いだけで、無理に作り置きする必要も無いのですが(^^ゞ

でも、シングルローストでどれか一つの焙煎度だけ先に売れちゃうと、、、

6焙煎度が必用なオールスターがブレンド出来なく成っちゃう(爆)

まあ、その時はその時で、売り切れて足りない分の焙煎度をローストして補充すれば良いのではありますが。

そうすると永遠に補充を続けて、他の生豆の焙煎に手を付けられなく成っちゃう(爆)

という事で先にオールスターを在庫としてブレンドしちゃう事にしました♪(^o^)v

それにしても、、、

昨日に引き続き、、、

たかだか焙煎豆の事で私の気持ちが「右往左往(うおうさおう)」し「一喜一憂(いっきいちゆう)」している状態を「鑑(かんが)みて」みますと。

自分がどれだけ器の小さい人間なのかと恥ずかしくなってしまいます(^^ゞ

人(私)の気持ちは厄介(爆)

焙煎豆の在庫を目の前にそんな事を想ったりしている今日この頃の司です(^^ゞ

ちなみに、、、

現在ネットから多様な情報が簡単に手に入る状態ですので、ブレンドを調べてみましたが。

シングルオリジンをベースとした単一豆種の全6焙煎度でのブレンドは市場に見当たりません。

その理由は何故か?

下記は司の勝手な妄想ですからあまり信用性は有りませんので、そのおつもりでお読み頂ければ幸いです<(_ _)>

残り物の焙煎豆をスマートに良いイメージに言いくるめてロスを下げ売りさばく為のブレンドにするにはコストと手間暇がかかり過ぎるから誰も何処も実行しない=大人の事情(爆)

単一豆種での6焙煎度のオールスターブレンドを作るには、売れ残りの焙煎豆がたまたま単一豆種で6焙煎度と成る可能性はとても低く、最初からオールスーブレンドを作る目的で全6焙煎度を一気に焙煎するコストと手間暇が必要と成り、そんな不経済な事をしていたら儲けるどころか損しちゃう可能性が高くなってしまいます。

誰だってお金は欲しいし大好き♪(爆)

つまりは同一豆種での全6焙煎のオールスターブレンドは儲け難い商品なのです(^^ゞ

では、何故に儲け難いのにオールスターブレンドを作るのか?

全6焙煎度のブレンドは、楽しいのです♪ワクワクするのです♪そして美味しいのです♪=子供の事情(爆)

だって一つの豆種の通常市場に出回っている「ミディ・ハイ・シティ・フル・フレンチ・イタリアン」という全6焙煎度の焙煎豆がブレンドされているという事は、ある意味でその豆種の全ての焙煎度の味わいを一杯のカップで味わう事が出来るという事に成ります♪p(^o^)q

浅煎りなら鮮明な酸味とふくよかな甘味が、そして深煎りなら深い苦味と芳ばしさ、それらをシングルローストで味わうのは無論本道だとは思いますが、でも単一焙煎度での味わいです、無論6焙煎度を一度に6カップに落として淹れて飲めば6焙煎度味わえますけど、一人で淹れると最初の1焙煎度は完璧に冷めちゃいますし香りも飛んでしまいます(^^ゞ

ただし、、、

オールスターブレンドを美味しく味わうには前提が有ります。

それはそのオールスターブレンドを構成している同一生豆での全6焙煎度の焙煎豆が、全て単独で飲んでも美味しい焙煎豆で有るという事が絶対条件に成ります。

シングルローストで飲んでも十分に美味しい焙煎豆だからこそ、その美味しい6ローストでブレンドするから美味しいブレンドに成るのです。

これは他の全てのブレンドにも言えるブレンドの絶対条件だと思います。

なので、売れ残った焙煎豆を売りぬく手段や、品質の低い生豆を上手に売りさばく為のブレンドは=大人の事情(爆)

単品で飲んでも美味しい焙煎豆を、味わいの多様性の素材として活かすのが真面目で美味しいブレンド=子供の事情(爆)

というような事をオールスターブレンドを目の前にして妄想している今日この頃の司です(^^ゞ


人(私)の気持ちは厄介

★人(私)の気持ちは厄介

焙煎豆在庫補間

Café 2kasaの焙煎豆の在庫が無事補間出来ました♪p(^o^)q

在庫補間出来てほっと一安心なのでは有りますがぁ。

それは同時に=在庫が沢山有って売れるのかしら?と不安にも成るのです(^^ゞ

焙煎豆は生物とは言いますが、それは「言葉の綾(あや)」であって。

生のマグロ等のお刺身を売ってる訳では有りませんから(爆)

常温でも密閉容器に入れて置けば3週間ほどは実用上問題ないので。

お一人で、毎日一杯のコーヒーを淹れたとすれば200gご購入で約2週間ほどで消費出来ますから大丈夫で。

お二人なら400gでも二週間ほどで消費できる計算に成りますし。

もし大量に買われた場合でも、密閉容器に入れ+冷蔵庫で保管すれば二倍持ちますので6週間ほどは問題ありません。

※補足>一般的に市販されてるコーヒーの豆・粉は焙煎後から数か月以上経った物でも市場では問題無しとして販売され、消費者も気にせず購入している現状が有りますので、それに比べれば焙煎後の豆の数週間程度はあまり気にせずとも良いのではと思いますけど。

在庫が少ないと心細くて心配。

在庫が多くても売れ残ったらと心配。

たかだか焙煎豆の在庫が多い少ないで私の気持ちが「右往左往(うおうさおう)」し「一喜一憂(いっきいちゆう)」している状態を「鑑(かんが)みて」みますと。

自分がどれだけ器の小さい人間なのかと恥ずかしくなってしまいます(^^ゞ

今日の気付きは、、、

人(私)の気持ちは厄介(爆)

