★10日に一度のカラー毛への縮毛矯正

縮髪矯正仕上り

縮毛矯正の仕上がり。

こちらのお客様は10日に一度の周期でカラーをされています。

もしこちらのお客様が来ていなかったら、、、

私は10日に一度の周期のカラー毛への縮毛矯正は怖くて仕事を請けないと思います。

では何故に現在請けているかと言いますと。

最初は、、、

2カ月に一度の周期で。

数年後に1カ月に一度の周期に成って。

その数年後に3週間に一度の周期に成って。

さらに数年後に2週間に一度の周期に成って。

最終的に現在の10日に一度の周期に成っていったのです。

つまりは15年ほどかけて2カ月に一度の周期から10日に一度の周期に成りました。

だから少しずつ周期が短縮されたので断るor逃げるチャンスを逸したのです(^^ゞ

そしてカラーの周期が月に一度から10日に一度の周期に変わる15年の期間、必死に頻繁にカラーした髪に縮毛矯正をしても傷まない毛質改善効果が得られる染め方と縮髪矯正とトリートメントレシピ作りに頑張ってきました。

そのレシピの探求ではこちらのお客様に新しいアプローチとして新レシピのチャレンジの一人目に何度も成って頂きご協力頂いて来ました。

カラーする時や、縮髪矯正する時や、トリートメントする時に、、、

「毛質改善の効果が有りそうな○□△を☆×!として使う新しいレシピを考えてみたのですがチャレンジせて頂いても宜しいでしょうか?」

というお願いを何十回何百回とさせて頂きました。

それらの何十回何百回とさせて頂いたアプローチの結果からの貴重なフィールドバックが有ったからこそ、現在カラーを10日に一度の周期でされる髪に3カ月に一度の周期で縮毛矯正を何年も重ねても髪を傷めず、毛質改善による効果で良い髪の状態を維持できています。

刀は刀鍛冶職人が鍛えますが、技術系の理美容師はお客様に鍛えて頂きます。

言えば、司はこちらのお客様に15年間カラーと縮髪矯正と毛質改善トリートメントのレシピと技術を鍛えて頂いたと言えます。

カラー剤と縮髪矯正剤とトリートメントの薬剤等は何を使うのか、れをどれだけの量使い、どの順番で使い、どれだけの時間使い、それらの全てをどのように組み合わせて使うのか、その探求を15年という年月を与えて頂き鍛え続けて頂けたのです。

だからこそ今日カラーを10日に一度の周期の髪に3カ月に一度の周期の縮毛矯正の仕事が請けれています。

お客様は仏様ですが、同時に先生でも有ります。

色んな事を学ばせて頂き、実践させて頂けて、良い時には褒めて頂けダメな時にはご指摘頂け、自分の仕事の結果と成果を教えて頂けます。

本当に有りがたいです<(_ _)>

お客様に心より感謝です/(_ _)\

ps::ちなみに、、、

こちらのお客様には司美容院のカラーと縮髪矯正とトリートメント時の使用薬剤の種類と、使用量と、使用の順番と、使用の時間と、それらの全てを含んで行う技術内容と意味を全て説明して理解して頂いています。

ですのでもし司の身に何か起きて仕事が出来なく成った時、こちらのお客様をされる技術者さんは大変だと思います。

10日に一度の周期で染めてる髪に3カ月に一度の周期で縮毛矯正を数年間重ねても傷まずに良い状態にする術とその理を全てご存知でご理解していらっしゃるお客様です、そしてそれを知っているのは私以外ではこちらのお客様ただお一人なのです。

ですので、、、

もし司がボケちゃったら、、、

傷まないカラーと縮髪矯正の仕組みを知りたい場合はこちらのお客様にお尋ね下さいませ(^^ゞ