幅5mmの超チリチリ毛の縮毛矯正

私が一番怯える日(本音)

縮毛矯正の仕上がりです

こちらのお客様の元々の髪のクセは、、、

写真向かって右側が根元部分の新生毛でお客様のクセで幅約5mm程のチリチリ癖の捻転毛で

写真向かって左側が前回縮毛矯正してクセを伸ばす処理済み毛です

これだけのクセが髪に有ると、ドライヤーやアイロンでブローやセットで整える事は不可能で、縛って済ませようとしても毛玉状態に成るだけで、おおよそ女性が装うという姿にまで整える事は不可能です

何もしなければチリチリにパーマをかけたアフロヘアーのような髪型に成ってしまいます

まあ、それでも、俗に言う「大阪のオバチャン」のようなチリチリパーマ姿で平気な方ならクセ毛のままでも良いのでしょうし

短く切ってしまうという方法も有りますが、大昔の男性のパンチパーマの髪型に成ってしまいます

普通の多くの女性ならもう少し品と清潔感のある髪型に整えたいと願う方が多いです

そういう方には縮髪矯正しか叶える方法が有りません

つまりは女性が極普通の装いで身を飾りたいと求めた時に、幅5mmのチリチリ癖毛の方にとって、それを可能にする唯一の手段が縮毛矯正と成ります

少しクセが有って跳ねちゃうとかボリュームを抑えたい程度のクセの方とは必要性と依頼度が比べ程に成らない程に高く成ります

でも、、、

幅5mmのクセを縮毛矯正で伸ばすのは物凄く難しく危険で

なおかつ普通のクセ程度の髪での次回二度目以降分の重なりで抑え込んでいくという手法も使えません

何故なら、、、

幅5mmのクセ毛は縮毛矯正後に二カ月半以上経ってしまうと、髪の根元がモズクのような絡んだ状態に成ってしまい、髪を洗うとか梳かすとかごく普通の日常生活さえおくれなくなってしまうので

今日の一回の縮髪矯正の施術でクセを伸ばす事が求められます

「幅5mmのチリチリ癖毛をたった一度の縮毛矯正で伸ばす」

言葉で言えばたったそれだけの事です

理美容師さんならご理解頂けると思いますが

それを現実に行なうとした時にどれほどの困難さを伴なうのか?

それを20年程二カ月半に一度の周期で施術させて頂いて来ました

多分私の寿命は何日か分は削られたかなぁ?と思っています(^^ゞ

でもね、、、

もし神様がいらっしゃったとしたら

きっと頑張った人には優しくしてくれると思うんです

だからその身を削った頑張り分だけはご褒美で寿命を延ばしてくれるのではないかと勝手に思い込んでいます

無神論者だけど、、、(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください