★超縮れ毛の縮髪矯正のお客様

仕上がり


縮髪矯正のお客様

遠路清里からのご来店

先月にカラーにご来店頂き翌週に縮髪矯正でご来店予定だったお客様がご都合により少し日にちが遅れてご来店頂けました。

遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」だと思います、だから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、昨日までも、今日も、そして明日も、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q
.
.
.
.

髪の縮れの幅は約5mm

髪の縮れの幅は約5mm


こちらのお客様のクセ毛の質は凄く細かなクセでいわゆるジリジリで見た目にはナイロンたわしのような状態です、参考の為に一緒に並べて写した十円玉の幅が約20mmで、髪の縮れの幅は約5mmで、髪の写真の右側が根元の新生部で元々のクセのままでチリチリ状態で、写真の左側が前回の縮髪矯正で処置して真っ直ぐに成っている中間部に成ります。

この髪質を一度の処理で限りなく根元から真っ直ぐにクセを矯正するには、薬剤の持っている作用量を全て限界まで使い切らなければお客様が望まれる結果が得られません、ですのでその際の危険さと起こりえる不具合を十分に説明して納得して頂いて作業をさせて頂いています。

薬剤の塗布の一刷け、アイロンプレスの一当て、その全ての工程で細心の注意と微妙な捌きが求められる仕事となり、物理的な仕事の責務は重いですが、それだけ難しい仕事を求めて頂けるほどに信頼を頂けているという技術者としての喜びも一際大きい仕事です。

清里から甲府だと高速使っても片道一時間以上のご負担です、数年前に東京から清里に引っ越されて来られてからずっと縮髪矯正とカラーに司に通って頂いています、本当に嬉しいです、光栄ですし、自分に自信が湧き誇らしい気持ちにさせて頂けます、、、美容師冥利に尽きる、そう思わせて頂けるお客様。

本当にありがたいです、、、/(_ _)\

でも術中は毎回怖くて怖くて震える思いでの仕事となります(^_^;;

難しい仕事は怖い、だけどお客様に喜んで頂けると嬉しい、また次も頑張ろうで今日まで続けてきました、怖さを持って仕事をする事は本当に大切です、同じ仕事を何十回しても何百回しても、初めての時の緊張感を持って臆病さを忘れずに驕らずに手を抜かずに丁寧に続けて行きたいと思います。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.