★大人買い♪p(^o^)q

金属フィルター

金属フィルターを大人買い♪p(^o^)q

司のオリジナルなコーヒーの淹れ方の2kasa式と相性の良い金属フィルターをまとめ買いしました。

日本でのコーヒーの淹れ方としては(誰にも言えない大人の事情により)ペーパーフィルターを使用したドリップ式+蒸らし時間をおくと推薦されでた淹れ方で95%以上淹れられています(爆)

私はへそ曲がりなのと大人の事情を受け入れたくない派なので、あえてオリジナルな淹れ方を探り出してペーパーフィルターを使用しない2kasa式で淹れています、また蒸らし時間は大人の事情ではない理由でおいています。

その2kasa式では金属フィルターを使用してボイルとドリップの両方の淹れ方を織り交ぜた淹れ方なのですが。

当初私の予想だと日本人が大人の事情で一番慣れ親しまされているペーパードリップに一番近い味わいで淹れられる最もメッシュが細かい金属フィルターで淹れたコーヒーの味わいが最も多くのお客様から好まれるのではないかと思ったのですが。

ここ一年間お店で実際にお客様にコーヒーを細目・中目・粗目と三種類の金属フィルターで淹れさせて頂いた結果として、最近では一番多くのお客様から中目のメッシュの金属フィルターで淹れて欲しいとのご要望を頂くように成りました。

この中目のメッシュの金属フィルターを使用して2kasa式で淹れると、コーヒーの豆の本来の味を十分に味わえて、言えば「とってもふくよかな味わい」としてフレーバーではなくテイストとして味わう事が出来ます。

その良さを理屈を知らない判らないお客様が、一年間を通じて飲み続けた結果として多くのお客様がペーパーフィルターではどうやっても味わえない淹れ方と成る中目の金属フィルターでの味わいを多くのお客様がご希望されるという現状と成って来ています。

という事で今後は中目のメッシュの金属フィルターの使用率が高まると思うので、そのご希望に応えられるように予備分も含めて中目の金属フィルターを買い増ししてみました♪p(^o^)q

この中目のメッシュ率でワンカップ分の容量を抽出するのに最適なサイズの金属フィルターがなかなか売っていなくて。

去年の年頭に最初に中目のフィルターとして購入した金属フィルターのメッシュ列が気に入っていたのですが、現在はは既に品切れでもう購入できなくて、なかり一生懸命に中目のメッシュ率でワンカップ容量に使える金属フィルターを探してやっと探し出して購入できました。

ワンカップ以上の2~4カップの容量なら中目のメッシュ率の金属フィルターはかなりの種類が販売されていて簡単に手に入り易いのですが。

ワンカップしか淹れられない少量の容量サイズは一般的に売れる数が少なくて販売効率が悪く流通している商品がかなり少なく購入時の選択肢が狭くてちょっと困ったりします(^^ゞ

この辺もいわゆる大人の事情なのですが(爆)

そういう部分も含めて世の中では大人の事情に左右される事が多いのが実情なんでしかたないですよね(^^ゞ