焙煎豆の在庫を目の前にそんな事を想ったりしている今日この頃の司です(^^ゞ


寒いとシュ君は甘えん坊

★寒いとシュ君は甘えん坊

椅子背間1

我が家の愛犬シュシュ(ミニチュアシュナウザー/ホワイト/オス)は寒いと甘えん坊です♪

写真は店のPC前の椅子の背もたれと私の背中の間のお気に池の場所で寛いでるシュ君の様子です。

※参考ブログ=2010年5月10日アトム(後日シュシュと改名)が一才の時に三軒目の里親として我が家にやって来た♪\(^o^)/ > http://2kasa.jp/blog/?m=20100510

でも、まあ、シュ君は持病が有って身体が冷えると関節とかが痛んでギャイィ~ン!と悲鳴を上げて身体を痙攣させて動けなく成っちゃう事が有るので、そういう事情が有るので寒い時には私も甘やかしているのでそれが常になってるので、寒い時は甘えん坊に成ってもしょうがないんですけどね。

 

退屈したらしい


私の背中の位置で退屈すると前に回って来て膝の上に座ります。

 

撫でろとせがみ中


退屈したり寂しく成ると「撫でてっ♪」とせがみます(爆)

犬が人間に甘えた時には私は飼い犬だけではなくこの世のどの犬に対しても全力で甘えさせて上げます♪p(^o^)q

犬という動物は長い時間人間と共に生活してきて、人間に従い、人間を守り、人間に可愛がってもらいたいという性質を持ちましたので。

その犬らしい性質を満足させて上げられるのは人間だけなのです。

だから、縁あってすれ違ったり出逢ったり触れられたり出来るワンちゃんには私はどんな時も身を折り腰を屈めこれ以上できない位に身を縮めて犬に威圧感と警戒心を抱かせないようにして、優しい声をかけて親しく成り受け入れてもらい撫でて上げるようにしています。

そのすれ違ったワンちゃんの人生(犬生)の中でたった一時で有ったとしても、犬が人との関わりの中で幸せな時間を数秒でも数分でも多く過ごさせて上げたいと思うのです。

それが人間を主人として友として慕ってくれる犬に対して、人としての自分に出来る精一杯のお礼の気持ちです。

 

ご満足の様子


しばらく優しく撫でて目を見つめて「大好きだよ♪」と語り掛けていたらシュ君ご満足いただけた様子。

 

元の位置へ


満足すればまた何時もの定位置へ戻って微睡むシュ君です。

犬も人も命の長さは分かりません。

明日私が死ぬかも。

明日シュ君が死んじゃうかも。

確実なのは今この時にシュ君と私が生きていて、シュ君が私に甘えたくて、私がシュ君を大好きという事。

ならば仕事中以外ならどんな時でも犬が甘えて来たら全力で応えたい。

それが我が家の一員に成ってくれたシュ君への私からのお礼と感謝の気持ちです。

このブログを書いている今もシュ君は私の背中で嬉しそうに鼻を鳴らして丸く成って微睡んでいます。

あぁ、なんて素敵な時間なんでしょう♪\(^o^)/

ありがとうシュシュ<(_ _)>


ストロン2WAYドリッパーセット購入

★ストロン2WAYドリッパーセット購入

ストロン2WAYドリッパーセット

曙産業さんの「ストロン2WAYドリッパーセット」を購入。

このドリッパーセットは「透過式/ドリップ」と「浸透式/ボイル」の両方で使えます。

またサーバーがポリプロピレン製なので割れる心配が有りません。

そしてフィルターがポリエステル(225メッシュ)なのでペーパーレスで淹れられます。

 

透過式/ドリップ


「透過式/ドリップ」での使用例。

 

浸透式/ボイル


「浸透式/ボイル」での使用例。

この器具は透過式と浸透式の両方の方法でホットコーヒーが淹れられますが、浸透式の水出しでも抽出が出来てとっても便利です♪p(^o^)q

 

★アマゾンで購入できます

「透過式/ドリップ」と「浸透式/ボイル」の両方でホットコーヒーが淹れられ、また「浸透式/ボイル」で水出しでも淹れられ、サーバーがポリプロピレン製なので割れる心配がなく、フィルターがポリエステル(225メッシュ)なのでペーパーレスで淹れられるとっても便利な抽出器具です♪(^o^)v


エチオピアの6ロースト探求完了

★エチオピアの6ロースト探求完了

エチオピア6ローストサンプル

エチオピアの6ローストサンプルです。

新しく仕入れた生豆「エチオピア・モカハラー・ボールドグレイン」の6焙煎度の探求ができました。

6焙煎度は「浅煎り・ミディアム/Medium roast」「中浅煎り・ハイ/High roast」「中煎り・シティ/City roast」「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」「深煎り・フレンチ/French roast」「超深煎り・イタリアン/Italian roast」です。

焙煎の探求とはこの6焙煎に相応しい「ディベロップメント(焙煎度合)」と「メイラード反応(味わいに深く関与)」を見つけ出し行えるように成る事です。

さて司は、、、

この生豆「エチオピア・モカハラー・ボールドグレイン」での6焙煎で理想とする「ディベロップメント(焙煎度合)」と「メイラード反応(味わいに深く関与)」を見つけ出し行えるように成るのに、いったいどれだけの焙煎を繰り返す必要が有ったでしょうか?

6焙煎の最善の焙煎レシピを具現化するのに、たった6回の最短回数で出来たのか?

それとも平均2回ずつで12回?3回で18回?4回で24回?

