★昨日の何か届いたネタの中身

キーボード

昨日の何か届いたネタの中身は、、、

PC用のLEDバックライト付の日本語配列のキーボードです。

司の使用しているメインPCはお店に置いて有り、閉店後の夜に成ると照明は暗くするので、PCのキーボードがちょっと見難く成ります。

若い頃は少し位暗くても見えたのですがもう60才が目の前の初老とも成ると段々と暗いとキーボードの文字が見え難く成って来て文字入力が大変(^^ゞ

勿論照明を明るくすれば良いのですが、お店の天井高が高めの造作なので、キーボードの手元を明るく照らすとなると結構照度が必用で、私が独りの閉店後の店内を明々と照らすのも勿体なくて、見え易さと経費の両天秤で悩んでいました(汗)

そんな分けで以前よりキーボードの文字が光って部屋の照明を控えても文字盤が判別し易いLEDのバックライト付のキーボードを使ってみたいと思っていました。

ただ、問題というかちょっと困った事が有りまして、LEDのバックライト付のキーボードの良さげなのは英語配列の品が多く日本語配列のキーボードの方が品数が少なく。

また、キーボードの照明が全て同じ色の単色照明の品が少なく、三色で光るタイプが多くて、なかなか日本語配列&単色照明で良さげなLEDバックライトのキーボードが見つからずに悶々としていました(^^ゞ

そんな悶々とした日々を一年位おくっていたのですが先日やっと日本語配列&単色照明でLEDバックライトのキーボードを見つけたので購入してみました♪p(^o^)q

キーボードって身体(指)に使い勝手が沁み込んじゃう器具なので、どうしても何時も使っていたキーボードの方が打ち易く感じてしまい、単に見え方云々だけでは中々良し悪しは判別できませんけど、少し我慢して使えばキー配列はまた身体(指)が覚えますから、それ以降は文字盤が部屋の照明が暗い状態でも読み易い方が相対的には使い易いという事に成りますので、今後は使いこんで慣れ親しんでいきたいと思っています。

年を取ると、、、

段々と新しい事や物を受け入れる身体と頭の余裕が無く成る老化現象と、それを認めたくない&自己防衛本能から楽して優位性を固辞したいという愚かさから、昔の事や物は良かったと新しい事や物を拒絶してしまいがちです。

それは好奇心や探求心の劣化と、新しい事や物へのチャレンジに背を向けてしまう事に成り、その時点から身も心も老化と成ってしまうと思います。

身体は年取れば衰えます、目も悪くなるし指先の器用さも失われ手足の動きも緩慢に成るのは避けられません。

でも、頭の中は例え寝たきりに成ったって考える事はできます。

好奇心や向上心さえ失わなければ生きている間は常に自分の周りには新しい事や物は溢れているはずで、その理を楽しいと思えるか面倒と感じるかで、その人の若々しさの違いの差と成るのではないかと思います。

私は死ぬまで好奇心と向上心を持って日々をおくり、そしてそれをユーモアを持って周りの方の笑顔に変換しながら人生のキーボードを打ち続けられたら良いなと思います。

あっ、今、司が上手に話の落ちを付けました!σ(^_^)v