★トーンダウンカラー

トーンダウン

何時も縮髪矯正に来られていらっしゃるお客様が今日はトーンダウンカラーにご来店。

カラーレシピはヘアマニキュアのブラックの単色染め。

トーンダウンは通常のヘアカラーでも可能ですが。

神へのダメージを考慮しますとヘアマニキュアの方がはるかに傷みが少なく、またほぼアレルギーや肌荒れの心配が無くて安心安全です。

無論、通常のカラーでのトーンダウンでも良質なカラー剤を使用し、髪へのダメージが最も少なく成るレシピで施術し、術直後に毛質改善効果の高い良質なトリートメント処置をすれば、気に成るほどのダメージは負わずに、時には高い毛質改善効果により術前よりも手触り感が改善する事も可能ですが。

単に何も配慮せずに染めただけの結果でのダメージ具合ではマニキュアが有利と成り。

また染めた後の数影~1年後までの退色でもヘアマニキュアはブリーチ剤を一切用いないので元々の髪の色を脱色せずに染めるので、経過による退色=色褪せが起きないので、トーンダウンには向いています。

肩より下の長さのロングスタイルですと、毛先の髪は根元に生えて来た時から3年~5年の月日を越えて現在の毛先の位置に来ますので、その数年間という長い年月の劣化によりどうしても毛先分部に退色が起きて色褪せが気に成ってしまう事が有ります。

そういう式の毛先の退色を目立たなくするトーンダウンカラーにマニキュアはとっても良いのでお勧めです♪(^o^)v