思考と嗜好を学ぶべく

生豆ど焙煎豆をセットで送らせて頂く

「タンザニアAAスノートップキリマンジャロエーデルワイス農園」の生豆とハイローストAS63.5です

この時の焙煎レシピは、、、

@piboc3_SRV250 さんが遠路埼玉からSRV250に乗られてカフェ司 / Café 2kasaに焙煎豆のご購入にご来店頂いた時に頂いた「ストレートでスッキリとフルーティーな感じでタンザニア」とのご希望に添わせて頂いた焙煎レシピです

※参照>  2021年5月10日のブログ

なので実際に送らせて頂いたのは一カ月程前の事で、今日の記事UPは一カ月遅れと成っています(最近ちょっと忙しく=ブログネタも多くてUPが遅く成る事が多いです)

最近では手鍋・手網・手回し・電子レンジ・小型機等でご家庭でも気軽に自家焙煎をなさる方が増えて来ています

そういうホームロースターな方々は「自分の手で焙煎するのが楽しい♪」と楽しまれていらっしゃいますが、その中には趣味の範疇を越えてプロと同等かそれ以上のローストクオリティーな方もいらっしゃいますので

そういう手練れの方に、生豆と焙煎豆をセットで送って、司の焙煎豆のご試飲と、ご自身での焙煎された焙煎豆と飲み比べた時のご感想をお教え頂いています

例え200gを網や鍋で手で振って焙煎していたって、何百万円の大きな焙煎器で焙煎していたって、美味しさを求める気持ちは同じでその想いに優劣の差は有りません

何十回と何百回とご自身の手で振って焙煎して、目の前の焙煎豆からの香りや煙やハゼ音を間近に真剣に感じながら一生懸命に焙煎したそのご経験は、ある意味で仕事として焙煎している立場よりも、ずっと純粋に美味しさを追い求めているとも言えます

なので、その真摯なお心な方からのご感想は時として思わぬ新境地へ誘って頂け、とても新鮮で興味深く助かり有難い導きと成ります

どんな道具や器具や方法で行ったかではなく

どんな結果かが大切で重要です

プロでもアマでも関係ありません

売っていて仕事でも、自部や家族の為だけの趣味でも

どう焙煎してどんな味なのかが一番重要で

店の大きさや場所や内外装の店構えやパッケージやラベル等の豪華さやお洒落感や売り上げの規模はその次です(儲けたい場合はこっちが重要)

でも、まあ、そんな甘ちゃんの理想主義だから何時まで経っても儲ける事が下手なんですけど(^^ゞ

でも、創意工夫や理の追及を心から楽しみ求める事を仕事と出来て一生を過ごせたらとっても幸せですよね♪(^o^)v

って、あれ?私は何の話をしていたんでしたっけ??

そんな事をあれこれと考え過ごしている司です(爆)