少ない回数だと良く言えば「新豆へのアジャスト能力が高い?」か「焙煎器を完璧に使いこなせている?」、悪く言えば「目指すべき結果が甘い」か「焙煎てそんなに簡単なの?」と成り。

多い回数で良く言えば「そんなに努力しているの?」か「焙煎て凄く難しいんだ」、悪く言えば「芯豆へのアジャスト能力が低い」か「焙煎器の特性を把握できていない」と成るでしょう。

実際にに必要だった回数と、どういう内部事情なのかは、、、秘密(爆)

もし気に成ったら、、、

実際に司と顔を合わせる機会が御座いましたらその時にでも「新豆のエチオピアの6焙煎の仕上りまでには何回の焙煎回数が必用だったのか?」とご質問くださいませ、そっと小声であなただけにお教えさせて頂きます♪(^o^)v


在庫管理能力不足(^^ゞ

★在庫管理能力不足(^^ゞ

売り切れ

焙煎豆の在庫が完全に無くなりました(汗)

長年美容師をしていますと余り在庫というか商品への在庫意識が薄まります。

そりゃパーマ剤とかカラー剤とか、シャンプーやトリートメントの在庫管理は必要ですけど。

一応美容師って技術職なので物販業とは違います。

カットなんて在庫必要ありませんし(爆)

あと、豆の焙煎を始めてからまだ数か月で、焙煎豆の販売も今年からみたいな感じなので。

本人が「これだけ売れる」という認識というか確証が無いのです(^^ゞ

なので最近常に本人の予想よりも売れて突然目の前に空の容器が並んでから「あぁ足りなく成っちゃった」と焦ってます(汗)

まあ実際の所は当日飛び込みで突然お買い求め頂く事は今の所は少なく、殆どが事前にご予約ご連絡を頂いての予約焙煎での販売という現状なので、大量の在庫を抱える必要はないのではありますが。

それでも店内の焙煎豆が全部売れて無くなっちゃって、自分が飲むコーヒーさえ淹れる豆が無い状態に成ると。

改めて自己の在庫管理能力の不足を痛感しております(^^ゞ

ただ、でも、少しでも新鮮な焙煎豆をお客様に販売したいと思うと、在庫はギリギリ少なくしたいとも思ってしまいます。

本当はカフェを正式に開業して看板も出し店構えもちゃんとして本営業すれば、カフェ業務での焙煎豆の消費もある程度は必要と成り、焙煎豆は販売だけではなく業務としての消費分も回ってくるので在庫量も自然と増えざるを得ないと思うのですが。

現状ですとほぼ販売分しか焙煎豆の消費はしませんので豊富な在庫は鮮度の観点から避けたいと思ってしまいます。

でも、最近焙煎豆をご購入して頂くお客様が少しずつ増えて来ていますので、今までの自分が描いていた「この位しか売れないだろう」という感覚よりも意識的に見込み販売量の予測を増やして在庫調整していきたいと思います。

まあ売れてるって言ったって、本業で焙煎豆販売されていらっしゃる方やお店に比べたら笑われる程度の販売量でお恥しい現状です(^^ゞ

何時の日か「自家焙煎豆販売」と「カフェ司」の看板を高々と掲げて正式に本業として頑張れたら良いなと思っています♪p(^o^)q


貸し出し用手動ミル追加購入

★貸し出し用手動ミル追加購入

手動ミル

手動式のコーヒーミルを追加購入。

Café 2kasaの焙煎豆をご購入して頂くお客様に、豆から挽いてコーヒーを味わって頂くご体験用の無料貸し出しサービス用具として用意させて頂いています。

煎り立ての新鮮な焙煎豆でも、粉に挽いた瞬間からたった数分で豆の15%を占める脂質が酸化劣化してしまいます。

なので美味しくコーヒーをお飲み頂くには豆の状態でお買い求め頂き、ご家庭で飲まれる直前にミルで豆を挽いて粉にして淹れて飲まれる事を自家焙煎豆を販売する店としてお薦めしています。

ミルを手で回してゴリゴリと豆が挽かれる手応えと共に焙煎豆の挽き立ての芳ばしさを感じるるのはとっても贅沢で楽しい時間です。

しかも挽き立ての粉で淹れたコーヒーの味わいは別格に美味しい。

そんな素敵なご体験をして頂きたく無料貸し出し用のミルを用意させて頂いておりますので、もしご興味ご希望御座いましたら、焙煎豆のご購入時にお気軽にお申し出下さいませ。

 

★Amazonで購入出来ます♪

ミルの回転軸が複数支点で粒度のブレが少なく、また挽目の調整が本体を分解しなくても簡単に目で見て確認しながら調整できますし、刃の材質はセラミックで洗浄可能なのでお手入れも簡単で、実際に豆を挽いた感じも安定していて挽き易く薦めの一品です♪(^o^)v


予約焙煎販売お請けしています

★予約焙煎販売お請けしています

予約焙煎販売受付中

焙煎豆の当日売りのご予約分です。

Café 2kasaでは事前にご希望の豆種と焙煎度orブレンドの予約を頂ければ前日or当日にオーダーローストさせて頂き、煎り立ての新鮮な焙煎豆をご購入して頂けます。

もちろん、当日急にコーヒー好きなお客様が来るからとか、コーヒー好きなお友達の所へ行く事に成ったからプレゼントしたいので焙煎豆をご購入したい場合等でも在庫の焙煎豆で宜しければ、当日急にご来店頂いてもご購入頂けますが。

もし、事前にご購入日時が決まっている場合はご予約のご連絡を頂けますと煎り立ての新鮮な焙煎豆をご用意させて頂きますので宜しくお願い致します。

生豆には元来成分として自重の約15%の脂質を含んでいます、この脂質は豆が発芽して育つ為の栄養素として必用でとても大切な成分ですので、生豆の状態では豆外には漏れたり滲み出たりはせず1年ほどは鮮度的に劣化はしませんが。

焙煎で熱が加わり豆にひびが入ったり、また細胞壁が壊れて豆にスポンジのような隙間が空くと、内部の脂質が外気に触れたり、豆外へ滲み出て来たりして酸化劣化が起きますので、理想で言えば煎り立ての焙煎豆をご購入頂くとコーヒーをより美味しくお飲み頂けますのでお勧め目です。

