★手挽きミルの弱点(^^ゞ

各種手挽きミル

現状のCafé 2kasaで使用している手挽きミルです。

ハンディ用のコンパクトなミル以外の三機種は、軸の支点の支えが複数または筒状なので、、、

刃のブレが最低限に抑えられて微粉の発生率が低く、また手挽きですと豆を挽いて粉にする時に回転速度を低く挽けるので無駄な微粉が少なく熱酸化を避けて挽けて、豆の味わいを最も美味しく挽く事が可能です。

ただし、、、

手挽きですから、、、

コーヒーを1~2カップ分の10~20g程度を挽くのは苦に成りませんので、手挽きミルの良さの恩恵を最大限感じられて素晴らしいぃ~♪と成るのですが。

4カップ以上の40g~とか、数百g単位の豆を粉に挽くには手挽きだと負担が重すぎます。

司の場合は40gを手挽きで挽いたら、、、

心が「ポキ!」と折れました(^^ゞ

という事で、、、

最近お客様からCafé 2kasaで淹れさせて頂いたコーヒーをお飲みに成られて美味しいので「このコーヒーを淹れた豆を譲って欲しい」というご希望を数人から頂きまして、今月からご希望の方にCafé 2kasaで使用しているコーヒー豆をお譲りさせて頂いているのですが。

豆のまま購入してお帰りに成られて、ご家庭ではご自身で豆を挽かれて粉にして淹れられるお客様ばかりだったので良かったのですが。

「豆のままじゃなくて粉にして売って頂けるの?」というご相談を頂きまして。

豆・粉としての販売ですと最低100g単位で、多くの方は200gで購入される場合が多いので。

もしそうなると、、、

手挽きで100gとか200gを挽くと、、、

私は何度「ポキ!」と心が折れる音を聞く事に成るのか?と、、、

不安で子犬のように怯えている今日この頃の司です(^^ゞ

 

★Amazonで購入出来ます♪

ハンドルが縦回転なので力が入れ易く、豆を入れる上部と粉が落ちる下部が共にガラス製で中が見え静電気が起き難く、挽目を変更する機構が優れていて簡単に挽目の調整と確認が出来、機構的にミルの刃がブレずに粒度が揃って挽けるお薦めのミルです♪(^o^)v

 

※限定生産のプレミアムカラー「蒔絵(まきえ)」モデルです。

 

※通常タイプ【スノーホワイト」モデルです。

色に拘らなければ、、、

こちらの白色の方が機構と性能は同じで少しお安いです♪(^o^)v

 

個人で使用する手動ミルとしては最高級だと思います。

多目の豆を挽かれる方には、ハンドル径が長くて楽に弾けるのでとても向いていると思います。

 

携帯に便利なコンパクトミルです、歯はセラミックスで錆びたり金属臭しませんし、ハンドルは本体にセットして持ち運びに便利で良い品だと思います♪(^o^)v