★コーヒーの自家焙煎-010

Bijoux Coffee

スペシャルティコーヒー豆の通販「Bijoux Coffee」さんにお邪魔して来ました。

※「Bijoux Coffee」さんHP> https://shop.bijoux-cafebijoux.com/

※「Bijoux Coffee」さん紹介ページ> http://2kasa.jp/blog/?page_id=34085

「Bijoux Coffee」のマスターに自家焙煎を始めた事のご報告をさせて頂き。

マスターからコーヒーの生豆と焙煎のアドバイスを頂けました。

焙煎って大きく分けて5つの工程が有り。

1)プレ焙煎

2)本焙煎

3)1ハゼ後

4)2ハゼ後

5)クーリング

その一番最初の工程の「プレ焙煎」の意味と熱の淹れ方を自分なりに考えて焙煎へプロファイリングした工程をお伝えしたところ「まずまず正解」とのお言葉を頂けました。

何分にも生まれて初めてのコーヒー豆の焙煎ですから、完全な考え違いの間違った発想と工程だったらどうしようかと心配していたのですが、物理学と焙煎術からの考えから言えばおおよそ間違っていなくてほぼ正しい推測が出来ていたようです。

 

コスタリカ


「Bijoux Coffee」さんの「コスタリカ」のCity/シティーローストを購入させて頂きました。

司の考えていた「プレ焙煎」の意味と熱の淹れ方のプロファイルの確認と評価と、プロの焙煎師さんのご経験から研鑽した貴重なアドバイスを頂けたせめてものお礼として、、、

と言うのは言い訳で(^^ゞ

正直に言えば、、、

コーヒーの焙煎の大先輩が焙煎された豆への火の入れ方を学ぼうと教科書代りに手にしてしげしげと検分したかったというのが本音です(^^ゞ

それにしても「Bijoux Coffee」のマスターはお心が広いというか優しいというか。

焙煎について相談すると、一瞬の躊躇なくすらっと説明して下さいます。

本来なら自身で何年も苦労と研鑽を重ねてやっと会得したある意味では企業秘密の部分でしょうに、そんな事は全く感じさせずに親切丁寧に説明とアドバイスして頂けます。

その裏には、、、

言葉で聞いたら簡単に出来ますよというほど簡単な物ではないという何年もの研鑽と経験と努力に裏付けされ、ずっしりと重い実績に裏付けされた不動の自信を感じました。

技と経験と実績の無い技術者程自分のしている事をさも難しく大げさに言います。

そうすれば自分が凄く価値のある人間だと思ってもらえるからだと思うのですが、、、

誰かを価値のある人間と思うのは、その人が自分の事が価値ある人間だと上手に言葉で飾るのが巧みだからでは有りません。

技術者として価値あるかどうかはその人の技と経験と実績を見て感じて思う物なのです。

技術は上手に見せようとして居る内は二流以下だと思います。

本気で上手に成りたい人は、上手に見えるフリに傾ける余裕は有りません。

人から上手に見られたいのではなく。

自分が少しでも上手に成りたいのです。

あっ、、、

今司は良い事を言いましたよねっ?(褒められると伸びる子です)

★追記、、、

「Bijoux Coffee」のお店を後にする時に。

司がマスターに「始めて自家焙煎をして体験して感じましたが、コーヒー豆の焙煎がこんなに大変な仕事とは思いませんでした、マスターって凄いなぁと本当に心から思い尊敬しました」とお伝えしたところ。

マスター曰く「大変じゃないですよ仕事なんだから当然の事ですし、プロなんだから努力するのも当たり前です、ただ、難しいのは事実で、焙煎始めて数年間は夜も寝られない程悩み苦しみました」と笑顔でさらっとおっしゃっていらっしゃいました。

いやぁ~上記の台詞を力まず何でもない事のように笑顔でさらっと言えるってカッコいいですよねっ♪(^o^)v

司も明日から、、、

鏡を見ながら笑顔でサラっと同じセリフを言えるように頑張ろうと思います♪p(^o^)q、、、(何か違う?)