★縮髪矯正のお客様

遠路千葉からのご来店


(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

.

遠路千葉から縮髪矯正のお客様のご来店を頂きました、最近髪質が変化してちょっとクセの出方が強くなってきたので、今日のレシピは少し伸びを重視した調合と術で対応させて頂きました、仕上がりの質感はなかなか良かったようで、お客様からはツルツルなのにサラサラでしっとりした上質の絹のような手触りと艶が蘇ったと、仕上がった髪をずっと触って喜んで頂けました♪v(^o^)

私は遠路からのお客様は「神様からの頑張ってる技術者へのご褒美」だと思います、ですから次もまた遠路からご来店頂けるように精一杯頑張ろうと思います、何時までもご褒美が頂けると良いのですが、、、精一杯頑張りまっす!p(^-^)q

.
.
.
.
★通常の営業時間は夜7時までなのですが、、、

当店では忙しく働いて髪をするお時間の無いお客様へのサービスタイムとして毎週金曜日は受付時間を延長して夜10時まで受付けしています、夜10時までの受付けでしたら毎日のお仕事などで夜遅くまで働いていたり家事でお忙しい方でもお仕事帰りにゆったり髪をして頂けると思いますので、仕事帰りや家事の後で夜ゆったり髪をしたい方は是非ご利用下さいませ。

サービススイーツ


本日のサービススイーツ

.

金曜日の受付け時間延長にご来店頂けるお客様の多くが、時間外に来店して悪いからと遠慮してお仕事帰りや家事後に少しでも早くお店に来ようと夕飯を食べる時間を惜しんで来て頂ける優しいお客様が多いので当店からのせめてものおもてなしとして空いているお腹を少しだけでも満たして頂けるよう手作りのケーキ等を毎週金曜日の受付延長時間帯にご来店頂いたお客様にサービスさせて頂いています。

お客様は優しいです/(_ _)\

.
.
.
.
★迷い犬

標識No04204号のワンちゃん


(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

.

甲府市平成20年度狂犬病予防注射標識No04204号のワンちゃんが首輪と鉄の鎖を付けた状態でお店の近所を迷っていたので車に轢かれでもして怪我したりしたらかわいそうなので確保しました。

ワンちゃんの特徴としては大きさは、ちょっと小柄なラブラドールぐらいで、毛は短毛、毛色はやや明るめの茶色、右側の耳が潰れ気味で寝ていて、首輪は茶色の皮製で銀の鉄のビスの飾りがあります。

.
.

少し迷惑顔なマル


(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

.

我が家のマルちゃんとご対面している迷い犬ちゃんです、迷い犬ちゃんはマルに好意的で仲良く成りたそうなんですけどマルちゃんは犬のクセに犬嫌いなので少し迷惑顔で顔をしかめています(爆)
.
.
.
.

標識No04204号のワンちゃん


(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

.

←じっと外を見て人が通ると立ち上がって飼い主かと待ち続けるワンちゃん(悲)

このワンちゃんはとっても良い性格です、最初はちゃんと知らない人として私を警戒して近付けませんでした、犬として当然の行為です、でも暫くして私が自分に危害を与える危険な相手ではないと分ると、私にちゃんと従って、警戒心を解き、なついて甘えたりするように成りました。

誰にでも無条件では尻尾を振らないで警戒も出来て、でも相手が自分に危害を与えなくて不審者ではない相手かどうか判断できて、自分を守ってくれる人と理解したらちゃんと従って、慕ったり甘えたりできるのは本当に犬として正しい資質と性格でとっても良いワンちゃんです。

しかも、私にどんなに甘えていても、しっかりと主人を待つ忠誠心を持ち続けていて、一人で居る時にはずっとお店の入り口の方を向いて、外を誰かが通りがかる度に飼い主が迎えにきてくれたと注意し続けています、いやぁ~飼い主に会いたいという気持ちが溢れていて可愛そうで、そんな仕草を見ていられなくなります(涙)

