★ルネッサのバイクナビの位置を変更してみた

ハンドルに取り付け

ハンドルに取り付け


ルネッサにバイクナビを取り付けているのですが。

ハンドル部分に取り付けていて、この位置だと日中に太陽の光が当たってしまって、時刻と方向によってはナビの液晶が見難くなってしまう時が有ります。

 

カウル内に移動

カウル内に移動


フロントカウルを付けたのでそのカウル内にナビを置いてみました。

カウルのスモークのウインドーが日除けに成って日中でも液晶が見易くなりました。

 

日よけ効果抜群

日よけ効果抜群


またハンドル部分だと手元位置を見る事になって運転中の確認では視線の移動が大き過ぎてちょっと見難いのですが。

カウル内のセンター位置でメーターの前で上の位置だと、前を向いて運転中でも、ナビの確認に視線の異動がほとんど無くて、安全にナビをチラ見できてとても見易くなりました。

でも、通常バイクナビの場合はナビの確認はヘルメット内にBluetooth/ブルートゥース接続でナビ音声がワイヤレスで聞こえる受信機とスピーカーを装着するので、液晶画面を確認する機会は少ないのではありますが。

それでも日中太陽の陽で液晶がほとんど見えないよりは見えた方が良いので、車と違って屋根のない屋外で使用するのが前提のバイクナビの場合はフロントにカウルが有るバイクで、そのカウル内に取り付けた方が視認性が良いと思います。