★メジャースプーンあれこれ

基本的に2kasa式で淹れるコーヒーは、エグミや渋味等の雑味を極力カップに落とさず、また雑味の原因の過抽出も起こさず、粉にした豆の全てからムラなく旨味を抽出する淹れ方とし、お砂糖やミルクを入れて雑味を誤魔化さずに飲んでも後味すっきり爽やかにお飲み頂けるよう工夫し、多くの方からお砂糖やミルクを入れずにブラックで飲んでも美味しいとのお言葉を頂いています。

ただ、お砂糖やミルクを入れるのが前提の場合もあり、なおかつお客様にお出しする前に、事前にカップの飲み物に混ぜておいてからお出しする必要が有る場合が有ります。

通常のホットコーヒー等であればお客様がご自身の手でお好みで淹れて頂きお飲み頂いてOKなのですが。

現在レシピを研究中な「ホットミルクフォーム」と「カプチーノ」と「アイスカフェオレ」と「アイス緑茶オレ」ではレシピ上お砂糖とミルクを事前に入れておく必要が有りまして。

では、その量を「どういう数値に決め」て、その量を「どう正確に測り」それを「どうやって簡単に行える」かを解決する必要が有ります。

無論、毎回必要量をカップを量りの上に乗せてお砂糖入れからスプーンですくって少しずつカップに入れればOKなのですが、それではちょっと面倒というか無駄な手間暇がかかってしまう。

という事で、、、

まずお砂糖の量ですが、それぞれ「ホットミルクフォーム」と「カプチーノ」と「アイスカフェオレ」と「アイス緑茶オレ」では元々の量・味わい・味の濃さ等のファクターが違うので一概には決められませんが。

2kasa式での「ホットミルクフォーム」と「アイスカフェオレ」と「アイス緑茶オレ」の場合では、甘さのバリエーションとして、控え目/2.5g、普通/3.7g、甘目5gという量が良さそうで。

2kasa式での「カプチーノ」の場合では、控え目/3.7g、普通/5g、甘目7.5gという量が良さそう。

結果として上記のお砂糖の量のバリエーションだと丁度良い甘味感で飲めるという事を「もうお砂糖の入ってる飲み物は当分何も飲みたくないぃ~!」と思うほど何度も何度も繰り返し色んな数値で淹れては飲みを繰り返して飲み比べて、砂糖の数値を探り当てました(^^ゞ

計量手段として毎回量りの上に乗せて少しずつ入れては量って足してという操作は実務上無駄なのでもっと簡単に正確に効率良くできたらと考え。

計量をスプーンで行い、お砂糖のケースがスプーンをすり切れる直線上部分が有る形状の物を使用すれば毎回必要量が正確に簡単にスプーンで取り出せると考えました。

まずは、お砂糖を取り出すスプーンですが。

一般的に市販されている計量スプーンの多くは、大さじ・15g-小さじ2・10g-小さじ・5g-小さじ1/2・2.5g-小さじ1/4・1.25gという分量が多く。

7.5gと3.7gの容量の計量スプーンがなかなか見つかりません。

それでも何とか7.5gと3.7gの容量の計量スプーンを探し出したのですが、同じシリーズでその二つの容量を含んだスプーンのセットは存在せず。

素材も金属・プラスチック・陶器・木といろいろ有り。

値段や、入手し易さ、加工し易さ、洗い易さ、耐水性等を考慮し、、、

二種類のスプーンのセットを組み合わせ&加工して。

結局この組み合わせと成りました。

計量スプーン

写真向かって左から、、、

大さじ1>15g

小さじ2>10g

大さじ1/2>7.5g

小さじ1>5g

小さじ2/3>3.7g(5gを加工)

小さじ1/2>2.5g

小さじ1/3>1.7g

小さじ1/4>1.3g

これで15g-10g-7.5g-5g-3.7g-2.5g-1.7g-1.3gの8つの各容量を、毎回量りを使わずに、計量スプーンだけで、容器の形状を利用してすり切りさえすれば、とっても簡単に正確に必要とする容量を取り出して使う事が出来ます。

3.7gの計量スプーンは入手が難しかったので、、、

 

加工3.7g計量スプーン


5gのスプーンを熱変形加工して3.7g用として作りました♪p(^o^)q

 

お砂糖入れ


ちなみにお砂糖を入れとく容器はこんな感じ。

 

ふた分部


このふたの織り目の角が水平なので、、、

この部分にスプーンを押し当てて引けば簡単にすり切り計量が出来ます♪p(^o^)q

美味しく作るのに必要な手間暇は惜しみませんが。

ただ単に量るという行為には上手下手は有りませんし美味しい不味いには無関係で、正確で簡単ならそれが最善で再現性が高く成り、それがある意味では美味しさの基本と成ると思います。

雑にという「手を抜く」のではなく、合理的に効率的に行う為の「準備や工夫」は、少しでも美味しく飲んで頂きたいというおもてなしの心を込める事だと思います。

でも、神経質なのかなぁ、拘り過ぎなのかなぁ、と思ったりもしますが(^^ゞ

何事も「丁寧を持って最善を尽くす」で行きたいと思います♪p(^o^)q

ps:本当は形状劣化が少ないステンレス製の計量スプーンが欲しいので、今後も諦めないで7.5gと3.7gの容量が含まれているステンレス製の計量スプーンのセットを探し続けたいと思います。