★バーブ中島さんがカットにご来店
プチモヒカン

プチモヒカン


(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

東京にお勤めの時はもっと明確なモヒカンな髪型に切っていたのですが、甲府にお勤めが変わってからは少し大人しめにで、言葉で表すとプチモヒカン的な形に切っています、ショートカットの見せ場はサイド~バックから見た時のアウトライン表現です、頭部の骨格と、毛流の向きと強さと、髪質と、長さによって一人一人無限に変化するアウトラインを予測して切り上げます。

仕上げたいアウトラインのデザイン感覚とそれを現実にするカット技術の両方を高度な領域で表現するのがショートカットです、技術者にとって切っていて最高に楽しい時間でも有ります♪v(^o^)

 

★三つ編みパーマのお客様
三つ網パーマ

三つ網パーマ


(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

もう何年も続けて三つ編みパーマにご来店頂いているメンズのお客様です、このパーマのコツはとにかく丸く編むという事です、逆の言い方をすれば引っ張らずに編むとも言えます、引っ張って編むと網目が細長く成り、折り目の角度が甘くなります、そうするとパーマのエッジの角度が広くなり、曲がり角度が甘くて仕上がり時にキリっとしたリッジが出ません、ですから編む時に引っ張らずに押し込むような感じで網目を丸く出来るように編みます、ただしただ単純に押し込むだけでも折り目が甘くなりますから、押し込みながら同時に適度なテンションをかけて完全に隙間なくビッチリと編み込みます。

美容師なんだから上手で当たり前、その上にどんなに辛い仕事でも最初から最後まで丁寧に手を抜かない、それが薬剤と髪を生かす元に成ると思います♪v(^o^)

でもこのパーマすると指紋が無くなっちゃいますけどねその代わりに半年以上はその成果がお客様の髪に綺麗に残せますから指紋の一つや二つは惜しくは有りません、本来商売重視なら簡単に編んで2~3ヶ月でとれちゃうようなパーマが儲かるのでしょうけど、私は美容室の経営者=ビジネスマンの前に、手の抜けない技術者=商売下手なんです(^^ゞ

仕上がり

仕上がり

(*)撮影>ニコンD300+シグマ30mmF1.4

仕上がりはこんな感じです。

シャンプーして乾けば何もしないでこの形に半年以上は持ちます。

髪量の少ない方が手間要らずでボリューム出したい人に向いています。