★商魂たくましいっ!

カフェ司宛

何とカフェ司宛に広告の郵便物が届きましたっ!

今年の6月に大汗かきながら数日徹夜で孤独なDIYを頑張って「カフェ司」として飲食店舗の営業許可を頂いてから、看板もチラシも出さずに人知れずひっそりと地味ぃ~に営業していたCafé 2kasaだったのですがぁ。

こうゆう開業の情報ってどうやって手に入れるのでしょうかね?

単純に保健所さんとかに行って開業の情報提示を求めれば教えてくれるのかしら?

司カフェとしては飲食関係の組合とか保険とかにも入ってませんし、カフェ業務として電話帳登録もしていませんので、保健所以外には公的な機関からCafé 2kasaとしての開業の情報は得られないはずなのですが。

どちらにしてもほぼ誰も知らない吹けば飛ぶような極小営業のカフェ司宛にDMを送って広告活動なさるのですからその努力には頭が下がります。

きっとこの位の広告宣伝努力をする商魂が有るのが商売としては当然の事で有り、人知れず営業しているカフェ司のような営業姿勢では負け組確定ですね(爆)

もし、どんなに美味しいコーヒーを淹れられたとしても、その美味しいコーヒー自体を知ってもらえなければ、またその美味しいコーヒーを淹れるお店を知ってもらえなければ、その美味しいコーヒーは誰にも知られず誰にも飲んで頂けず、この世に存在していない事と同じという事に成ってしまいます。

だから本気で商売しようとするなら、まずは広告なのでしょう。

普通の品だって多くの人に広告すれば誰かが買ってくれます。

でも最高の品でも誰も知られなければ一つも売れません。

無論売れる事より良い品を作る事の方が物作りとしては正論なのでしょうが。

でも、まずは売れない事にはビジネスとして始まらないし成り立ちません。

美味しいコーヒーを淹れるという事だけで商売利益を考えなければ、それは言えば無料のサービスとか趣味なのでOKなんですけどね。

現状Café 2kasaとしては、司美容院にご来店頂いたお客様へのサービスとして無料でのご提供の業務がほとんどで、商売としてお金を頂く売り上げはほんとうに僅かな状態です。

無論美容院とカフェの二店舗を一人で同時には営業できませんので、現状の状態で精一杯なのではありますが。

広告して知って頂きご利用して頂くきっかけを増やすという事の意義を一通のDMを手にして改めて考えさせられた今日この頃の司です、、、σ(^_^)v