★超ロングからクラッシックボブにバッサリとカット!

ラフハーフカット

縮毛矯正にご来店頂いているお客様が。

ほぼ腰の位置まで伸ばされた超ロングヘアーを短めの前下がりのボブへバッサリとイメージチェンジカット。

最初は荒切で本カットの準備として半分ずつラフカットします。

 

ラフカット完了


両サイドのラフカットが終わりました。

ロングヘアーと短めのカットでは髪自体の重みが違うので。

根元の立ち上がりと、根元の毛流の影響が、ロングとショートで影響が違ってきますので。

その差分を探るために手間暇がかかりますがラフカットをして大よその差分を見定めます。

 

ご確認


ラフカット後に頭が軽くなったと驚かれたお客様が。

どれだけの毛が切り取られたのか振り向いてご確認中です(爆)

この後に一度シャンプーして髪のクセを一度フリーにして。

ラフブローして乾いていく時の髪のクセの出方と。

乾いた時のサイドのアウトラインの流れ方と、襟足のラインの毛流の出方と、旋毛の毛流の出方を確認して。

少しずつ少しずつ慎重に、髪がどんな状態に成りたいのか?簡単に言えば「髪の声」聞きながら、私が仕上げたい形を髪伝えてご機嫌をお伺いしながら髪と相談しながら切り進める事に成ります。

よく耳にする職人話として、、、

上手で経験豊富な大工さんが木を見ると「木が何処を切ってくれと言ってるのか聞こえるような気がする」と言いますが、そんな感じです(^^ゞ

 

仕上り


短めのクラシカルボブカットの仕上がりです。

現状司美容院は縮毛矯正と傷まないカラーやパーマで多くのお客様に認めて頂いておりますが。

実は、、、

司は元々ショートカットが大好きで、特にボブ系や超短目の彫刻系の職人技での削り出すカットを得意にしています。

でも、最近は縮毛矯正と傷まないカラーやパーマの影に隠れて、その得意技を披露するチャンスがほぼ無くて残念だったのですが(^^ゞ

今日は久しぶりに得意のカットが出来てとても楽しかったです♪p(^o^)q

仕上がったカットのラインをお客様がご覧に成られて、、、

「凄いっ!何て美しいライン♪」とお喜びのお言葉を頂けました。

ハサミを派手に振り回して目立つ素振りで切るシャギーもレイヤーも入れないワンレンベースのボブは、切ってる所作はとても地味ですし、多分一般的の方から見ればただ真っ直ぐ揃えて切るなんてすごく簡単な事と思われる方が多いと思いますが。

襟足の数ミリ下という超短めのネープポイントから肩すれすれに前下がりのラインを、襟足からサイドからフロントまでを最も美しいカーブのラインを描き、それを襟足の毛流とトップの旋毛の位置と向きと毛流の強さに完璧にアジャストさせて、襟足の中心から左右に完璧なシンメトリーで切るには、本当に繊細で丁寧な職人技のようなカットを求められます。

それを超ロングからショートカットへ一度目のスタイルチェンジでアジャストさせるにはほぼ完璧な髪の動きの先読みが必須と成るのと同時に、石橋を叩くような慎重さも必要と成ります。

ですので、いくらショートとボブカットが得意とは言え、、、

今日、さあ切りましょうとハサミを持ってから、仕上りまで約2時間という時間を必要としました。

カットは長目に切る分には10回切っても100回切っても絶対に失敗はしません。

最善より長く切れてたら、後から切り足せば良いのです。

でも、、、

1mmでも最善より短く切ってしまったら、たった1束の毛をハサミを閉じても失敗と成ります。

だから失敗しない秘訣は常に長目に切って、どれだけ最善より長いのかを確かめ、少しずつ最善へ近づけていきます、近づけていく手間を惜しまない事が成功への近道と成ります。

無論、もう何度も同じお客様の髪を、同じ長さで、同じスタイルで切り続けていたら、その時の全ての髪のアウトラインの意味と崩れ方の関係性を完璧に自分で理解できますから。

迷う事なく一発で追善の長さにハサミを当てる事が出来て、まあどんなに難しいグラボブ系のショートカットでも20分も有れば切り終れます。

つまり普通なら20分で切れる司が、今回は同じヘアースタイルを切るのに2時間必用だったという事に成ります。

それは全て、短く切った時にどれだけ根元の立ち上がりが出て、どれだけ襟足や旋毛の毛流の影響が出て、また髪自体のクセがどう仕上がりに影響するのかを読み取る事と、それらの要因に完璧にアジャストしたカットはどういう切り方が最善なのかを構築するのに必要とした時間なのです。

そして、、、

その必要とした2時間という時間は、、、

朝の朝礼で今日の売り上げ目標をスタッフさんに唱えさせたり、お店の規模を大きくしもっとスタッフ数を増やしたいと望まれたり、支店の数を増やしたいと望まれるビジネス系の美容師さんからは、4.000円のカットに2時間もかけるのは愚かで無駄な事だと笑われるでしょうし。

店が終わってから鏡の前で、どんな風にハサミを振り回してカットすれば見栄えが良いかと研究したり、腰にガンマンみたいに下げるハサミを入れるケースの素材はどれが一番恰好良いかが重要なビジュアル系の美容師さんからは、カットに2時間もかける手間暇は、全く恰好良く無くて無駄な事とバカにされるでしょうが。

技術系美容師にとってその2時間は最高に楽しく幸せな時間なのです♪(^o^)v

無論、そこには切られるお客様もまた最善の仕上がりの為に2時間という時間を喜んで受け止めて頂けるという前提が有ってこそではありますが。

技術系美容師としては今日は本当に楽しい時間を過ごせました♪\(^o^)/

私にとって、、、

美容師は天職なのです♪(^o^)v

ちなみに、、、

写真もコーヒー淹れも焙煎も最善を尽くす手間暇工夫探求がとっても楽しいので、、、天職が沢山です♪p(^o^)q