★微粉の除去器具

前回2018年6月27日のブログ< http://2kasa.jp/blog/?m=20180627 >にUPした微粉の除去器具に引き続き新しい微粉の除去器具を購入してみました。

左新・右急

写真向かって左が新しく購入した微粉除去器具で、写真向かって右が以前に購入した微粉除去器具で。

新しく購入した方が高さが1cm高いです。

 

ほぼ同じ


中身のメッシュ率や蓋等のパーツはサイズも素材も全く同じです。

違うのは本体の容器の1cmという高さの差だけで。

本体自体も高さ以外は形も素材も同じです。

うぅ~んどうしてこんな無駄をするんだろう?

製造コストで言えば同じ形で作った方が何割か安く作れるはずなのに(^^ゞ

しかもメッシュ率が違うとか、全体の容量のサイズ違いとかなら、使用者の用途によって選択する意味も有るけど、、、

高さだけ1cm変えられても意味がない(爆)

じゃどうして高さが1cmしか違わない物を購入したのかと言いますと。

まさか全く同じ物で高さが1cmしか違わない商品を売っているとは考えられないので、それ以外の違いが必ずあるはずだと思って。

じゃ、その違いは何なんだ?という好奇心がモリモリと湧き上がって、どうしても確かめずにはいられなかったというのが一番の理由です(爆)

二番目の理由としては、お客様からのご希望によって二杯飲み比べしたいとちうもんされた時に同時に二杯淹れるのに微粉除去器具が二個有れば便利。

三番目の理由としては、もし破損した場合に予備として手元に一つ余分に有った方が安心。

四番目の理由としては、とりあえずコーヒー淹れに凝っていると言うのだったら、誰かに「この二つの違いって何?」と尋ねられた時に「知らない」と答えるより、明確な違いをカフェ経営者として答えられるような知識と経験が有った方が良い。

五番目の理由としては、上記の1~4を理由を満たすのに一つ買い足すのに負担じゃない価格だったから(爆)

だって、、、

一つ数万円もしたら現実的に無理(^^ゞ

ところで、、、

本体の高さだけが1cmだけ高いという微細な違いな訳ですが。

ではその高さの1cmの違いは、実際に微粉を除去する時にどんな結果の差として現れると思いますか?または明確な差が出ない?

答えは差が出るとも、出ないとも言えます(謎)

さて皆さん答えを悩んでみて下さい。

その答えは、、、

両方購入して実際に使って比べてみた人だけが知れる特権です(爆)