★在庫管理は難しい

在庫

アイスコーヒーの在庫。

昨日が第三日曜日で定休日。

今日が月曜日で定休日。

という連休で販売数は少ないだろうという予測から現在の冷蔵庫内のアイスコーヒーの在庫は1Lが1本と2Lが1本で、2Lは小分けにすれば1Lとして2本販売できますので、合計3本と成ります。

今年の6月から2kasa式アイスコーヒーのテイクアウト販売を始めて、2カ月目の7月と、3カ月目の8月と三カ月間販売してきましたが。

一日で最も多く売れたのは7本(7L)で。

二日間で最も売れたのは12本(12L)でした。

また、販売の約2/3はご予約を頂いての販売なので、通常は6本程度の在庫が有れば足りる場合がほとんどで。

それを踏まえ、折角お客様にご購入においで頂いたのに売り切れて残念な思いをさせてしまう事を避けようと思えば、常に7~8本の在庫体制にしていればほぼ安心なのですが。

でも、少しでも新鮮な品をお渡ししたいと考慮すると在庫はギリギリ足りるだけに抑えたいという思いも有り。

ただ、まあ、アイスコーヒーは抽出後に冷蔵庫で保存していれば一週間~10日ほどは十分持ちますので、実際はご購入から数日で飲み切っられる方が多いので、それほど神経質にギリギリの在庫調整する必要もないのではありますが。

水出しを基本にした2kasa式抽出ですとアイスコーヒー抽出に12時間かけて製造していますので、今欲しいと頼まれて売り切れていたら最短でも12時間後にしかお渡しできないというケースも考えられて。

テイクアウトの在庫調整がなかなか難しく悩みの種と成っています(^^ゞ

なお、、、

私の長女がコーヒーをあまり好きではなく、その為にコーヒー淹れを研究しその成果としてお客様からコーヒー淹れに対して高評価を頂けて、カフェの営業許可を受けカフェをオープンし、月に何十本もアイスコーヒーの販売させて頂いているのに、長女から「私には何の恩恵も無くてズルイ」との切なるご希望(断固としたご指示)を頂きましたので(爆)

実は既に長女が飲める日本茶で、水出しを基本とした2kasa式アイス緑茶のレシピを研究し、現在何とか美味しく淹れられるレシピを数種類構築できまして、現在はその中のいくつかのレシピをお試しとし長女にだけ週に2本程度先行販売しています。

ただ、抽出に12時間かかるという事はレシピの研究と味わいの確認のテイスティングにも12時間かかるという事で、本当に極めたレシピを作り出すのに数カ月かかると思いますので。

来年の温かく成って来た5月頃から現在の2kasa式のアイスコーヒーのテイクアウト販売と並んで、2kasa式のアイス緑茶の販売も予定していますので。

そうなると、、、

アイスコーヒーとアイス緑茶と二種類のテイクアウト商品の取り扱いと成り、より一層在庫の管理と調整が難しくなり悩みの種が増えそうです(^^ゞ

でもね、、、

12時間かけて抽出した2kasa式のアイス緑茶とっても美味しいので、来年5月からの正式販売をぜひ皆様お楽しみにお待ち下さいませ♪(^o^)v