★お母様のご紹介で娘様が縮髪矯正に初ご来店

今日は、10年ほど前に縮毛矯正にご来店頂いていたお母様のご紹介で娘様が縮髪矯正に初ご来店頂。

初回の縮毛矯正はとても難しいので緊張しますし。

また最初の一度目でご期待を裏切るとセカンドチャンスは失い再来店も頂けなく成りますので良い結果を残したいのですが。

でも、初回の縮髪矯正は当然ながら前回のそのお客様の施術結果のデーターという経験値が有りませんので、施術のレシピがジャストな構成に組み上げ難いので。

初回の縮毛矯正のレシピは技術者の過去に積み重ねて来た経験によるカンで組み上げます。

でも、何十人何百人のお客様を、何百回何千回縮髪矯正して来たとしても、目の前の初めて触れる髪とは別物です。

過去には頼れず、今現在のデータも無い。

そして結果のご判断はお客様に任せるしか有りません。

今現在に可能な最善を尽くし100%で施術しようと、例え120%の神業であろうが、そんな事には何の意味も有りませんし、言い訳には成りません。

お客様の評価は、再来を頂けるかどうかの一点だけで告げられるのです。

願わくば今日の結果がお客様にとって少しでも良く感じて頂き、出来る事なら二度目の再来を頂け、その後の三度目以降も縮髪矯正を楽しんで頂ければ技術者として幸に思います。

ですので今日の結果は2~3カ月後に教えて頂く事に成ります。

縮毛矯正の再来を頂けるよう丁寧を持って最善を尽くしたいと思います。

★追記

ドライ仕上り

この写真は、、、

縮毛矯正後に手とドライヤーでただざっと乾かしただけで、全くブローセットしていなす状態で。本当に隠し事の無い今日の縮髪矯正の結果です。

過去に他店での縮毛矯正と、かなり薄くまだらにシャギーカットされ、ご自身での数度のホームカラーをしてある髪に初めて触れて縮毛矯正の術後に手だけで乾かした状態にしては良き結果だと思います。

美容師なら今日の結果を少しでも良く見せたい所存なのでは有りますが、、、

髪のプロが素手以外でクシを持ってブローセットしたら別物のように整えて仕上げてしまいます。

それでは今日の縮髪矯正の本当の結果の確認は出来なく成ってしまいます。

お客様は仕上げの小手先でのブローセットで整えにご来店されたのではなく縮毛矯正に来られたのです。

ならば美容師としての保身は捨て、今日の縮髪矯正の結果を包み隠さず露わにしてお客様に確認して頂き、自分の目でも具に確認する事が今後のさらなる良い結果には最も正しい道だと思います。

ただ、、、

僅かでも繕わなず正直に結果を見せるのは物凄く怖い事です。

でも、仕上りを誤魔化すのが上手だとその時は良い評価を搾取できたとしても、お客様が家に戻られて一度でもご自身でシャンプーされたら本当の仕上がりが露呈してしまいます。

そうなったらお客様はその美容師の事を「仕上りを誤魔化すのが上手な嘘つき」で「縮毛矯正が下手」な美容師と思われるとおもいます。

私は「仕上がりを誤魔化さない正直者」で「縮毛矯正が少しでも上手に成りたい」と思います。

だから、怖くても縮髪矯正の術後の仕上げはあえて雑にします。

お客様が家に戻られてご自身でのシャンプー後のブローセットよりも雑に仕上げておけば、その時に成ってからお客様を失望させずに済みます。

それが司美容院へ縮毛矯正にご来店頂いたお客様への司からのお礼の気持ちの表し方とさせて頂いております。

なお本日の結果としては、、、

娘様ご本人は仕上がった髪をずっと触りどうし触って「凄いサラサラでしっとりしてる♪」と満面の笑顔で。

ご紹介頂けたお母様も仕上がった娘様の髪に触れて「髪が乾いているのに濡れてるみたいな手触り」とご満足頂け、またご紹介した責任が果たせて良かったとご安心を頂けました。

また、お帰りの際には二か月後の縮毛矯正のご来店の再来のお約束を頂けました。

本当に良き結果で責任を果たせて良かったと思いました♪p(^o^)q