★8年間二カ月に一度の縮髪矯正

縮髪矯正仕上り


縮髪矯正の仕上がりです。

こちらのお客様が司美容院に縮髪矯正に初めてご来店頂いたのは今から8年以上も前の2009年6月17日。

※参考ブログ> http://2kasa.jp/blog/?m=20090617

その時の初縮髪矯正から今までの8年間ずっと二カ月に一度縮髪矯正にご来店頂いています。

ご来店時の髪の状態としては、、、

中間~毛先部分が強いブリーチと粗雑なカラー処理によりかなり激しい髪の傷みが有り、またカットも無用なシャギーによる毛量調整が過ぎてペラペラ状態と、とにかく中間~毛先部分のダメージが酷過ぎな状態でした。

そのような酷いダメージ状態だったので縮髪矯正とトリートメント効果により一度目の縮髪矯正の仕上りでの毛質改善の効果に凄く感激して喜んで頂き。

その時に毛質改善した髪のツルツルでサラサラでしっとり艶やかな仕上りの手触り感に感激されて、その手触り感が心に強く刻まれてしまい。

凄く細かなチリチリの強い癖毛ではなくて通常の髪の場合の縮髪矯正では経常的な劣化面では三か月周期で十分なのですが。

手触り感の毛質改善効果の劣化感は厳密には二か月目から僅かに減退していくのではありますが。

通常の場合その劣化感は素人のお客様ではまず絶対に指先で感じられるほどの減退ではなく、紙のプロの美容師でもよほど指先の敏感な美容師か、毛質改善効果を伴った縮髪矯正のスペシャリストでもなかなか敏感には感じ取れない微妙な減退感なのですが。

一番最初の時の既存毛のダメージが酷過ぎて、たまたま初めての縮髪矯正のレシピがドンピシャに当たって最高の毛質改善効果を体験し、その仕上りの手触り感に感激されその手触り感が心に強く刻まれてしまった為に。

本当に僅かな毛質改善効果の劣化が始まる二カ月目の指先に感じられる減退感が気に成ってしまって、その後ずっと二カ月に一度の周期で縮髪矯正にご来店を頂いています。

時々縮髪矯正をすると髪が傷むとか、髪が傷むからクセを伸ばしたいけどあまり短期間に続けないで間を空けて我慢するとか言われる場合が有りますが。

縮髪矯正をすると髪が傷むのではなく、また縮髪矯正を短期間に続けて繰り返すと髪が傷むのではありません。

「髪が傷むような毛質改善効果を得られない縮髪矯正をしたら」たった一年に一度の縮髪矯正でも髪は傷みます。

逆に言えば、、、

「髪に毛質改善効果の得られる縮髪矯正」を行って頂ければ、二か月に一度の周期で8年間縮髪矯正を続けても、すれ違う人が見惚れて振り返るほどのツルツルでサラサラでしっとり艶やかな仕上りの手触り感を得る事も出来ます。

何(縮髪矯正)を行うかではなく。

どのよう(毛質改善効果が得られるよう)に行ってもらえるかで結果は違ってきます。

その違いが手に職の技術者としての理美容師の経験と知識と技術の差で、それが職人としての誇りです。

ですので、もし縮髪矯正をしたいけど髪が傷むのが気に成るという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度毛質改善効果の得られる縮髪矯正をして頂けるお店・技術者さんに施術して頂き。

すれ違う人が見惚れて振り返るほどのツルツルでサラサラでしっとり艶やかな仕上りの手触り感を体験してみて下さいませ。

どの街でも探せばかならず数軒はそういうお店・技術者さんはいらっしゃるはずで、お客様を迎えるために日々研鑽し丁寧な仕事でお客様を待っていらっしゃると思います。

私は恥ずかしながらビジネス系の才覚くて、大きなお店も出来ません、何店舗も支店も出来ません、ただ目の前の自分の手でする一人のお客様しか出来ませんが、でも一生懸命にその時に出来る自分の全てで丁寧を尽くし仕事をさせて頂く事だけは頑張っています。

一人美(理)の小さなお店でも、大きくて綺麗で大勢のスタッフとか多店舗チェーン店にも、丁寧を持って最善を尽くす事では負けないよう頑張りたいと思います♪p(^o^)q