★金属フィルターのメッシュ比べ

フィルター淹れ比べ

先日入手した中目の金属フィルターと、、、

以前より使用している同じく中目の金属フィルターを、、、

豆・量・挽目・湯温・湯量・湯速等の各ファクターの組み合わせ別に地道に淹れ比べています。

 

フィルター微粉比べ


まあ言えば金属フィルターのカップリングとでも言える対比です。

コーヒーを淹れる時に、、、

微粉は少ない方がエグミや渋味等の雑味を抽出せずに済んで飲み味がより旨味だけカップに落とせるので味わいがクリーンで美味しく味わえて良いのではありますが。

微粉を削除し過ぎると、、、

コーヒー本来の一番代表的な飲み味である苦味やコクや芳ばしさというビター感が薄れてしまう事に成ります。

最近よく「まるで紅茶のようなフルーティー感」というようなコーヒーの淹れ方の飲み口の表現も多く耳にしますが、、、

だったら、、、

「紅茶を飲めば良いのでは?」と思うのは私だけでしょうかぁ(爆)

そこはコーヒーですから。

ある程度の苦味を残さないと折角コーヒーを飲む意味がない。

だけど苦味が苦手だったり嫌いだったり。

あるいは繊細なテイストを楽しみたい食べ物の時に、その食べ物の味わいを邪魔したくない時には。

苦味を少し控えて淹れたいという場合が有ります。

そういう場合には苦味を控えて淹れるのでコーヒーの豆の挽き加減は粗挽きに成り。

コーヒーの豆の選択も苦味の控え目な味わいの焙煎の浅い豆を使用する事に成ります。

そうすると、、、

ただ味の薄いちょっと苦いだけの口当たりに成ってしまって旨味感が減ってしまいます。

例えばお吸い物を作る時にただ薄い味で作ったら旨味感も薄くて美味しさとしての味わいは望めません。

では薄口のお吸い物でも美味しくするには?

味の濃さとしては薄くても、吸い物の中に含まれている味わいの数を重ねて旨味の奥行を深くすれば、相対的な味は薄くても旨味感は得られます。

いわゆるダシの質と量と数の重なりの奥行き感です。

その味わいの奥行き感をコーヒーで増す為には、、、

メッシュのサイズが大きければカップの中に落とせる成分と味わいが増えるので、ペーパーフィルターで濾し過ぎ・吸着し過ぎてしまうのを避けつつ、適度なメッシュでコーヒー豆の本来持っている油分やその他の多くの味わいを抽出できる金属フィルターの持つ特性が有意義に成ります。

ただし、、、

金属メッシュの目の細かさ加減によっては微粉がカップに落ち過ぎてしまい口や舌に感じる粉感が増えてしまって人によっては粉感が気に成ってしまいます。

無論その粉感をほとんど気になさらずに、それよりフィルターからカップに落とせる味わいの種類や旨みの厚さを好み求める人にとっては粗目のメッシュでの粉感は全く気に成らずに良い事が増える分だけ最善ではあるのですが。

全ての人が粉感を気にしないとは限りませんので。

カップに落とせる味わいと旨みに対してどの程度の粉感なら許容できるのか等を相対的に実際に淹れ比べてみて確認しておく事が、お客様お一人お一人の好まれ望まれるコーヒーの淹れ方に近付ける最善で不可欠な手段方法だと思います。

ですので金属フィルターのメッシュ加減の味わい感と微粉感の関係における確かめを豆・量・挽目・湯温・湯量・湯速等の各ファクターの組み合わせ別に地道に検証を行なって確認しています。

ただ、、、

こういう検証作業の工程って、、、

ワクワクしながら楽しめる単に美味しく淹れる工夫等の思考的楽しみが伴う工程とは違って。

おおよそ考えられる組み合わせの全てを地味に淡々と淹れ比べるという実に事務的で単純な繰り返し作業なので、創意工夫という創造的な知的好奇心の高揚感や満足感が全く無くて、、、

正直私は大嫌いなんです(^^ゞ

でも、より良い結果を得る為には、そういう地味で事務的な繰り返し作業で実際に行って得られるデータ収集の作業を行わないと辿りつけないので。

大嫌いなのですが歯を食いしばって頑張っています。

でも、まあ、そんなに嫌いで辛い事務的な繰り返し作業ならしなきゃ良いのですが。

でも、どうやれば最善の結果が得られるのか?それを頭の中で推理推測し自分なりの解決策を考えた時に、それが実際に正しいのか間違っているのか、またさらに良い結果を得る為らはどんな方法が有るのか?という、、、

自分の頭の中に尽きる事の無く次々と湧いて来る好奇心にどうしても勝てないので、、、

ついつい拘って真理を追究してしまう。

という厄介な性質なので困っています(^^ゞ