★縮髪矯正の新レシピ
縮髪矯正仕上り

縮髪矯正仕上り


縮髪矯正のお客様の仕上がりです。

こちらのお客様は約三か月に一度の縮毛矯正にプラスして、二週間に一度のサイクルで髪を染めにご来店頂いています。

三か月に一度の縮毛矯正と二週間に一度の毛染めをして髪を良い状態に保つ為には特別なレシピでの対応が必要に成り、

毎回髪の状態を診断しながら縮髪矯正のレシピを作らせて頂いているのですが。

約一年前からの特別なトリートメントのレシピの効果が表れ始めて少し毛質改善効果が得られ始めたので。

今日は中間~毛先分部へ多少の縮毛矯正の入れ直しを含んだ新しいレシピで施術させて頂きました。

今回の新しいレシピでの結果は半年~一年後にハッキリと分かると思います。

私が大切にしている縮髪矯正の要素は大きく三つ。

※クセの矯正具合

※ダメージ具合

※毛質改善効果

クセの矯正具合は、元々縮毛矯正はクセの有る髪を真っ直ぐにしたくてなされる方が多いので、クセがどれだけ矯正できて真っ直ぐなストレートヘアーに成れるかはとても重要です。

ダメージ具合は、例えどれだけクセを真っ直ぐに矯正できたとしても、その髪が酷いダメージを負ってしまって、艶の無いバサバサで最悪な手触りに成ってしまっては台無しなのでとても重要です、

毛質改善効果は、上記の「クセの矯正具合」と「ダメージ具合」を良い状態でクリアー出来た上で、いろんな種類のトリートメントを最も効果的な方法で縮髪矯正の施術過程に施して縮髪矯正を行う前より艶やかでしなやかな手触りを得られるようにする事でとても重要です。

綺麗に整えたいし、傷めたくないし、艶やかでしなやかに成って欲しい。

あちらを立てればこちらが立たずという事もあり、あちらとこちらと両方立てれる事もあり。

過去のお客様の髪の状態と、現状の髪の状態と、今後お客様が望まれる状態。

それらを相互的に判断して的確な施術をご来店頂ける度にずっと必死に精一杯丁寧な仕事を繰り返す。

それが司美容院の縮毛矯正です。

もし、真っ直ぐで艶々でしなやかな手触りの髪を望まれた時には。

ぜひ一度司美容院の縮髪矯正をお試し下さいませ。