★レイヤーのカットは折り紙♪p(^o^)q

レイヤーカット

レイヤーカットの仕上りです。

司がタオルドライしてからドライヤー持ってブロー始めて約7~8分ほどでのフィニッシュです。

髪のプロである美容師がブローして10分以上仕上げに時間がかかっていたら、そのカットとパーマではお客様がご家庭に帰られてからシャンプー後にご自身で形が整うようにブローするには30分以上はかかると思います。

ですのでこちらのお客様のセミロングの長さの髪で、美容室での仕上げで10分以上の時間を必要としていたら、そのスタイルをご家庭でご自身で再現するのは難しいorとても時間がかかって苦労すると思います。

また、カットやパーマした時の仕上げは、、、

美容師が今日のカットやパーマがこんなに上手に出来ましたと見せびらかすor取り繕う為ではなく。

今日のカットやパーマがお客様がご家庭に帰られてからご自身でブローやセット成される時に、簡単に美しく整う為のベース作りとして的確な施術を出来ているかどうかの為の確かめと成りますので。

カットやパーマ時の仕上げはお客様がご自身でブローやセットなされる程度のブロー・セットの技量と時間のかけ方でかなり雑に仕上げないと意味が無いと思います。

無論。その日の帰りに挙式やパーティー等にご出席の儀愛は、美しく整える為のブローとセットをさせて頂きますが、当日に普通に家に帰られる場合は、その日のカットとパーマの出来具合がご家庭での簡単な仕上げ方に的確に施術出来ているかどうかの判別に向けた方が、そのカットとパーマのご家庭での再現性の高さを求めるには向いていると思います。

さて皆様どうでしょう、、、

こちらのお客様の今日の仕上げに要したのは7~8分です、この程度の時間での仕上りで、この位に整っていればまあまあですよね♪p(^o^)q

ちなみに、、、

レイヤーのカットでは各セクションの髪のパネルを上や横にスライスしてカットします。

つまりは切った位置の髪は、仕上げる時には下に落ちる事に成り、カットしている時の髪の位置では仕上りの髪型とは全く違うのです。

例えて言えば、、、

折り紙で鶴を折る時に最初に追っている時は全く仕上りの鶴の形ではないように折っているのと同じです。

ですから全く違う形や位置での施術をしていながら、仕上がった時の移り変わりを的確に予期しながら全体の髪型を構築するカットと成ります。

つまりはレイヤーは折り紙なのです♪(^o^)v

そして、、、

刈り上げやショートボブのように切った切り口がそのままの位置と形となるショートカットの場合は彫刻のようなカットと成りコンマ何ミリという単位の正確さが求められます。

折り紙のような予測と表現力か?

彫刻のような実直な正確さか?

カットは大きく分けてこの二面性での施術と成ります。

たなみに司は、、、

折り紙も彫刻も共に大好きです♪p(^o^)q