★テイスティング

飲み比べ


珈琲豆のインドネシアとガテマラの飲み楽べ。

 

10g


どちらも豆量は10gで挽目は細か目。

 

テイスティング


テイスティング。

コーヒーって、、、

一杯飲み終わってから新しく違う豆で淹れて飲み比べても。

先に飲んだコーヒーの味わいは記憶の中の味わいと比べる事に成り。

コーヒーの豆の味の差が元々僅かで。

それにプラスして私は一次記憶能力が極端に悪いので。

同時に淹れて右手と左手に持って一口ずつ同時に飲み比べないと。

正確なテイスティングが出来ないのです(^^ゞ

豆自体の味わいの違い。

豆量の違いでの味わいの違い。

豆の挽き目の違いでの味わいの違い。

豆の蒸らし時間の違いでの味わいの違い。

豆の抽出方法の違いでの味わいの違い。

豆の挽き目の違いでの味わいの違い。

豆の抽出温度の違いでの味わいの違い。

豆の抽出時間の違いでの味わいの違い。

豆の抽出時の流速の違いでの味わいの違い。

豆の抽出時のメッシュの素材や粗さの違い等での味わいの違い。

さらにそれらの各ファクターの無限に近い組み合わせのバリエーションでの違い。

これらは結局実際に淹れて飲み比べなければ味わいの違いが確かめられません。

でも、、、

まあ、、、

確かめなくたって誰も困らないのですけどね(^^ゞ

私が興味が有って確かめないといられない性質なのです(爆)