★ミドルレイヤーの分部パーマは特に、、、

ミドルレイヤー

ミドルレイヤーカットの仕上がり。

こちらのお客様は何時もカラーと分部パーマを同時にご来店です。

若干ご自身の髪にクセが有るので、そのクセに溶け込むようにセクションパーマのウエーブカールを構成し、仕上り時のボリュームと毛先の流れの位置と動き感を予測してカットします。

施術の順番としては、、、

カラー > 分部パーマ > トリートメント > カット > ブロー

という流れに成ります。

この施術の流れの中で司にとって一番難しいのがぁ、、、分部パーマです。

では一番簡単なのは?

実はカットです(^^ゞ

この場合の「一番簡単なのがカット」と成るのは若干の前提があり。

その前提によっては逆に「カットが一番難しい」と成ったりもします。

この「前提」については大人の事情によりここでは詳しく書きませんor書かない方が無難かな(爆)

もし気に成ったら、、、

司美容院orCafé 2kasaにご来店の際に「ブログで詳しく書かなかった”前提”って何?」とお尋ねください、詳しく解説させて頂きます♪(^o^)v

なお一般的なイメージとしては、、、

カットは短いショートカットが難しくて、長いロングヘアーも難しいと思われていて。

ショートとロングの狭間の中途半端な長さのミドルの長さのカットはそんなに難しくないと思われているとおもいますが。

実は本気で攻めると言うか高い完成度を求めると途方もなく難儀します(^^ゞ

とても断片的な言い方をすると、、、

ショートカットは完全に固定されている根元から、自由に動かせる毛先までの距離が短い分だけ、毛質や毛流や骨格等の個体差とカットの影響が大きいので、仕上げ方の影響は少ないのですが。

ロングヘアーの場合は完全に固定されている根元から、自由に動かせる毛先までの距離が長いので、毛質や毛流や骨格等の個体差とカットの影響が少なく、仕上げ方の影響は大きく成ります。

つまりは、、、

ショートの場合は、カットやパーマでのペース作りで仕上りの形がほとんど決まってしまいます。

ロングの場合は、カットやパーマでのペース作りでは形はあまり決まらず、仕上げ方次第で形がほとんど決まってしまいます。

ですから、、、

ショートの場合はシャンプー後に髪を丁寧にタオルドライしたら指かクシでさっと撫で付ければカットやパーマでのペース作りで構築した髪型に成ります(他の形には成り難い)。

ロングの場合はシャンプー後に髪を丁寧にタオルドライして指かクシでさっと撫で付けただけでは髪は濡れたままで形は整いません(ストレートと細かいウェービング系は除く)ので仕上げ方次第で髪型は自由に変化します(一つの形に維持し難い)

で、ミドルの長さだと、、、

その固定されるショートと、自由に動くロングとの狭間に位置して何ともかんともあやふやで技術者としてコントロールというか表現が難しいのです(^^ゞ

ただ、その漂うようなアンニュイさが何とも言えない雰囲気を醸し出して上手く行くととっても優しく素敵な仕上り感に成ります。

ショートより長くて優しい女性らしさも漂いますし、ロングより物理的にシャンプーや乾かすのも楽ですし。

ただ、、、、

アンニュイさ故に難しい(^^ゞ

このお客様の今回の仕上がりの写真は、カット終わってハサミを置いてブロー始めてから約5~7分(夏なら少し湿っていても寒く無いので形の付く最低限で5分・冬だと湿り気を残して終わるとお帰りの際に店外へ出てから冷えて寒い思いをさせてしまうので良く乾かす分だけ7分)ほどで仕上げ終った写真です。

髪のプロの美容師が仕上げてミドルの長さで7分以上時間がかかったら、素人のお客様がご家庭に帰ってからご自身でシャンプーした後に仕上げた時には美しく整えるのは難しいと思います。

ですからミドルの髪の長さの方は、美容院で美容師さんがハサミを置いてからドライヤーを持って仕上げ始めて、5~7分以内で仕上げが終わらなかったら、その時のパーマとカットでは家に帰ってからご自身でシャンプーして仕上げる時に美容院から帰る時の髪型の再現性は難しい(無論、お客様が最初から難儀な仕上り形のスタイルを求めている場合には当てはまりません)と思います。

なお、今回の分部パーマは、、、

フロントと、サイドとトップの一部分だけパーマをかけたセクションパーマですが。

パーマをかけた人工的なウエーブカール部分と、お客様ご自身の髪が本来持っている自然のクセの部分との区別が仕上りの写真を観て見極めが付きますか?

この人工的なウエーブカール部分と、自然のクセ部分の境目が溶け込み見極めが付かないような施術が分部パーマでの最大の評価点と成ります。

その境目を含めて髪のプロの美容師が丁寧に仕上げて整えたのでは意味がありません。

5~7分のラフブローで具現化する事に極みが有ります。

その極みを予測し施術し改善し続ける事が技術系の理美容師にとっては最高に楽しい時間なのです♪p(^o^)q

毎日、お一人毎にそんな幸せを頂けるのですから美容師はとっても素敵な仕事だと思います♪(^o^)v

お客様に感謝<(_ _)>