コーヒーの焙煎豆は生物で鮮度が大切と覚えておいて下さい。

ちなみに焙煎豆は豆の状態なら、、、

密閉容器で常温で2週間ほど持ちます。

密閉容器で冷蔵庫に入れたら1カ月ほど持ちます。

密閉容器で冷凍庫に入れたら2カ月ほど持ちます。

焙煎豆を粉に挽くと、、、

表面積が数千倍に成り、酸化劣化も比例して数千倍早まりますので。

もし仮豆を粉にしたら2.000倍に表面積が広がるとしたら。

2週間は20.160分ですので。

20.160分÷2.000=10分

という計算式から導き出される答えは、、、

豆の状態で密閉容器で常温で2週間ほど持つのが、粉にするとたった10分で同じ位に劣化してしまいます。

じゃ、粉にして買って帰って直ぐに冷蔵庫に入れて保管すると考える人も居らっしゃると思いますが。

粉にしてから超急いで10分で家に帰って冷蔵庫に入れたとしても、粉にして10分は=密閉容器で常温で2週間ほど経過したのと等しいので、豆を購入して常温で置いといてから二週間後に冷蔵庫に入れたのと同じ事に成ります。

焙煎して熱を通した焙煎豆は生物です、もしスーパーの冷蔵庫のお刺身を買って家に戻ってから数日間常温でほっといてから冷蔵庫に入れても冷やしてるから大丈夫でしょうか?

鮮度とは不可逆性の劣化と成り、密閉と冷やす事は劣化を遅くは出来ますが、後から冷やしても鮮度は回復しません。

上記の理由から、、、

コーヒーを美味しく飲んで頂くには、煎り立ての新鮮な焙煎豆を豆の状態で購入し、淹れる直前に挽いて、淹れ立てを飲まれる事をお勧めします♪(^o^)v


ダイソー500円手挽きミルハンドル延長

★ダイソー500円手挽きミルハンドル延長

ダイソー500円手挽きミル

先日購入したダイソーの500円の手日はミルですが、、、

刃を回すハンドルの長さがちょっと短くて挽き難い感じなので。

延長ステーを取り付けて改良してみる事にしました。

 

分解


まずはミルのヘッド部分を分解します。

写真向かって左がノーマルの状態で。

写真向かって中が刃を回すハンドルを外した状態。

写真向かって右がハンドルの取っ手を外した状態。

 

延長ステー


ハンドルを延長するステーです。

どの位の長さを延長するのが使い勝手が一番良いのか分からないので。

念の為に長短二種類の長さのスターを購入。

力学的な改良って人間工学との兼ね合いもあって、実際に改良して使ってみないと最善策が解らないですから。

実務上良さそうな数値が複数考えられる場合は、改良時に選択肢の全てを同時に装着して実際に使って確かめてみるのが、最終的に実務効率が高く成ります。

後で、、、

もう少し短い方が良かった?とか、もう少し長い方が良かった?と悩むのは、答えが出してないから悩むので、改良時に一度に試しておけば後々の迷いを無くせますし、実証済みなので結論も確実で安心です。

 

ネジ・ボルト・ワッシャー


とりあえず必要に成りそうなネジ・ボルト・ワッシャーを購入。

 

横から図


横からの図。

ハンドルに延長用のステーを取り付けて見ました。

 

上から図


上からの図。

 

下から図


下からの図。

 

延長完了


長短二種類の延長ステーの取り付け完了。

 

セット


実際にヘッドへ延長改良したハンドル部分を取り付けてみました。

 

実証


実際に延長ステーで改良したハンドルでコーヒーの豆を挽いて使い勝手を確かめてみました。

※ノーマル>ハンドルが短いですからてこの原理から抵抗が大きくてちょっと力が必用なので、指や手の力が弱ってる方や弱い方には少し疲れちゃうかも、でもそれを承知の上で弱ってきた指や手の運動・リハビリとするのならある程度の抵抗が有って力が必用なのも有りかな。

※短い延長ステー>支点と力点の距離が長く成って、弱い力でもスムーズにハンドルを回せて楽に挽けます、本体をテーブルの上に置いてハンドルだけを回して挽くのに良い感じです。

※長い延長ステー>延長する長さが長いので最も挽くのに必要な力は少なくて済みますが、ハンドル長が長く成った分だけは回す距離も大回りに成るので、本体をテーブルなどの上に置かずに、本体も片方の手で持ち上げて、両方の手をクルクル回して挽くのにはとても使い易い長さに成ります。

結論としては、、、

ノーマルなら指と手を鍛えるのに向いていて。

短いステーは本体を置いて挽くのに向いていて。

長いステーは本体を持ち上げ、両手でハンドルと本体の両方をクルクル回して挽くのに向いている。

というのが司の結論です。

まあ、器械や道具や方法は、一長一短で。

使う側の使い方や改良次第では、ニ長にも三長にも成れますので、何事にも向上心を持って創意工夫しより良い結果が残せるようワクワク感を持って日々暮して行きたいと思います♪p(^o^)q

なお、Café 2kasaで焙煎豆をご購入頂いているお客様が、このダイソーの500円(+消費税)の手挽きミルをご希望の場合は、、、

改造の材料費と手間賃を無料サービスにて本体代金のみで延長ステー改良した品をお譲りさせて頂きますので、もしご希望の方は焙煎豆ご購入時にお気軽にお申し出下さいませ♪(^o^)v


タンザニアAAの6ロースト探求完了

★タンザニアAAの6ロースト探求完了

タンザニアAAの6ローストサンプル

タンザニアAAの6ローストサンプルです。

新しく仕入れた生豆「タンザニアAAスノートップ・エーデルワイス農園」の6焙煎度の探求ができました。

6焙煎度は「浅煎り・ミディアム/Medium roast」「中浅煎り・ハイ/High roast」「中煎り・シティ/City roast」「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」「深煎り・フレンチ/French roast」「超深煎り・イタリアン/Italian roast」です。

焙煎の探求とはこの6焙煎に相応しい「ディベロップメント(焙煎度合)」と「メイラード反応(味わいに深く関与)」を見つけ出し行えるように成る事です。

さて司は、、、

この生豆「タンザニアAAスノートップ・エーデルワイス農園」での6焙煎で理想とする「ディベロップメント(焙煎度合)」と「メイラード反応(味わいに深く関与)」を見つけ出し行えるように成るのに、いったいどれだけの焙煎を繰り返す必要が有ったでしょうか?

