直冷アイスコーヒーレシピ

美味しさの方程式は無限

今年の夏の直冷アイスコーヒーのレシピが決まりました

しかし、、、

ホットもそうですがアイスにしてもコーヒーのレシピの広がりは無限です

それは100人居れば100通りの美味しさが有るのとはちょっと違っていて

豆種・焙煎度・豆量・湯量・湯温・抽出方法・抽出時間の各ファクターの数値を少しずつ変えてレシピを作ったら、一体その数はいくつになるのか?

まだ100人の美味しいに合わせて100通り淹れてる方が楽なのではないか(爆)

そんな事を考えながらホットもアイスも、もっと美味しく淹れられるレシピはないかと探しています

そその上、、、

焙煎まで自分で行っていると、素材の焙煎豆の焙煎レシピまで無限の広がりを持って焙煎出来ちゃうので始末が悪い(^^ゞ

つまりは極論すると、、、

何でもできると、何もできないのと同じ事に成ってしまう

逆説的に言えば、、、

制約が有れば有るほどに的は絞り易く成る

と言えるかもしれません(^^ゞ

楽しいのか?苦しいのか?わかりません(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください