★コーヒーの自家焙煎-024

コーヒーの入れ物

自家焙煎した豆を販売したりサンプルとしてお渡しする時の容器として。

いろんなサイズや形や素材の物を購入して使ってみたのですが。

100gに丁度良いと、200gは入らないし。

いくら百均の商品だとしても、お客様によっては申し訳ないと100円払ってくれたり、または後で洗って持って来て帰してくれたりとご負担を頂く事にも成って。

どうしたら良いかなぁ~と思案していましたら、、、

 


自家焙煎豆をお持ち帰り頂く時に良さげな袋を見つけたので購入してみました。

 

ビニールコーティング


この袋は袋の内部一面に透明なビニールでコーティングされていて。

中が見えるように袋に除き穴が開いていて、その部分には内部のビニールコーティングがカバーしてくれて。

中身は見えるけどカバーされていてこぼれないしコーティングでそこそこの気密性も有る。

というう事で、暫くこの袋をCafé 2kasaの自家焙煎豆のお持ち帰り用の悪路として使う事にします。

無論、プラスチックゆガラス等の気密性の高い素材で蓋もしっかりと閉められるキャニスターの方が良いのでしょうが。

紙袋でも口を折り曲げて閉じて置けば常温で2週間程度は美味しさを保てますし。

冷蔵庫で保存しておけば約一ヵ月は大丈夫だと思います。

また、保存状態を気になさる方でしたら、袋で購入されてもご自宅に戻ればしっかり密閉できるちゃんとしたキャニスターに入れ替えるでしょうし。

そういう意味では自宅に持ち帰るまでとか、お知り合いのお宅へプレゼントで運ぶ間に使われると考えれば、この内部が前面ビニールコーティングされている袋でも十分と採用する事にしました。

これで、容器代としてお題を頂かずに無料でお渡しできますし、後で洗って返却して頂くご負担も無くせます。

そして、袋なのである程度の平面積が有るので、豆種・焙煎度・ストメート名かブレンド内容・店名・住所・電話番号・ブログURL等を明記したシールも張るスペースが有りますし。

容量的にも100gは余裕ですし、200gでも400gでも余裕で収まりますので便利なのです♪(^o^)v