6焙煎の最善の焙煎レシピを具現化するのに、たった6回の最短回数で出来たのか?

それとも平均2回ずつで12回?3回で18回?4回で24回?

少ない回数だと良く言えば「新豆へのアジャスト能力が高い?」か「焙煎器を完璧に使いこなせている?」、悪く言えば「目指すべき結果が甘い」か「焙煎てそんなに簡単なの?」と成り。

多い回数で良く言えば「そんなに努力しているの?」か「焙煎て凄く難しいんだ」、悪く言えば「芯豆へのアジャスト能力が低い」か「焙煎器の特性を把握できていない」と成るでしょう。

実際にに必要だった回数と、どういう内部事情なのかは、、、秘密(爆)

もし気に成ったら、、、

実際に司と顔を合わせる機会が御座いましたらその時にでも「新豆のタンザニアAAの6焙煎の仕上りまでには何回の焙煎回数が必用だったのか?」とご質問くださいませ、そっと小声であなただけにお教えさせて頂きます♪(^o^)v


シュ君の狂犬病予防注射

★シュ君の狂犬病予防注射

旧穴切り小学校

今日は旧穴切り小学校へ我が家の愛犬シュシュ(ミニチュアシュナウザー/ホワイト/オス)の狂犬病予防注射に行って来ました。

※参考ブログ=2010年5月10日アトム(後日シュシュと改名)が一才の時に三軒目の里親として我が家にやって来た♪\(^o^)/ > http://2kasa.jp/blog/?m=20100510

 

積極的なシュ君


人間に対しては結構ビビリなシュ君なのですが、犬には積極的に近付きに行くので、ワンちゃん達を見つけてグイグイ引っ張っています♪

 

仲良し♪

 

仲良し♪

 

仲良し♪

 

仲良し♪

 

仲良し♪


何匹ものワンちゃんと仲良く出来てシュ君はとっても楽しそうでした♪(^o^)v

シュシュは今年で10才。

小型犬の平均寿命だと10年~15年程なので、、、

あと何年予防接種に来れるのか?

一年でも長く予防注射に来れたら良いなと思います。

まあ、そんな事言っていて私が具合悪く成っちゃって一緒に来られなく成っちゃう可能性も無きに有らずかも(^^ゞ

という事で今日のようにシュ君共々あと数年は元気に一緒に予防注射に来れたら良いなと思ったりする今日この頃の司です♪(^o^)v


赤ちゃんのお誕生記念写真&ダイソー500円手挽ミル

★赤ちゃんお誕生記念写真

Happy baby Photo

今日は久しぶりに「赤ちゃんのお誕生記念写真/Happy baby Photo」の出張撮影業務。

数時間前に生れたばかりの赤ちゃん「はつま君」です♪\(^o^)/

新生児の記念写真はこの日この時だけの特別な思い出としてこの世でたった一枚の宝物。

そんな記念で大切なお写真を写させて頂けるのはとっても光栄な事だと思います。

 

赤ちゃんのお誕生記念写真


今時の事情ですから、、、

おめでたい話題は気持ちが明るく成って良いですよね♪\(^o^)/

 

★ダイソー500円手挽きミル購入

ダイソー500円手挽きミル

100均のダイソーで販売価格500円(+消費税)の手挽きミルを購入。

今話題に成ってるので売り切れしている事が多いので、現状それだけまとめて入手している人は珍しいかも♪p(^o^)q

ミルの挽目の感じとしては普通かなぁという感じ、でもまあ価格が500円なら大満足でしょう。

そして優秀なのは挽目の変更が分解しなくてそのままワンタッチで簡単に5段階に変更できる点と、現在の挽目の設定が目で見て確認できる事です、この2点は実用上とっても重要な機能で使い勝手に差が付きます。

マイナス点としては、一度に挽ける豆の量がギリギリ詰めて30g程度とちょっと少な目、でも挽いた粉が溜まる下部のガラス容器には100g程度入るので、一度に30g以上挽きたい時には豆を足せば良いのでまあOKです、逆に粉が溜まる下部の量が少ないと凄く面倒ですけどね。

あと一つのマイナス点としては挽く時に回すハンドルの長さがちょっと短いので力が要ります、テコの作用の支店力点の関係からハンドルは長い方が力が要らず楽に回せますのでもう少しハンドルが長ければ良かったかなと思います。

あとは耐久性ですが、、、

こればっかりは使ってみないと分かりませんけど、でも500円ですからね、普通手挽きミルだと安くて4000円前後はしますから、1年で壊れてとしても、4000円出せば8個買えますから、そういう意味では耐久性も500円という価格で十分OKだと思います。

実際に挽いて確かめた挽目の設定ですが、一番粗挽きはちょっと大き過ぎて使い道がないかも、二番目の粗挽きは酸味と甘味を好まれる方用の粗挽きとして良い感じで、中間の挽目は本当に中挽きとしてスタンダードな感じで、二番目に細か挽きだと苦味がお好みの方に丁度良い感じでした。

とにかく価格500円(+消費税)の手挽きミルとしては最高の一品だと思いますので、このダイソーさんの手挽きミルが一般に知れ渡ったら、多分他社の5.000円前後までの価格帯の手挽きミルはあまり売れなく成っちゃうのではと心配に成っちゃいます(^^ゞ

でも、500円って価格はとっても魅力が有ります、この価格なら気楽にミルを購入して豆を挽いてコーヒー淹れてみようかとお客様が想って頂けると思いますので、コーヒーの焙煎屋として豆のままご購入して頂き、挽き立ての美味しい味と芳ばしさを楽しんで頂く機会を増やせる可能性が広がりますので、そこそこの機能のミルがお手頃価格で購入できるのは大歓迎です♪p(^o^)q

