★飲食店開業のあれこれ

カフェ司開業で飲食店の営業許可を取ったのですが。

その許可について何人かの方から質問を頂いたので、こちらに簡単に飲食店開業に必要なあれこれを書き記しておきます。

※注)各都道府県、各地域、各監督機関様によって法的基準の解釈や、その地域の方針の違いがあると思いますので、正しくは・詳しくは許認可を請ける担当の各監督機関にお尋ねしご相談とご指導を頂いてご確認下さいませ。

垂直壁

換気扇は垂直の不燃性の素材の壁で垂直に覆う事。

簡単に言えば目線より上の位置で水平面が有ると塵や埃が溜まっても気付き難く、それは飲食を調理する場所としては不衛生で不適切であるという事で。

同じ意味合いで、、、

食器棚等の上部の天井との空間も垂直な壁で覆う事や、天井に梁が有ればその梁の両面を垂直な壁で覆って落とし壁とする事や、照明は吊り下げ型は許可が受からないという事に成ります。

また壁面は砂壁のように触るとボロボロと落ちて来る素材はダメで、カーテンも同じような意味合いから厨房に有ると許可は下りません。

 

手洗い


客席スペースには手洗いが必用。

厨房やトイレ内ではなく、客席(通路でも可)のスペースに独立した手洗いが必要に成ります。

でも、、、

トイレは営業許可には必須じゃないのです(^^ゞ

飲食する場所には衛生面から飲食の前に手を洗う設備が必ず必要でそれが無いと許認可は請けられないけど、トイレは無くてもOK(爆)

そりゃそうですよね、手を洗うという衛生面の事と、トイレに行きたいという生理現象への対応とは別問題ですもんね(^^ゞ

あとは、、、

厨房のドアはアコーデオンドアではダメとか、、、

その他にもいろいろと飲食店の厨房に求められる許認可の条件は多々あります。

ただ、逆に言えばそれらの法的な必要条件を満たしてさえいれば。

専門業者さんとデザイナーさんに頼んで何百万~何千万と高額の費用をかけなくて、個人でこつこつとDIYして必要最低限の経費で仕上げても、どちらでも許認可は頂けるのです。

特に最近では古民家カフェ等の個人でDIYしての開業も多い時勢でも有ります。

なにわともあれ無事飲食店としての開業の許認可が頂けて良かったです♪(^o^)v

もし、、、

個人でのDIY等で経費を抑えての開業をお考えの方でお悩みの方は、ご相談やアドバイスさせて頂きますし、また格安での日当にてDIYのお手伝いもさせて頂きますので(爆)、飲食店開業時にご用の場合にはお気楽にご相談お声かけ下さいませ。