★さとしやさんがカットにご来店

さとしやさん


さとしやさん

http://homepage3.nifty.com/satoshiya/Index2.html

いつもお顔の左側の構図での写真が多いので今日は左顔の構図で撮影させて頂きました。

この位のベリーショートカットに成りますとアウトラインを形成する技術と共に、髪の長さ・太さ・密集具合による色合わせという技術も必要に成ってきて、最終的には数ミリ単位の微調整では足りずに1mm以下のコンマ何ミリという微調整が必要に成ってきます、通常ですと理容師さんが使われている範疇の技術なんですけど、この色合わせを苦心してカットする行程の難しさが何ともいえずに楽しいのです、手仕事が大好きな性質なのでこういう仕事は辛さより楽しみの方が上回ってしまいます。

最近思うのですが、天職ってその仕事をしている時間が楽しいって思える仕事の事を言うのかもしれないのですが、そういう意味で私にとって美容師もカメラマンもとっても楽しいので天職なのかなって思います♪p(^o^)q

他に楽しいって思える事は・・・うふ♪(内緒)

.
.
.
.
★地理的なハンディキャップはどうにもならない(T_T;;

現在私は美容室での美容師としての仕事と共に、兼業としてカメラマンとしての写真撮影の仕事も請けています、両方の仕事であまり積極的な営業活動や強い客引きは行っておりませんが、それでも生計を立てて食べていかなければてけないので最低限の営業は行っています、美容院としてはHPやブログとして自分のドメイン内でのWeb広告がほとんどですが、カメラマンとしてはWeb上の数箇所のカメラマン紹介コンテンツに登録しています。

そのカメラマンとして登録してあるカメラマン紹介コンテンツから月に数件程度の撮影のご希望を頂けるのですが、殆どの場合で撮影場所が東京でという仕事が多く、そうなると山梨在住の私の場合は撮影場所までの移動と準備だけで片道3時間必要で、往復だと6時間程度が移動だけに必要に成ってしまい、数時間の撮影業務でも実質的には丸一日仕事になり、それにプラスして往復6時間に対しての出張費+交通費が必要なので、どうしてもクライアントさんのご希望を満たす料金より割高に成ってしまい、折角頂けた撮影のご縁を結べずにお問い合わせのお声を無駄にしてしまう結果が多くてとっても残念です。

無論、これまでに東京・埼玉・静岡・長野等の県外での撮影でもクライアント様が出張経費や宿泊代金までも負担してお仕事を依頼して頂いて撮影もさせて頂いておりますが、そういうありがたく幸運な仕事は現実にはなかなか少なく、撮影のご依頼の殆どが都内か東京近辺なので地理的なハンディキャップにより撮影のご縁が結べない事が多いです。

今日も私の最も得意とするポートレート撮影の撮影のお声かけを某カメラマン紹介サイト経由で頂けたのですが、都内での撮影なので多分遠距離ゆえの経費面でクライアント様にご負担を強いるので撮影のご縁を結ぶのは難しく本当に残念でした。

でも、山梨に居るからこそ頂ける撮影のお仕事も有る訳ですから、努力ではどうしようもない事に対して愚痴を言うより今自分にできる事を一生懸命に頑張り、あれやこれが足りないと嘆くより、あれもこれも有る、あれもこれも出来る、あれもこれもさせてもらえる今を喜び感謝して生きて行きたいと思います。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.