★通常の営業時間は夜7時までなのですが、、、

当店では忙しく働いて髪をするお時間の無いお客様へのサービスタイムとして毎週金曜日は受付時間を延長して夜10時まで受付けしています、夜10時までの受付けでしたら毎日のお仕事などで夜遅くまで働いていたり家事でお忙しい方でもお仕事帰りにゆったり髪をして頂けると思いますので、仕事帰りや家事の後で夜ゆったり髪をしたい方は是非ご利用下さいませ。

サービススイーツ


本日のサービススイーツ

.

金曜日の受付け時間延長にご来店頂けるお客様の多くが、時間外に来店して悪いからと遠慮してお仕事帰りや家事後に少しでも早くお店に来ようと夕飯を食べる時間を惜しんで来て頂ける優しいお客様が多いので当店からのせめてものおもてなしとして空いているお腹を少しだけでも満たして頂けるよう手作りのケーキ等を毎週金曜日の受付延長時間帯にご来店頂いたお客様にサービスさせて頂いています。

お客様は優しいです/(_ _)\

.
.
.
.
★金曜日の受付け時間延長時間帯にご来店頂いたお客様にサービススイーツを食べて頂きました。

カラーのお客様


カラーのお客様

.

お客様より「お仕事帰りに閉店時間を気にせずに髪を染められると本当に助かります」とのお言葉を頂けました、平日の仕事終わってから髪ができると、その分だけ土日のお休みを家事や買い物や遊びに行ったり趣味の時間として一日中自由に使えるので仕事をしている女性としてはありがたいそうです、私もそうお客様から喜ばれるのが嬉しくて週に一日だけですが金曜日は夜10時まで受付時間延長しています。

時々夜10時からカラーの予約とか入ると終わるのは0時過ぎて次の日になっちゃう事も有りますけど、それだけ遅い時間までお客様はお仕事に頑張っていらっしゃるのですから、私もお客様にご協力させて頂いています。

それに夜10時から染めると言った来難い時間帯にお客様がご来店頂けるという事は、それだけお客様がお店に甘えてくれるという事で、お店を身近に感じてくれているという事ですから、お客様が我がままを言ってくれるというのはお店にとって褒め言葉なんです。

甘えてくれるほどお店を親密に感じて頂ける、それはお店にとって誇らしい事なのです♪p(^o^)q

.
.
.
.
★やっぱり地理的なハンディキャップは大きいです(T_T;;

今回も移動の距離・時間・経費の問題が、、、例えは10分で済ませられる数千円の簡単な撮影業務だったとしても東京までの出張撮影だと出張経費として最低1万円は経費として必要に成ってしまいます、もし私が都内在住で撮影現場まで山手線数駅移動+徒歩で移動できたら出張経費なんてサービスしてもペイできるので、クライアントさんの希望する撮影現場から近ければ軽い撮影の仕事でも気軽に請けれるんですけどね。

現在私は美容室での美容師としての仕事と共に、兼業としてカメラマンとしての写真撮影の仕事も請けています、両方の仕事であまり積極的な営業活動や強い客引きは行っておりませんが、それでも生計を立てて食べていかなければてけないので最低限の営業は行っています、美容院としてはHPやブログとして自分のドメイン内でのWeb広告がほとんどですが、カメラマンとしてはWeb上の数箇所のカメラマン紹介コンテンツに登録しています。

そのカメラマンとして登録してあるカメラマン紹介コンテンツから月に数件程度の撮影のご希望を頂けるのですが、殆どの場合で撮影場所が東京でという仕事が多く、そうなると山梨在住の私の場合は撮影場所までの移動と準備だけで片道2~3時間必要で、往復だと4~6時間程度が移動だけに必要に成ってしまい、数時間の撮影業務でも実質的には丸一日仕事になり、それにプラスして往復6時間に対しての出張費+交通費が必要なので、どうしてもクライアントさんのご希望を満たす料金より割高に成ってしまい、また私のスケジュールが数時間空いていても一日仕事と成ってしまい、折角頂けた撮影のご縁を結べずにお問い合わせのお声を無駄にしてしまう結果が多くてとっても残念です。

無論、これまでに東京・埼玉・静岡・長野等の県外での撮影でもクライアント様が出張経費や宿泊代金までも負担してお仕事を依頼して頂いて撮影もさせて頂いておりますが、そういうありがたく幸運な仕事は現実にはなかなか少なく、撮影のご依頼の殆どが都内か東京近辺なので地理的なハンディキャップにより撮影のご縁が結べない事が多いです。

今日も撮影の撮影のお声かけを某カメラマン紹介サイト経由で頂けたのですが、都内での撮影なので多分遠距離ゆえの経費面でクライアント様にご負担を強いるので撮影のご縁を結ぶのは難しく本当に残念でした。

でも、山梨に居るからこそ頂ける撮影のお仕事も有る訳ですから、努力ではどうしようもない事に対して愚痴を言うより今自分にできる事を一生懸命に頑張り、あれやこれが足りないと嘆くより、あれもこれも有る、あれもこれも出来る、あれもこれもさせてもらえる今を喜び感謝して生きて行きたいと思います。