なお、、、

ハンドルの長さが短くて回し難いという点ですが、簡単な改良で改善出来そうなので後日その改善の様子をブログにUPさせて頂きますのでお楽しみに♪(^o^)v


縮毛矯正のお客様

★縮髪矯正のお客様

縮髪矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がりです。

こちらのお客様は去年に初来店を頂き、今回が三度目の縮髪矯正。

まだまだ縮髪矯正始めて三度目で一年経っていませんから、キッチリと矯正が効いてる分けでは有りませんし、カットも縮髪矯正が整うようなレイヤーやシャギーとは言えないので修正のカットが必要な状態です。

本来なら、もう少し長く、あと5cm長目に切って有れば、毛先の重さで跳ねずに肩に沿って収まり髪全体のシルエットとしては整うのですが。

今回はお客様のご希望が短くとの事でしたのでこの写真の長さまで約10cm以上を切りました。

でこの長さに切るまでに最初に5cmカットして、その次に二度目のカットとしてもう3cmカットして、さらにその次に三度目のカットとして2cmカットして、やっとお客様からOKを頂きました。

そのアウトラインの長さのカットの度に髪の中側へシャギーを入れて切り直す作業も繰り返しました。

なので三人分のカットをした事に成るのですが、その手間はどうしても必要な手間と成ります。

一度でこの位短くても良いだろうと面倒がってスパっと切ったら、万が一、十に一つ、切り過ぎた時に取り返しがつきません。

でも、少し長かったら、切り足せばOKなのです。

つまりは元に戻せない不可逆性のミスは絶対に避けるべきだけど、直せるミスは手間暇かければ補えるので結果としてOKと成れるのです。

技術者の上手には二つの意味が有ると思います。

上手に出来る巧みさと、失敗しない謙虚さ。

巧みさだけなら行き過ぎる危なさを伴ないます。

その危険を補う謙虚さを伴なって初めて巧みさは価値が有ると思います。

ミスを少なくする為の手間暇は惜しまない、それを面倒と感じるのなら技術者には向かないと思います。

という事で、今日も「丁寧を持って最善を尽くす」事が出来ました♪(^o^)v

でもね、、、

齢60才を迎えた身としては、気力と体力が何時まで続くのか心配です(^^ゞ

一日も長く「丁寧を持って最善を尽くす」が出来るよう健康に気を付けたいと思います♪p(^o^)q


セリ君ご来訪♪

★セリ君ご来訪♪

セリ君♪

ご近所のお友達のセリ君が飼い主さんとご来訪。

セリ君は本当にお利口さんでとっても可愛いワンちゃんです♪(^o^)v

今日は飼い主さんにCafé 2kasaの焙煎豆をご購入頂けました。

今回お買い求め頂いたのは「タンザニアAAスノートップ・エーデルワイス農園」の。

「中浅煎り・ハイ/High roast」と「中深煎り・フルシティ/FullCity roast」を各150gずつ計300gをお買い求め頂きました。

中煎りの爽やかな酸味と豊かな甘味がお好きなのか?

中深煎りの深い苦味と芳ばしさがお好きなのか?

そのお好みの結果で今後お求め頂く焙煎度の指針として頂くテイスティングの意味合いも持ったセレクトとさせて頂きました。

前回に、ご来訪の感謝とお礼として今司が最も気に入っているシングルストレートの「エチオピア・モカハラー・ボールドグレイン」の「中深煎り/FullCity roast」をサンプルとしてお渡しさせて頂きましたが。

その焙煎豆を実際にお飲み頂いて「こんなに焙煎豆でコーヒーの味わいと香りは違うのかっ!」と驚かれ、そしてその味わいを気に入って頂けて、今回のご購入に来て頂けたとの事でした。

有難いお言葉です。

そして自信を頂けるお言葉です。

自分だけの自信は自惚れで裏付けと確証が有りません。

でも、他の人から頂けたお褒めのお言葉は確証と裏付けを得た自信に成ります。

自信って他の誰かに認められてこそ持ち得て誇れるものだと思います。

そういう意味で今日司はCafé 2kasaの焙煎豆に自信を頂けました。

これからも一人でも多くの方から自信を頂けるよう、技術者として「丁寧を持って最善を尽くす」という気持ちを忘れず精進続けたいと思います。


桜は苦手(^^ゞ#2

★桜は苦手(^^ゞ#2

このブログは毎年4月の2日に恒例UP記事と成ります。

お城の桜

甲府駅前のお城の桜です。

最近撮影から遠ざかっていてなかなか写真の作品作りしていませんが。

何故か私は桜を写すのが苦手で(^^ゞ

月曜定休なので撮影に行けるのも週一なので、雨やら風やら曇りやらとなかなか天候とのタイミングが合わず(^^ゞ

元々桜自体の一番綺麗に咲いてる期間も一週間程度と撮影期間も短く(^^ゞ

そんな訳で、、、

写しに行こうと思うとまで早くて満開じゃ無かったり、写しに行けたらもう散っていて葉桜だったり、そんなこんなでなかなか桜の良い作品が写せません、、、┐(‘~`;)┌

そんな中で、まあ最低これなら何とか良いかなと自分なりに納得できる桜の作品は過去に二枚だけ残せていて、この写真はその一枚です。

まあ、ひねりにひねった構図で誤魔化しているような写真ですが(^^ゞ

それでも何でも良さが無くては作品としては成り立ちませんので、そういうう意味では合格点な一枚だと思っています。

この一枚が残せたのは「稀に見る偶然偶然」と「奇跡的な幸運」がいくつも重なって成り立っています。

さて、、、

では、その「稀に見る偶然偶然」と「奇跡的な幸運」を説明させて頂きます。

撮影機材は「オリンパスE-20」で、当時はそこそこの性能のデジカメでしたが、今となってはあまり高性能とは言えないカメラてせす。

撮影した時の状況はとっても奇遇的で、、、

毎年春に桜の作品を残そうと必死に撮影に励んでいたのですが、、、

それまで毎年努力実らず写真の才能無いのかと悩み落ち込む事を繰り返していました。

明るい時間にカメラを持って桜の撮影に行けるのが、仕事が自営業で休みが月曜日に限られていて。

この写真を写す前日まで雨で、月曜日の朝に雨が上がって、現地に到着した昼時には少しずつ晴れ始めていたのですが、既に桜の時期は過ぎていたのと前日の雨で桜の花の多くは散っていて、枝に残っている花も雨に濡れて萎れていて、花としても枝としても樹としても桜の撮影は無理な状態で。

「あぁ、今年もまた桜の写真は写せなかった」と落ち込み。

うつむき、下を向いたら、、、

昨日からの雨だからこその水溜りに、時期を逃したからこその散り花が、幸運にも晴れ始めて木漏れ日からの日差しと晴れてきた青空が水溜りに映って、それら全てが相まって。

しょぼくれて肩を落として下を向いていた私の目の前に現実では葉桜なのに、満開に咲き誇り花舞い踊るまるで絵のような素敵な風景が広がっていて夢中でシャッターを押しました。

本来なら今年もダメと手ぶらで帰るマイナス要素満杯のシチュエーションなのに、落ち込んでうつむいたその目の先に今までで最高の構図が広がっていたという幾つもの奇跡的な幸運が重なって得られた一枚です。

この写真を見る度に思うのですが(私は無神論者なので、矛盾するかもしれませんが)、。。

もし神様が居るとしたら、、、

きっと無心に一生懸命に頑張った人には優しいんだと思いました。

頑張り続けたら神様は気まぐれにだけど時々少しだけご褒美を下さると。

だから写真で行き詰るとこの写真を見ては頑張ればきっと何とか成ると自分を元気付けます。

そして気まぐれな神様が「しょうがないちょっと褒美でもやるか」と言って頂けるまでは諦めずに頑張ろうと思いカメラを構えシャッターを押し続けるようにしています。

この写真は私にとってそんな一枚です。

なので、この写真の実際の見え方は上下反転が現実の風景で、作品として魅せる為に、上下を反転して表示しています。

なので、地面の水溜りに散った桜の花が、まるで空に舞っているように魅せられます。

私は正直、人物撮影なら、、、

「今まで写された主神の中で司さんに写してもらった自分の写真が一番好き」とか。

「こんなに自分の事が素敵だと思えたのは初めて」とか・

「この一枚は私の一生の宝」と。

被写体の方からお言葉を頂ける位には写せる自信があり得意としているのですが。

「桜」と「紅葉」という日本での風景写真の二大主題がぁ、、、大の苦手っ!(^^ゞ

なので、、、

私が作品として人様に見せれる桜の写真は今日の一枚(偶然に写せたひねりにひねった一枚)と昨日の一枚(平凡だけど本道の一枚)の二枚だけです(^^ゞ

桜が美しく咲き誇る期間は一週間ぐらいですよね、週一のお休みで写していたら今日の休みがダメなら来週の休みじゃ間に合わないという事で今後もなかなか桜の作品作りは難しいと思いますが。

諦めずに頑張りたいと思いますので、もし桜の良い一枚が残せましたらブログにIPさせて頂きますので、皆様首をキリンのように長くしてお心広くお待ち下さいませ(^^ゞ


桜は苦手(^^ゞ#1

★桜は苦手(^^ゞ#1

このブログは毎年4月の1日に恒例UP記事と成ります。

わに塚の桜

わに塚の桜です。

最近撮影から遠ざかっていてなかなか写真の作品作りしていませんが。

何故か私は桜を写すのが苦手で(^^ゞ

月曜定休なので撮影に行けるのも週一なので、雨やら風やら曇りやらとなかなか天候とのタイミングが合わず(^^ゞ

元々桜自体の一番綺麗に咲いてる期間も一週間程度と撮影期間も短く(^^ゞ

そんな訳で、、、

写しに行こうと思うとまで早くて満開じゃ無かったり、写しに行けたらもう散っていて葉桜だったり、そんなこんなでなかなか桜の良い作品が写せません、、、┐(‘~`;)┌

そんな中で、まあ最低これなら何とか良いかなと自分なりに納得できる桜の作品は過去に二枚だけ残せていて、この写真はその一枚です。

まあ、ひねりも独創性も何もない平凡な構図のつまらない写真ですが(^^ゞ

それでもオーソドックスで本道の直球ど真ん中な一枚を残せなければバリエーションへは進めません。

また、どれだけひねった写真を自慢したところで、基本を抑えられていなければ、どんなに巧妙に写しても基本を写せない誤魔化しとも言えます、

という事でこの一枚、、、

極々普通の変わり映えしない平凡な一枚で。

世間一般から見たら余り褒められる良作ではないと思いますが。

私にとっては基本の一枚として残せて一安心できた大切な一枚でもあります。

なので、、、

明日UPする「偶然ではありますがひねりにひねった一枚」を堂々とUP出来る為に必要な一枚でも有ります(爆)

私は正直、人物撮影なら、、、

「今まで写された主神の中で司さんに写してもらった自分の写真が一番好き」とか。

「こんなに自分の事が素敵だと思えたのは初めて」とか・

「この一枚は私の一生の宝」と。

被写体の方からお言葉を頂ける位には写せる自信があり得意としているのですが。

「桜」と「紅葉」という日本での風景写真の二大主題がぁ、、、大の苦手っ!(^^ゞ

なので、、、

私が作品として人様に見せれる桜の写真は今日の一枚(平凡だけど本道の一枚)と明日UPする一枚(偶然に写せたひねりにひねった一枚)の二枚だけです(^^ゞ

桜が美しく咲き誇る期間は一週間ぐらいですよね、週一のお休みで写していたら今日の休みがダメなら来週の休みじゃ間に合わないという事で今後もなかなか桜の作品作りは難しいと思いますが。

