ダブルステンレスドリッパー使用感

HARIO 粕谷モデル 『ダブルステンレスドリッパー』の使用感

実際にドリップに使用してみました

カップへ落ちる微粉はこんな感じ、、、

正直、これまでにダブルメッシュの金属フィルターを数え切れないほど使って来た司の感想としては、微粉はメーカーが謳ってる「落ちない」という表現程落ちない分けではなく、ある程度は落ちます、というよりむしろ落ちる方かなと思いますし、落ちる粒度も凄く細かい分けではなく、ある程度は舌触りとして感じ易い程度の粒度感だと思います

ただしその分だけはしっかりと豆の味わいを感じられて、言えば豆感を味わって飲める抽出器具ですからテイスティングは無論の事として、豆の評価時のカップリングにも十分使用できると思いますし、またその分は使用後の洗浄時に簡単に落とせますから手入れも非常に簡単です

正直微粉が殆ど落ちないペーパーフィルターに匹敵するマイクロメッシュも使った事が有りますが、一度使用して捨ててしまうペーパーフィルターならそれでもOKなのですが、使用後に洗って再使用する金属フィルターの場合は細か過ぎるメッシュでは使用後の洗浄に毎回超音波洗浄機を使う必要が出てしまい、とても洗浄とメンテナンスが大変で使い勝手という面で不利と成りますので、一概に目が細かければ良いという事では有りませんので、この辺の目率とメンテナンス性のバランスは使う人の何を求めるかという必要性によって最善の目率が変わってくると思います

ちなみに参考レシピとしては、、、

マンデリンのFullCityの15gを、Kalitaのハイカットミルの一番粗目で挽いて淹れました

なお司の実際の使い方としては下記の2kasa式で使用します

2kasa式ではカップの中へステンレスフィルターを直接入れて使用する淹れ方です

これだとサーバーへ落としてからカップへ移し替える手間がいりませんし

フィルターからポタポタと空中を滴を落としての無駄な酸化させる事無く、また空気に触れずにコーヒーをカップへ落とせるので香りも逃がさず淹れられ、サーバーへコーヒーの熱が移って冷めてしまう事も防げます

またカップにお湯が溜まるまでは透過式/ドリップで淹れられて、お湯が溜まって来ると浸透式/ボイルとして淹れられますので、両方の淹れ方の味わいのハイブリッド型として淹れられ、ドリップとボイルの良い所取りが出来るのでカフェ司 / Café 2kasaのメインの淹れ方として採用していて、カップリングとテイスティングの両方でもとても使い勝手の良い淹れ方だと思っています

2kasa式レシピの一例

豆15g>中挽き>湯温85度>湯量200g>ガス抜き(蒸らし)30gで30秒放置>ドリップ170g後放置3分>フィルタ―持ち上げ終了

なお抽出に使用するカップの素材の比重が重い場合(陶器・ガラス等)は熱が奪われますので抽出湯温90~95度をお勧めします、比重が軽い場合(プラスチック等)は熱が奪われないので抽出湯温85~90度で宜しいかと思います

その他のファクターは飲まれる方のお好みに合うよう一番美味しく感じるレシピを見つけてみて下さい

皆様もぜひ一度2kasa式で淹れて飲んでみて下さいませ♪(^o^)v