「何届」の中身♪

昨日届いた「何か届いた」の中身です

Kalita(カリタ) 業務用電動コーヒーミル ハイカットミル タテ型

この「タテ型」なのが購入理由の一つ

挽き立ての粉をミル付属の粉受け缶に一度も落さずに、店売りの袋に直接入れるには「タテ型」の高さが必用だったのです

本当は豆の状態でお持ち帰り頂き、飲む直前に挽いて飲んで頂きたいのですが、お客様のご都合により粉に挽いてとご希望される事も有りますので

粉受け缶~店売り袋へ移し替える=挽き立ての粉を無駄に空気に触れさせる出し入れを避け、少しでも鮮度の良い状態でお客様にお渡しする為の、店売り袋へ直接挽入れられる高さが欲しかったのです

あとは挽ける速さです、可能な限り挽くのはお客様に挽いた粉をお渡しする直前に挽きたいのですが、そうするとご来店頂いてお渡しする直前に挽く事に成り、挽いている時間お客様をお待たせしてしまう事に成りますので早く挽ける事も必要でした

「店売り袋へ直接入れられる」そして「挽く速度が速い」この二つが今回のミル導入の理由です

それとハイカットミルは粒度が揃い易いので=豆種と焙煎度の味わいの違いを、味のブレが無く明確に飲み比べて頂け易いミルであるというのも理由の一つです

粉は挽き方の粒度が大きいと最近流行のスペシャリティーコーヒーの最も特徴的な酸味と甘味の味わいを感じ易く淹れられ、粒度が小さいとコーヒーの最も大きな特徴の深みのある苦味と芳ばしさの香りを楽しめますが

粒度が揃って挽けると抽出時により明確な味わいで淹れられ、その生豆の特長と、焙煎の意図を十分に味わえ芳しめる事が出来ますので、ミルの粒度の揃い方はコーヒーを味わうのに重要な意味と役割を持ちます

でも、まあ、 ハイカットミルがベスト商品なのではありません、言えばそこそこは使えるというベター商品です

何時かCafé 2kasaがもっと規模が大きく成って、機材に上乗せ投資が出来るように成ったら、その時は「そこそこ使えるベター品」ではなく、これが最善という「心に秘めたるベスト品」を備えられたら良いなと思っています

それまでは身の丈に合った今の自分に出来る事の範囲で、ベストでは無くても、可能な限りベストに近付けられるベターで頑張りたいと思います♪p(^o^)q

※下記にアマゾンで購入できるリンクを張っておきますのでご興味ある方はご覧下さいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください