★思い出したっ!>ワンちゃんの車椅子製作

昨日のブログの「人は優しいのです」を書いていて思い出しましたっ!

もう二十年近く前に成りますが司は近所の腰から下が半身不随のワンちゃんの為に車椅子を作らせて頂いた事が有り、その様子を過去にブログにUPしていました。

下記にその時の2003年7月14日のブログ< http://2kasa.jp/blog/?m=20030714 >から抜粋しますので、ご興味御座いましたらお読み下さいませ。

当時はネットの接続スピードがまだ遅い時代だったので表示が重くなるのを避ける為に画像が小さいのはご勘弁(^^ゞ

 

---抜粋ここから---

制作中

思案に思案を重ねて購入した車椅子の各部品をバラし加工し組み立てる。

難しいのです!各部品は車椅子の部品として作られたものではないので当然そのままでは車椅子には成りませんので、削ったりネジ穴開けたりしてまずは加工しなくてはなりません。

 

完成


その後組み立て作業と位置調整をし、またバラして囲う調整して組み立ててを繰り返し、、、
とりあえず完成♪\(^o^)/

でもとりあえずの完成で今後実際にワンちゃんに付けて歩いてもらってからいろいろと改良してより歩き易いものに変えていく予定です。

 

試着


ワンちゃんのハッピーの飼い主さんに車椅子完成を伝えハッピーを連れて来てもらう。
久しぶりにハッピーが自分の足で嬉しそうに走り回りました♪\(^o^)/

実際にハッピーに付けてみると2輪ではちょっと不安定なので急遽もう2輪足して4輪にしてみました、四輪だと抵抗が増えて機動力と軽さがスポイルしてしまいますが安定性は抜群に良くなりグラグラしないのでハッピーの負担もこの方が少なそうです、でも初めて製作した第一策で作ってそのまま取り付けた状態でもとりあえずハッピーが自由に歩き回れるようには作れていて良かったです、飼い主さんにも「この犬の歩く姿が見れるなんて、、、信じられない」と喜んで頂けました。

飼い主さんはハッピーはもう二度と外へ散歩にいける事は無いと思って首輪とリードを全て捨ててしまったそうです (悲)、でもこの車椅子を見て直ぐに首輪とリードを買いに行ってくるそうです、飼い主さんの「この子と散歩する、、、為に」という言葉が嬉しそうでした、、、ウルウル(涙)

とりあえず走り回るハッピーの姿を見てるのが飼い主さんが嬉しそうなので、そのまま外へ出て家までハッピーが車椅子付けた状態で帰ってもらう事にしました、帰り道を2人で並んで歩いている姿がとっても嬉しそうです、あの嬉しそうな後姿を見て車椅子を作って良かったと思いました。

今目の前でハッピーが車椅子に乗って動き回る姿を確認し修正すべき個所が解りましたので、後でもう一度車椅子を持ってきてもらい直すことにしました。

 

改良


先ほどハッピーに取り付けて身体の大きさと重心のバランスを確認したので、もう一度調整。
不自由な下半身を乗せる台の前の両サイドの部分を前足がぶつからないように削り、車輪の位置と、身体を固定するマジックテープの位置を移動させて調整してみました。

車椅子部分と、身体を守る黄色いクッションの両方を足した全体の重量は1,1kgです、持ち上げて使うものではなく地面に置いて車輪で移動する物体としては頑丈さも含めて結構軽く作れてハッピーの負担は少なく出来たと思います。

本日最後の調整後に、ハッピーの家に行き、もう一度付けて確認してみました、うぅ~ん、どちらかと言えば下半身を乗せる台がもう少し前上がりで、後ろ下がりの方が、体重が前足にかかり過ぎずにハッピーにとっては楽そうなので次回は身体を乗せる台の前方に5~10cm程度の何かクッションでも付けて上げたいので、明日にでも店が暇な時に探してこようと思います。

とりあえず特別な不都合なく使えるように車椅子を仕上げられてほっとしました、それにしても思った以上に疲れる作業でした、何が疲れたかって、作る作業そのものは勿論ですが、そのパーツを買うまでに必要な選別が大変でした、何しろどんな物が役立つか分かりませんから数軒のホームセンターを端から端まで全ての商品を見て回り使えそうなものをピックアップして、いろいろなパーツの目星をつけて、その物同士が組み合わせられるのか、組み合わせた時にそのサイズが的確なのかを確かめる作業が一番大変でした(^_^;;

---抜粋ここまで---

このワンちゃんのハッピーは、、、

とっても私を好いてくれて、ハッピーのお宅へ遊びに行くと、ハッピーは動かない下半身を引きずって前足だけで一生懸命に司の方へ這いずって来てくれます。

それは私にとって凄く嬉しい事なんですけど、でも回を重ねると動かない後ろ足の膝とかつま先が引きずる為に出血したりしてしまうのです、でもハッピーはそんな事はお構いなしで嬉しくて私の足元まで下半身を引きずってでも私の近くに来たくて触って欲しくて撫でて欲しくて身体を頭を擦り付けたいのです。

そんな血まみれに成っても私に好意を寄せてくれるハッピーに、ありがとうの気持ちで車椅子を創りました。

ちなみに司は、、、

ハッピー以外でも、近所で触れる事が出来るワンちゃんの全犬と司は仲良しでした(爆)

それは今でも同じで近所の全犬と仲良しです♪(^o^)v