諦めずに頑張りたいと思いますので、もし桜の良い一枚が残せましたらブログにIPさせて頂きますので、皆様首をキリンのように長くしてお心広くお待ち下さいませ(^^ゞ


  • お知らせ

    ※焙煎豆の通販サイト運営開始

    https://2kasa.raku-uru.jp/

    上記URLにて、、、

    Café 2kasaの焙煎豆を遠方の方にもお買い求め頂けますよう焙煎豆の通販サイト構築してみました。

    諸事情ありましてまだ公に運営開始の告知や営業活動はせず、静かに地味ぃ~に運営しています、もしご興味ございましたら是非サイトをご覧頂き、ご購入頂ければ幸いでございます。

    ご自身のコーヒー淹れ用として、ご友人お知り合いの方へのプレゼントやちょっとしたお返し等でお気軽にご利用頂ければと願います。

  • カウンター

    今日
    昨日
    累計
  • 2020年4月
    « 3月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • アーカイブ

  • 予定

    ※近日中>暑くなって来たのでそろそろシュシュをサマーカット(6mm)にして上げる予定です♪p(^o^)q

    ※2020年7月5日(日曜)>ツイッターで知り合った方に初めて髪とランチと焙煎豆のご予約を頂き遠方からのご来店を頂きます。

    ※2020年7月19日(日曜)or20日(月曜)>プチソロツーリング、、、天候に恵まれたらルネッサ4DNで近場をメンテナンスがてらちょっと走ってみようかと予定しています♪p(^o^)q

    ※2020年8月中>予定は希望で現実には未定で不確定>もしかしたら想いは叶うかも、でも、多分ダメな可能性が高いかな、、、

  • Blog pickup ♪

    ブログの過去の記事からのピックアップコーナーです。

    2016年11月9日>迷い犬ちゃん

    2010年5月10日>アトム(後日シュシュと改名)が我家に来た♪

    2010年3月3日>今朝大好きなドックフードを食べながらマルちゃんは永眠しました

    2008年11月21日>迷い犬確保

    2003年7月14日>半身不随のワンちゃんの車椅子製作

  • 自家焙煎豆販売

    Café 2kasaでは自家焙煎豆販売をさせて頂いており、焼きムラを可能な限り抑えるため焙煎前に粒度調整し、豆のサイズを揃え熱が均等に入り均一な焙煎を得る為に丁寧を持って最善を尽くさせて頂いております。

    ※自家焙煎豆通販サイト
    https://2kasa.raku-uru.jp/

    ※自家焙煎豆紹介ページ
    http://2kasa.jp/blog/?page_id=14302

    またご購入して頂くお客様には新鮮な焙煎仕立て焼き立ての香り高い焙煎豆のテイストをぜひ味わいご体験して頂きたいので、ご購入ご希望の前日までにご予約頂けますと煎り立ての焙煎豆をお買い求め頂けます。

    なお予定外に急にお急ぎでご購入ご希望の場合は、事前のご予約を頂かない場合でも当日のお店の在庫からの販売、または当日約20~25分程度お待ち頂ければその場での焙煎にて焼き立てでの販売も可能でございます。

  • お問い合わせ

    ご相談やお問い合わせございましたらお気楽にご連絡下さいませ。
    TEL 055-228-0533
    Mail owner@2kasa.jp
  • 参加SNS

    ※もし宜しければ友達申請やマイミクやフォローお願いします♪(^o^)v





  • 下記の直近ランキング説明

    上部の「記事閲覧ランキングTop50」は過去の累積ランキンですが、下部の「直近閲覧ランキング」は、毎月1日に直近ランキングをリセットしています。

    ですので、リセットした日からの今この時までにブログへご来訪頂いている方がどんなページを見に来ているのか?orどんな検索ワードで辿りついているのか?が解るので、直近の世間の旬な興味の時流が何なのかという部分に触れられ、またブログの作り手として時に「えっ!何故この記事がランキング上位に来るのっ!?」という直近だからこその妙が有って凄く面白いです。

    もしご興味有りましたら下部の「直近閲覧ランキング」を時々ご確認してみて下さいませ♪(^o^)v

  • 2020年7月1日~直近ランキングTOP50

  • 直近ランキングの感想

    毎月1日に直近のランキングはリセットしていますので、その月毎に人気の記事ランキングが変わるのですが、その変り方とランキングの理由が全く理解できません(^^ゞ

    理解できないからこそランキングの項目と順位がとっても楽しみでもありドキドキしてワクワクします♪(^o^)v

    さて2020年6月はどんなページが直近ランキングの上位に来るのか?とっても楽しみです♪p(^o^)q

    ちなみに6月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 524 ビュー

    2>頑張ってみる♪p(^o^)q - 346 ビュー

    3>今夜は石和のバディへ♪ - 176 ビュー

    4>新宅君&浅川君 - 162 ビュー

    5>facebookからスパム判断され削除された - 133 ビュー

     

    5月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 345 ビュー

    2>今夜はカフェパストリアスへ♪ - 208 ビュー

    3>YBSラジオ生出演♪(^o^)v - 207 ビュー

    4>ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN - 193 ビュー

    5>コーヒー淹れ貸出用具「微粉セパレーター」 - 157 ビュー

     

    4月の直近ランキングTOP5は、、、

    1>ミュージシャンって凄いっ!城南海「メロディー」 - 450 ビュー

    2>スパイラル・ツイストパーマ - 203 ビュー

    3>今夜はカフェパストリアスへ♪ - 196 ビュー

    4>ヤマハルネッサ/RENAISSA/SRV/4DN - 195 ビュー

    5>YBSラジオ生出演♪(^o^)v - 178 ビュー

    という結果でした♪(^o^)v

  • Copyright © 1996-2014 司美容院 TSUKASA Photo Blog. All rights reserved
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress