アグトロンスケール考察-1

アグトロンスケールの運用は実務上非常に複雑で微妙な難解さを伴なう事柄と成ります

諸事情有り販売元様と輸入元様に問い合わせご相談させて頂き、詳細な検分と納得いくご回答とご説明を頂け、やっとアグトロンスケールの満足いく運用の目途が立ち実用に向けて動き出しました

現在実務に適した対応を行なう為の基礎データを積み重ね検証しています

カフェ司としては、、、

まずは一番最初の検証として、焙煎時にロースターが焙煎豆の「色・音・香り・煙・温度」を感じながら、今この豆はこの焙煎度で火入れを止めると決断し窯出しした時の焙煎豆の色味とは別の意味での、焙煎後の経過による焙煎豆表面のアグトロン数値変化の変数値実態を実際に焙煎した焙煎豆を、3タイプ別にサンプルとして日々観察計測してアグトロン数値変化率の詳細を検証しています

検証結果はそれぞれのお店・お方によって「豆種・焙煎器・焙煎レシピ・焙煎度・地域・季節・建物等々」の諸条件によって結果は違って来ると思いますので詳細は記しませんが、司の検証前の予想に反した「えぇ~!?♪」という面白い結果が出ています

原理原則からの推測、それでほとんどの場合は正しい結果を予測できますが、予測はあくまで予測で有って、現実でも真実でも有りません、頭で考える事は必要ですが、推測は想像で有り、結果は現実で、どちらが正しいかは是非の無い事です、頭でっかちでは何時か何処かで躓きます、面倒でも検証する事は大切だと思います、教わらない代わりに全てを推理し検証し創意工夫しを弛まず繰り返して最善に近付く、それこそがゼロスタートの特権(足掻き)です

検証内容の詳細としては某豆種の某アグトロンスケール値の焙煎豆を、、、

Sample A >「常温・解放平皿」の状態

Sample B >「常温・密閉容器」の状態

Sample C >「冷蔵・密閉容器」の状態

上記のA・B・C・の各3種類の保存状態で、ある生豆を・ある焙煎レシピで・あるアグトロンスケール値に焙煎した焙煎豆を200gずつ3パターンの保存状態での経過アグトロンスケール値変化の検証をしています

値がどう変化するのか?

値の変化の向きは常に一方方向なのか?

値の変化は直線的に上がるのか?下がるのか?二字曲線的に上がるのか?下がるのか?

値の3パターンでの違いは?

値の3パターンでの変化率の違いは?変異率は?

値の3パターンでの最終変化値がほぼ止まるのは何処か?

それぞれ1日後~2日後~3日後・・・10日後・・・20日後・・・30日後・・・2カ月後・・・数カ月後まで変化数値の変化率が誤差範囲と考えられる微小数値に収まるまで検証を続けます

また上記の3バターンの検証後には、、、

違う焙煎度での検証と、違う豆種での検証と、違う焙煎アプローチでの検証が必要に成り、それらの検証を全て行って初めて「時間経過における各豆種・焙煎度・焙煎アプローチでの時間経過変化」の検証をとりあえず簡単に行ったという事に成ります

そしてその検証が何故必要なのか?その検証をどう活用していくのか?はそれぞれの立場や考え方で違ってくると思います

言えば「そんな検証は全く考えた事も無い」という方も、または「そんな些細な事は検証するほどの事ではない」という方も、または「薄々気にしていたけど面倒だから調べなかった」という方も、または「明確な数値として調べる術が無かったから諦めていた」という方も、または「調べたらとても面倒で複雑で難解な実務を負うのが分かっているから避けていた」という方もいらっしゃると思います

焙煎に限らず仕事でも趣味でも芸術でも、誰が、何を、どう行うのか行わないのかは、個々の考え方と責任において決断し言動するべき事で、良い歳した大人が誰かに指摘されて行うべき事では有りませんので

何をもって正しいとか間違っているという事を、誰かに向かって是非を問う意図としてではなく、カフェ司の拘りで必用と考える事として、例え世の中の殆どの方が行なっていない行なおうとしない事柄で有ったとしても、司が必要と考えた事は司が納得いくだけ行いたいと思っています

まあ、格好付けた物言いしてますけど、、、

正直に言えば「どうなってるの?」という好奇心を抑えきれない「子供の事情」と、その後に浸れる「創意工夫」の至福の時を楽しみたいだけで

いい歳したDIY爺のみっともない「子供の事情」故の行いという事に成ります

お金を効率的に儲けるには、、、

コスト・生産性と売れる為の努力(立地条件・店舗外内装・パッケージとラベルデザイン・接客マニュアル・ユニフォーム・宣伝広告・狡猾なイメージ操作等々)の「大人の事情」を優先すべきです

でもね、、、

子供がね金儲け上手だと変でしょ?(爆)

だから司は何時まで経っても金儲け下手で何時も貧乏のままです(^^ゞ

だけど、、、

そのおかげで、、、

朝起きてから夜寝るまで司の頭の中では「どうしてなんだろう?」と「どうすればもっと良く出来るんだろう?」という「?」がずっと浮かんで居て、、、

好奇心と創意工夫のワクワク感に満ち溢れた日々を過ごせています♪

昨日まで楽しかったです♪

今日が楽しいです♪

明日もとても楽しみです♪

生まれて来て本当に良かった!

命よ有難う!

今というこの時に感謝!

この世の全ての方に幸多からん事を心より願います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください