何と言う微妙な味わい表現!

感じ方は人それぞれですね

マンデリンのフレンチの浅目(AS38.5)という特別注文を頂いたご注文主のお客様がお買い求めにご来店

ご購入のご来店のついでにテイスティングをお願いさせて頂きました、、、

黒いカップはマンデリンのフルシティAS46.2です

今回お買い求め頂いたフレンチより約1段分浅目のフルシティで一般的には日本人の一番多くの方にこの焙煎度が好まれると思われる焙煎度ですが、、、

こちらのお客様ですと後僅かに少しだけ深煎りで苦さが立った味わいの方が美味しいと感じられる嗜好なので

やはり飲まれたご感想は「美味しいけどもう少し深味が欲しく成っちゃう」との事でした

黄土色のカップはブラジルのシティAS55.9です

飲まれた率直なご感想は、、、

「コーヒーと一緒に少し甘いケーキを食べ飲んだ時の後味に感じる甘さのような余韻が残る」

何と言う微妙な味わい表現!

まあ、、、

正直、、、

心の中で思わずガッツポーズです♪p(^o^)q

このブラジルの中煎りのシティ/City roastの焙煎レシピは「甘さ」を表現したく思案しましたので、黙って出して飲んでもらって想ったままのご感想の中に「甘い」という言葉を頂けたのならこれ程に焙煎者(少しはロースターと名乗れる日が近付いたかも)として嬉しい事は有りません

※カフェ司 / Café 2kasaでは焙煎豆のネット通販を承っております

カフェ司通販ショップ (raku-uru.jp)

ご機会ご興味御座いましたら宜しくお願い致します<(_ _)>