私がどんなに心から可愛がって守ったとしても、犬にとっては今日始めて会った見知らぬ人間ですし、鎖で繋がれている場所も全く知らない初めての場所ですから、このワンちゃんにとっては本当に心細い心境なんです、だからお店の外の側面の通路に繋ぐと一人ぼっちで知らない場所ですから、、、「クゥ~ン、、、ウゥオ~ン」=「寂しいよぉ~私はここに居るからご主人様早く私を見付けて迎えに来てぇ~」と大きな声で鳴くので結局お店の中の私の傍らに繋いで上げました、そうすると私の近くに居るので少しは安心するのか静かにしていられるようです。

という事で、このワンちゃんと離れて一人にすると悲しそうな声で鳴き続けるので困ってしまいます、家族は自分の家の犬じゃないんだから離しちゃえとも言いますが、それで車に惹かれたりしちゃったら可愛そうですし、とは言え一晩中泣かれても近所迷惑なので、今夜は私がお店でワンちゃんと一緒に寝る事にしました(^^ゞ

.
.

添い寝


(*)撮影>ニコンD300+トキナー12-24mmF4

.

←一緒に寝れるのがかなり嬉しそうで布団の上から降りてくれません(汗)

本来なら首輪に付いている平成20年度狂犬病予防注射標識Noが分っているので保健所に連絡して飼い主に連絡を取ってもらって飼い主に迎えに来てもらって直に終われるんですけど、迷って来て確保したのが金曜の夜で、、、保健所は土日祭日がお休み、、、明日は土曜日、明後日は日曜、しかも月曜日が祭日!、、、という事は最低火曜日に成らないと保健所に飼い主を探してもらう連絡が取れない=土日月の3日間は私はお店でこの可愛そうなワンちゃんと添い寝する事に成るのかなぁ!?(^^ゞ

.
.
.
.
★物撮りテスト5、、、物撮りのテスト撮影です

昨日からの続きです、今日は照明からの光が撮影ボックスの中のお数珠に映りこむキャッチの表現の違いの検証。

キャッチ表現の検証


(*)撮影>ニコンD300+NikonAF50mmF1.4D

.

照明からの光を撮影ボックスを通じてそのまま透過したキャッチの様子で、ほぼ真上に四角いキャッチが移り込んでいます。
.
.
.
.

キャッチ表現の検証


(*)撮影>ニコンD300+NikonAF50mmF1.4D

.

上記の白く四角いキャッチに加えて、四隅の角を三角の形でトーンダウンさせ明暗のアクセント表現を加えたキャッチにアレンジしてあります。
.
.
.
.

キャッチ表現の検証


(*)撮影>ニコンD300+NikonAF50mmF1.4D

.

上記の白く四角いキャッチ+四隅の角を三角の形でトーンダウンさせ明暗のアクセント表現を加えたキャッチに対していわば真逆のアレンジとして、角のエッジを消してほぼ真円のキャッチの表現にしてあります。

上記の上・中・下の3パターンのライティングはキャッチの表現は変えて有りますが、基本的なライティングとしてはフラットな表現で、被写体の表面がマットな質感なら最適なライティングになるのですが、お数珠の場合は物によっては材質が石で表面がツルツルで、言葉で例えればまるで”丸い鏡”を写している事に成りますので、通常は理想的なフラットなライティングでも石の質感が伝わらないのでここから全く違ったアプローチのライティングでお数珠を写さなければならないという事が解って来ました。

一口にフラットな光の回り具合のライティングと言っても、それを現実にするのは大変です、しかしそこからさらにまた違ったアレンジを求めてライティングを探っていくのは苦しいのですが、その苦しみ以上に探究心が刺激されてとっても楽しいです、一応どういうアレンジにすれば石の質感が一番顕著に表せられるのか頭の中でシュミレーション出来ていて予想はできています、ただその予想が当たっているのか間違っているのかは実際に予想したライティングで撮影して写真にして確かめてみないと何とも言えません。

さて私の予想は正しいのでしょうか、、、(期待と不安)